全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2017年09月11日

「雨天決行/雨天順延/雨天中止」を英語で


旅行や遠足、スポーツなどのイベントでは、
雨が降った時の方針が決まっているかと思います。
そんなときに使用する英語を紹介します。

まず「雨天決行」は英語で、

 rain or shine

と表現します。

直訳すると「雨でも晴れでも」ということです。
「come」と共に使うこともあります。

 come rain or shine
 come rain or come shine


次に「雨天順延」ですが、

 rainy weather postponed

という英語表現があります。

「postpone」は「延期する」という意味です。
実際に順延になった場合は、

 postponed due to rain

と表現することもあります。

また、

 rain out

という英語表現もありますが、
こちらは順延や中止のどちらでも使えます。
正確にいうと順延や中止は意識せず、
そのときのイベントがストップしてしまった場合に使うようです。
英語の例文です。

 The game was rained out.
 (その試合は中止になった。)

イギリス英語では、

 rain off

のように「off」を使うそうです。
また、

 wash out

という類似表現もあります。

では中止の場合はどう表現するかというと、
「cancel」を使うようですが、
この辺の英語表現はいろいろあるみたいです。


posted by 英語ハナシタイ at 14:25 | Comment(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月09日

「イライラする」を英語で


「イライラする」は英語で、

 irritate
 annoy


などを使います。

2つとも受け身の形で使います。

 be irritated
 be annoyed


「get」と組み合わせて使う場合もあります。

 get irritated
 get annoyed


「irritate」と「annoy」の違いですが、
英語の掲示板のよると以下の意見がありました。

・annoyは意図的な行為によるイライラ
・irritateの方が強いイライラ
・irritateの方が継続的なイライラ
・annoyは人によるイライラ、irritateはモノによるイライラ(比較的に)


みんな明確な違いはよくわからないみたいです。

「irritate」「annoy」以外には、
「frustrate」なんていう英語もあります。
日本語の「フラストレーション」にもなった単語です。

使い方も似ていて、

 be frustrated
 get frustrated


のように使います。


posted by 英語ハナシタイ at 16:17 | Comment(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月08日

「No ifs or buts」の意味


No ifs or buts」という英語表現をご存知でしょうか?
文法的に理解しがたい表現ですが、
これは「if」と「but」を名詞として扱っています。

この表現の意味は、

 「言い訳無用

となります。

「if(もし)」とか「but(しかし)」はダメということですね。
「no excuse(s)」に似ているでしょうか。

フレッシュジーニアス英和辞典(大修館書店)にも似た用例が載っています。

 I won't have any ifs and buts from you.
 (ああだこうだといった言い訳は聞かないよ)

冒頭に紹介した表現と少しだけ異なり、
「no」を使わず、代わりに文章自体を否定文にしています。
また「ifs and buts」のように「or」ではなく「and」になっています。

この辺はいろいろ表現があるようで、

 No ifs ands or buts

というのもあります。


posted by 英語ハナシタイ at 12:29 | Comment(0) | 英語表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月05日

「出張中」を英語で


職種にもよりますが、仕事で頻繁に出張する人もいるかと思います。
「出張する」というのは英語で、

 go on a business trip
 make a business trip


などと表現します。

次に「出張中」ですが、

 on a business trip

を使います。

英語の例文です。

 He's on a business trip.
 (彼は出張中です。)

電話の応対などでも使えますね。

ちなみに出張ではなく「転勤」の場合は、
「transfer」を使います。

 He was transferred to Osaka.
 (彼は大阪に転勤になりました。)

受け身で使います。

「転勤する」には「relocate」という英語もあるようです。


posted by 英語ハナシタイ at 11:17 | Comment(1) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月03日

「すし詰め状態で」を英語で


日本の電車は混むことで有名ですが、
朝の通勤ラッシュ時はものすごいことになっています。

日本語では「すし詰め状態」とよく言いますが、
英語では、以下のような表現があります。

 be packed like sardines

以下のように使います。

 I was packed like sardines.
 (すし詰め状態でした。)

「sardine」は魚の「イワシ」のことです。
イワシの缶詰のようにギュウギュウに詰まってるから、
このような表現になったみたいです。

また「pack」は「詰める」が原義であり、
「be packed」の形で「詰まった」という意味になります。
「jam-packed」という「ぎゅうぎゅう詰めの」という英語もあります。

なお、

 be packed in like sardines

のように「in」を付与したり、
「packed」を「squashed」という英語にする場合もあるようです。

 be squashed like sardines

「squash」は動詞で「押しつぶす」「ぺちゃんこにする」という意味があります。
スポーツのスカッシュと同じ単語です。


posted by 英語ハナシタイ at 18:42 | Comment(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


  宜しければクリックをお願い致します。
  モチベーション下がったときの励みになります。
 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 記事一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他