全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2017年10月01日

「計画を見直す」を英語で


今回は「計画を見直す」です。
数年前のNHK「ニュースで英会話」で紹介されていましたが、
以下のように表現します。

 review the plan
 (プランを見直す)

計画を「見直す」場合は「review」を使います。
番組で紹介されていた英語の例文です。

 We will review the plan from scratch.
 (我々は計画をゼロから見直します。)

なお日本語の「見直す」には修正するところまで
含んでいることもありますが、
英語では修正までは含まれないそうです。

「修正」する場合は、

 revise

を使います。

見直して(review)、修正(revise)です。


posted by 英語ハナシタイ at 20:54 | Comment(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月26日

「主催する」を英語で


英語で「主催する」は、

 host

を使います。

「host」は名詞で「主催者」という意味があります。
日本語でもホストファミリーと言いますね。

英語の例文です。

 Tokyo hosts the Olympic Games in 2020.
 (東京は2020年にオリンピックを主催します。)

名詞として使う場合は以下のようになります。

 Tokyo is the host country for the Olympic Games in 2020.
 (同上)

ちなみに「host」の原義は「客」です。
また「客をもてなす所」を原義とするのが「hospital」です。
「hospital」は病院という意味ですが、
名詞にすると「hospitality(親切なもてなし)」となります。

「host」は同じスペルで「多数」「軍勢」というのがあります。
こちらの「host」の原義は「敵」です。
「客」と全く正反対ですね。

そのため「hostage(人質)」や「hostile(敵の)」などの英語があります。

単語の先頭に「host」が付くからといって、
友好的な言葉とは限らにので注意が必要です。


posted by 英語ハナシタイ at 12:49 | Comment(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月23日

「克服する」を英語で


英語で「克服する」は、

 overcome

を使います。

コウビルド英英辞典から引用すると、、

 Molly had fought and overcome her fear of flying.
 (モリーは飛行機の怖さと闘って克服した。)

のように使います。

似たような英語表現に、

 get over

がありますが、

ネット掲示板によると「overcome」の方が、
より深刻な問題に対して使うとの意見がありました。

また悲しみや侮辱などに耐える場合は
「get over」を使うとの意見もありました。

なお「overcome」ですが受動態で使うと、
「打ちのめされる」という意味になります。

 be overcome by 〜
 (〜に打ちのめされる)
 
全く反対の意味になりますね。

先ほどの英語の例文を書き換えてみましょう。

 Molly was overcome by her fear of flying.
 (モリーは飛行機の怖さに打ちのめされた。)


posted by 英語ハナシタイ at 12:10 | Comment(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月22日

「寿命」を英語で


英語で「寿命」は

 life
 life span


などを使います。

「長寿」という意味の英語に

 longevity

というものがありますが、
これ自体に「寿命」という意味もあるようです。

また日本語では、
物が古くなって使えなくなったときにも
「寿命」という言葉を使います。

これは英語で以下のような表現があります。

 be on its last legs

これで「壊れかけて」「古くて使えなくなって」という意味があります。
「もう寿命だな」というような時に使います。

その他、完全に使えなくなった場合は、
物に応じた表現を使うのもいいと思います。
例えば電池の場合は、

 The batteries are dead.
 (電池が切れた。)

古くて壊れてしまった場合は「broken」を
使うのもよいかと思います。


posted by 英語ハナシタイ at 12:44 | Comment(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月20日

「アンテナを張っておく」を英語で


今回の表現「アンテナを張っておく」は、
本当のアンテナではなく、注意深く見守るという意味の方です。

英語では、以下の表現があります。

 be on the lookout

英語の例文です。

 I'll be on the lookout.
 (アンテナを張っておきます)

「for」をつけることもあります。

 be on the lookout for 〜
 (〜にアンテナを張っておく)

ほぼ同様の英語表現に以下もあります。
これらも「for」と組み合わせることができます。

 keep a lookout
 on the watch


その他、以下も使えるかもしれませんね。

 keep an eye on 〜
 (〜から注意の目をそらさない)


posted by 英語ハナシタイ at 10:47 | Comment(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


  宜しければクリックをお願い致します。
  モチベーション下がったときの励みになります。
 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 記事一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他