全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2018年05月06日

「造語」を英語で


英語で「造語」は以下のような表現を使います。

 coined word

「coined」は「造られた」という意味があります。
「coin」の派生語です。

また、

 coinage

と表現することもあります。
こちらも「coin」から派生した言葉です。

この「coin」という単語ですが、
まず思い浮かべるのが「硬貨」だと思います。

「coin」の原義は「鋳型」です。
動詞では「〜鋳造する」という意味もあり、
さらには「〜を造り出す」という意味もあります。

「硬貨」も「造語」も一見全く別の言葉のように見えますが、
両方とも「鋳型」から派生した言葉だったわけです。


posted by 英語ハナシタイ at 11:10 | Comment(0) | 英語表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月04日

「シャッターチャンス」を英語で


GWはどのようにお過ごしでしょうか?
旅行された方は写真をいっぱい撮られたかと思いますが、
今回は「シャッターチャンス」を英語で言ってみましょう。

実は「シャッターチャンス」という言葉は和製英語です。

英語では下記のように表現します。

 photo opportunity
 photograph opportunity


「opportunity」は「機会」「好機」などの意味があります。
「photo」は「写真」ですので、2つの単語で
「写真の好機」という表現になります。

略して「photo opp」という場合もあります。

「シャッターチャンスを逃す」は「miss」を使って、

 miss a photo opportunity

などとします。

また「photo opportunity」を使わず、

 miss the best shot

などの表現もあるようです。

最後に余談ですが「シャッター」の英語のスペルは「shutter」ですが、
発音は「シャダー」のようになりますので注意してください。


posted by 英語ハナシタイ at 10:13 | Comment(0) | 英語表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月15日

「わかりません」「何とも言えない」を英語で


今回は表題の日本語を1つの英語表現を使って訳してみます。

両者とも下記で表現できます。

 Who knows?

直訳すると、

 「誰かしってる?」

ですが、

これで

 「誰が知ってる?(知らないだろ)」
 「何とも言えないね」

という意味になります。

英語の例文です。

 Who knows what will happen next.
 (次に何が起こるかわかりませんね。)

 But who knows?
 (でも、どうなるかわかりません。)

もちろん本当に質問したい場合にも使えます。
英語の例文です。

 Who knows what today is?
 (今日は何の日か誰か知ってる?)


posted by 英語ハナシタイ at 09:15 | Comment(1) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月08日

「抱負」を英語で


もう今年も4月になってしまいましたが、
今年の「抱負」は達成できそうでしょうか。

英語で「抱負」は、

 resolution

と言います。

例えば「新年の抱負」は以下のように表現します。

 New Year's resolution

英語の例文です。

 Do you have a New Year's resolution?
 (新年の抱負はありますか?)

「resolution」は「resolve」の名詞形です。
「解像度」の「resolution」と同じです。

「resolve」と言えば「解決する」「分解する」という意味で知られていますが、
「決心する」という意味もあります。

また発音にちょっと注意です。
カタカナで書いてしまうと、
「resolve」は「リゾルブ」ですが、
「resolution」は「レゾリューション」となります。


posted by 英語ハナシタイ at 17:21 | Comment(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月07日

「潜る」を英語で


海やプールで「潜る」というのを英語では何と言うのでしょうか?
意外に言えない方もいるのではないでしょうか?

英語で「潜る」は、

 dive

を使います。

英語の例文です。

 I dived into the sea.
 (私は海に潜った。)

スクーバダイビングなどしたときは、

 go diving

でもいいみたいです。
ちなみに素潜りは「free diving」「skin diving」と言います。

「潜る」は他にも

 submerge

という英語もあります。

こちらは潜水艦などの長時間潜るイメージがあるようで、
基本的には「dive」の方を使うのがよいみたいです。

あとは面白い表現として、

 duck

があります。「鴨」という意味ですが、
「さっと潜る」「潜ってすぐ浮かぶ」という意味もあります。
ボクシングの「ダッキング」もここから来ています。

最後に見慣れない単語ですが、

 dap

という英語を紹介します。
これは「鳥がさっと水中に潜る」という意味です。
さきほどの「duck」と似ていますね。


posted by 英語ハナシタイ at 21:13 | Comment(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


  宜しければクリックをお願い致します。
  モチベーション下がったときの励みになります。
 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 記事一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他