全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2011年06月30日

海外ドラマで英語学習 - フレンズ(2)


フレンズで英語のお勉強第2回です。
英語もなかなか難しいですが、比喩的なジョークを理解するのが結構難しいです。

ではピックアップです。

■ She has issues.
  (ケンカ中だもの。)

「issue」にはたくさんの意味がありますが、
ここでは「問題」とか「論争点」という意味で使っています。

ちなみに「at issue」で「問題になっている」です。


■ The big one had a thing for you.
  (あの娘はロスにホレてた。)

これは面白い英語表現です。
「thing」を使うことによって、「ホレてる」となっています。
辞書で調べても該当するような使い方がのってませんでしたが、
「なんかもってる」というニュアンスなんでしょうか。

このセリフに続いて、同様の使い方で以下の英語がでてきます。

 They all had a thing for him!
 (ロスはモテモテよ。)

あと「the big one」は「太ってる娘」という意味なんでしょうか?

■ What's going on with you?
  (最近どう?)

よく聞く表現ですが、日本人にはなかなか出てこない英語です。
積極的に使って覚えましょう。

この後のセリフで、

 Any stories?
 (何かニュースは?)

という表現もでてきます。


■ Why are yo so tan?
  (日焼けした?)

「tan」は「日焼けした」という形容詞です。
名詞だと「日焼けの色」、動詞だと「日焼けする」という意味です。
「タンニン」の意味もあります。


■ My way?
  (僕の魂胆だって?)

「one's way」で「〜の思い通りにすること」になります。
日本語訳では「魂胆」としています。

訳されていませんが、別のセリフで次のようなのがありました。

 He gets his way.

「彼の思い通りよ」のような意味になると思います。

posted by 英語ハナシタイ at 20:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月24日

海外ドラマで英語学習 - フレンズ(1)


今日からフレンズで英語を勉強していきます。
最近は古い海外ドラマのDVDが安く売ってるので、つい買ってしまいました。
ネットでもフレンズで英語勉強されてる方が多いようですので、私も便乗です。



では第1回からのピックアップです。
まだキャラクターの名前が覚えられません。。

■ I was looking at this gravy boat.
  (お祝い品のお皿をうっとり眺めてたの。)

「gravy boat」ですが、これは舟形のソース入れのことです。
魔法のランプみたいな形をしたカレーを入れる容器を思い出して頂ければと思います。
めったに見ない英語だったので載せてみました。

■ He finally asked you out?
  (誘われたの?)

「ask 〜 out」で「〜をデートに誘う」という意味です。
おそらく「尋ねて外へでる」というところから派生したのでしょう。
会話ではよく使われる英語表現です。

ちなみに自動詞「ask out」は「退職する」「辞める」という意味になります。


■ What are you up to tonight?
  (今夜の予定は?)

「be up to 〜」で「〜をしようとして」という意味です。
以下のように「〜をたくらんでいる」という意味もあります。

 What is she up to?
 (彼女は何をたくらんでいるのでしょうか?)

■ It was a line.
  (よくある手だ。)

「line」は「線」という意味ですが、
なぜか「ほら」という意味もあります。
ドラマ中では、男にだまされたモニカに対して「よくある手だ」とからかっています。
会話中で使われる英語表現のようです。


■ I'm trained for nothing.
  (特技もないのに。)

「train 人 for 〜」で「〜のために人を訓練(教育)する」となります。
ここでは受動態になっているため、「〜のために訓練された」という意味になります。
ただし「nothing」を使っているので、
「何も訓練されていない」つまり「特技がない」という訳になっています。


フレンズ第1回の感想ですが、
簡単に聞き取れる箇所と全く聞き取れない箇所がありました。
やや難易度は高いかなという感じです。

あと日本人にとってジョークがわかりづらいところがあるので、
聞き取れないのはそのせいもあるかもしれません。

まだ第1回なのでわかりませんが、
今のところフルハウスの方が面白くてジョークもわかりやすいかなという感じです。

posted by 英語ハナシタイ at 21:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月20日

海外ドラマで英語学習 - フルハウス(22)最終回


ついに、フルハウスで英語学習も最終回になってしまいました。
最初の投稿が10月ですので、なんと8ヶ月もかかってしまいました。。
でも、あきらめずに最後まで終えたことはよしとします。

では最終話からのピックアップです。
今回は知らない英語がたくさんでてきました。

■ I'm out of school tomorrow.
  (明日サボるんだ。)

DJとキミーが学校をサボろうとしています。
直訳では「明日学校の外にいる」ですが、つまりサボるということです。

■ I bet you got away with all kinds of stuff.
  (学校もよくさぼってたんでしょ。)

これも間接的に「サボる」という表現です。
「get away with 〜」で「〜を罰を受けないでやってのける」という意味です。
「all kinds of stuff」で「あらゆるもの」という意味です。

実は訳されていませんが、このセリフのあとに次の英語が続きます。

 You probably ditched school a lot, huh?

「ditch」は「溝を掘る」という意味ですが、俗語で「サボる」という意味があります。


■ Can you save my place?
  (子供を見てくるね。)

これはかなりの意訳ですが、「場所をとっておいて」という意味です。
「save」に、座席や場所を「確保する」という意味もあるんですね。


■ This is so humiliating.
  (屈辱的だわ。)

「humiliating」は「屈辱的な」という意味です。
動詞形は「humiliate」で「〜に屈辱を与える」という意味です。

■ D.J. cut school to get Stacey Q's autograph.
  (サインが欲しくて学校をさぼったんだ。)

またまた「さぼる」という意味の英語です。
「cut school」で「学校をさぼる」になります。
また「cut a meeting」は「会議をすっぽかす」という意味になります。

「autograph」は、芸能人などの「サイン」を表します。
日本語で言う「サイン」の「sign」「signature」は「署名」という意味に
なってしまうので、注意してください。


さて、フルハウスでの英語学習は一旦これで終わりにします。
シーズン2などもありますが、また機会があればということで。

全体としては、かなり英語が速く、ついていくのが大変でした。
ただ最初の頃は全く聞き取れなかったのですが、
最後の方はやや少し、ついていけるようになった気がしないでもありません。
あまり実感はありませんが。。
もっと短期間でやっておけば、効果があがったかもしれません。

ボキャブラリのストックは、結構増えた気がします。
なにはともあれ、最後まで続いてよかった。
継続は力なり。

次はフレンズに挑戦したいと思います。
結構ネットでも英語の勉強に利用されてる方が多いというのと、
1000円(前半のみ)という安値で売ってたから、という理由です。

目標6ヶ月(笑)

では、また宜しくお願いします。

posted by 英語ハナシタイ at 20:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月13日

海外ドラマで英語学習 - フルハウス(21)


今回も聞き取りやすい英語が多かったです。
ジェシーがエルビスプレスリーのものまねをしていました。


ではピックアップです。

■ Her hobbies are drooling and babbling.
  (趣味はよだれをたらすこと。)

ステフがミシェルをこう紹介していました。
「drooling」は「よだれをたらすこと」、「babbling」は「幼児の片言」という意味です。
幼児用に使われる英語って結構多いですね。

■ For the past five days, you've been sneaking in and out of this house.
  (この5日間何をコソコソしてるんだ。)

「For the past five days」で「過去5日間」になります。
「sneak」は「コソコソ歩く」。
「in and out」で「出たり入ったり」です。
発音は「イナナウト」のように聞こえます。

■ with not one word of explanation
  (何の説明もなく)

文章ではなくフレーズですが、
「with」を使って「何の説明もなく」を表現できます。
このような感じで、意外に「with」を使って、文章を補うことってよくあります。


■ We alternate ham, cheese, ham, cheese.
  (ハムとチーズを交互に重ねれば・・)

「alternate」は「〜を交互に変える」という意味です。
本来「alternate A and B」のように使うので、

 We alternate ham and cheese.

とするのでしょうが、ドラマ中はカンマでつなげています。
ちなみにパソコンのキーボードに「alt」キーがありますが、
これは「alternate key」の略です。


■ Because maybe I'm a little square.
  (僕は頭が堅すぎだ。)

「square」は「(真)四角」という意味ですが、
「堅物」という意味もあります。


次はいよいよ最終話です。
ここまでくるのは長かった。。

posted by 英語ハナシタイ at 19:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月09日

海外ドラマで英語学習 - フルハウス(20)


今回はジェシー家出の後編です。
比較的聞き取りやすい英語が多かったです。


では第20回からのピックアップです。

■ Girls, your father has something to say.
  (そのことで話がある。)

「話がある」を「have something to say」と表現しています。
「書くもの」などは「something to write」と言うように、
抽象的なものに「something」が使えます。


■ His aren't soupy in the middle.
  (中がドロドロ。)

ジョーイがホットケーキを焼いてくれたのですが、中がドロドロでした。
ジェシーが作ったホットケーキはドロドロになることはないと
ステファニーがつぶやいている場面です。

この英文の「His」は所有格ですが、
その後に「pancake(ホットケーキ)」が省略されています。
「soupy」という英語は「ドロドロした」という意味です。
この単語は初めて知りました。
「in the middle」はホットケーキの中という意味です。


■ You're arguing with me.
  (怒ってるのはお前だ。)

「argue」は「議論する」という意味ですが、
「言い争う」という意味もあります。
ここでは「怒ってる」と訳されています。


■ I gotta split.
  (帰らないと。)

「gotta」は「have got to」や「have to do」と同じ意味で、口語で使われる省略形です。
「split」は自動詞で「帰る」「別れる」という意味があります。
ボーリングのスプリットや、野球のスプリットフィンガーファストボールで、
使われたりしますので、単語としては知っている方が多いと思います。


■ You're up.
  (起きてた?)

「up」は単体で「起きて」という意味があります。
「get up」で「起きる」ですが、「up」自体にこういう意味があったのですね。
使い方としては「get wet」と同じなのかもしれません。

 get up(起きる) be up(起きている)
 get wet(濡れる) be wet(濡れている)



さて、あとラスト2話です。
どんな終わり方をするのかワクワクです。

posted by 英語ハナシタイ at 20:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月31日

海外ドラマで英語学習 - フルハウス(19)


とうとうフルハウス19話まできました。
何とシリーズ初の2話構成です。まずは前編。
ジェシーが家出をしてしまいます。


ではピックアップです。

■ What are we yakking about?
  (のんびりしてられないわ)

ステファニーが早くディズニーランドへ行きたいと、言ったセリフです。
「yak」は「だべる」という意味です。
この単語は初めてみました。

■ Let's skedaddle.
  (そうよ、早く)

これも、お初の英語「skedaddle」。
「ずらかる」という意味です。

■ I'll tell you what.
  (いいこと考えたぞ。)

直訳すると「あなたに何かを話します。」ですが、
これで「あのね」とか「いい話がある」という意味になります。
決まり文句ですね。

■ I used to be this freewheeling.
  (俺はずっと勝手気ままにやってきた。)

「freewheeling」という英語は「勝手な」という意味です。
ここで使われている「this」は、「こんなに」という副詞で使っているのでしょうか。

■ But the closer I study to my test, the less I forget.
 (テスト直前の方がいいの)

直訳は「でも直前にテストすればするほど、忘れないから。」という感じです。
この「The 比較級 〜, the 比較級 〜」構文は有名ですが、おさらいするために選びました。
意味は「〜すればするほど〜になる(する)」です。
英語の例文です。ジーニアス英和辞典から抜き出してきました。

 The longer we waited, the more impatient we became.
 (待たされれば待たされるほど、いらいらしてきた。)

posted by 英語ハナシタイ at 20:35 | Comment(1) | TrackBack(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月17日

海外ドラマで英語学習 - フルハウス(18)


久しぶりのフルハウスで英語のお勉強。
いったいいつ終わるのやら。
今回はDJのいとこスティーブがやってきました。

18話からのピックアップです。

■ We mess around.
  (私たちは気ままに過ごします。)

ドラマ中では訳されていませんでしたが、
「mess around」で「ぶらぶらする」とか「気ままに時間を過ごす」という意味です。
似たような英語に「laze around」がありますが、これもよく使われます。

■ Looks aren't everything.
  (見た目はちょっと。。。)

「〜be not everything.」で「〜が全てではない」と言う意味です。
よって、この英文で「見た目が全てではない」と言っています。

■ All right! B-ball!
  (バスケだ!)

皆でバスケットボールをしようとしているところです。
英語でバスケットボールを「B-ball」と言うらしいです。
面白い表現だったので載せました。

■ How long is Steve gonna be staying at your house?
  (どのくらいいるの?)

直訳すると「スティーブはあなたの家にどのくらいいるの?」です。
特に難しい英語ではありませんが、定型文として覚えておけば便利かなと思いました。

 How long is A gonna be 〜ing.
 (Aはどれくらい〜するのですか?)

■ Food! Food! Food! Food!
  (めし!めし!めし!めし!)?

これも訳されてはいませんでしたが、
英語でも日本人みたいに「めしめし」を「Food!Food!」と言うんですね。
ちょっとウケマシタ。

■ You're out of your gourd.
  (ありえねぇ)

これは意訳ですが、「gourd」は「ひょうたん」という意味で、
「out of one's gourd」で「気が狂って」という意味になります。
従って、この英語は「お前は気が狂ってる」という意味になります。

posted by 英語ハナシタイ at 20:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月23日

海外ドラマで英語学習 - フルハウス(17)


17話のタイトルは「パパのロマンス」ですが、英語だと「Danny's Very First Date」です。
日本語タイトルと英語タイトルを比べてみるのも結構面白かったりします。

では今回からのピックアップです。

■ Who knows what today is?
  (今日は何の日?)

「Who knows?」で誰かに質問するときの英語表現です。
返事は誰がしてくれてもいいというニュアンスがあります。

■ You're smitten.
  (ほれてんだろ?)

「smitten」は「smite」の受動態です。
「smite」は「強打する」という意味ですが、受動態ですと「ほれる」という意味になります。
心を打たれたみたいな感じになるんでしょうね。

■ It's been enough time.
  (十分な時間だ。もういい時期だ。)

「enough time」で「十分な時間」になります。
別の英語表現もありました。

 There's just not enough time for a nose job now.
 (整形してるヒマないだろ。)

ちなみに「job」は「整形手術」という意味があります。

■ I never thought of that.
  (そうか、忘れてたよ。)

「考えもしなかった。」という意味です。
日常会話で使えそうなので、載せておきました。


その他、初めて知った英語です。
underprivileged children(恵まれない子供たち)
cowlick(逆毛)
dishrag(ふきん)


posted by 英語ハナシタイ at 08:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月03日

海外ドラマで英語学習 - フルハウス(16)


最近体調不良が続いて英語の勉強が進んでいません。
でもやっと回復してきました。
久しぶりにフルハウスで勉強です。

今日は16話です。


■ Break a leg.
  (健闘を祈る。)

「break a leg」で「がんばれ」という意味です。
言葉の由来は不明です。

■ He is wacky. He is zany.
  (彼はへんちくりんで、ばかげてる。)

ジョーイがコメディのライブで司会者にこう紹介されていました。
「wacky」が「へんちくりん、風変わりな」という意味で、
「zany」が「ばかげた、おどけた」という意味です。
この2つの英語は初めて知りました。
なお「zany」は「ゼイニー」と発音します。

■ That's where you belong.
  (天職だよ)

直訳すると「それがあなたの所属するところです。」です。
そこから転じて「天職だよ」となったと思われます。
面白い英語表現でしたので、紹介しました。


■ I'm not up.
  (起きてません)

「起きる」という英語は「get up」を使ってしまいがちですが、
「up」だけでも使えるようです。
たぶん、「be tired」と「get tired」と同じ関係なのではないでしょうか?
なんとなく「get」を使うと動作を、「be 〜」を使うと状態を表してる気がします。

posted by 英語ハナシタイ at 09:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月28日

海外ドラマで英語学習 - フルハウス(15)


2月は英語熱が高かったので投稿多かったですが、
3月はどうでしょう。

15話からのピックアップです。


■ Aren't I too young to get pimples?.
  (私にニキビができる年ごろ?)

「pimple」は「吹き出物」「ニキビ」という意味です。
この文で気になったのが、先頭の「Aren't」です。
主語がIなのに、なぜareの否定形なのか。
調べてみたところ、付加疑問の場合は「aren't」となるようです。
もしくは「Am I not 〜」になります。

■ Everybody gets chickenpox.
  (誰でもかかる病気だ。)

「chickenpox」は「水ぼうそう」という意味です。
「誰でもかかる」を「Everybody gets 〜」という表現を
使ってるのが、英語らしいなと思いました。

■ I'm positive.
  (平気だ)

「平気だ」という訳になってますが、
「I'm positive」で「自信があるよ」という意味になります。
「〜に自信がある」場合は、「I'm positive that 〜」の構文を使います。

■ I can't take it anymore.
  (もうダメ)

「もう耐えられない」というよく使われる英語表現です。
「take」の代りに「stand」や「bear」も使用可能です。


その他、今回は病気に関連する英語表現がたくさんでてきました。

 I'm immune to chickenpox.
 (水ぼうそうに免疫がある)

 I'm itching.
 (かゆい)

 Must be sicker than I thought.
 (重症だな)

 I'm nauseous.
 (吐きそう)

posted by 英語ハナシタイ at 21:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


  宜しければクリックをお願い致します。
  モチベーション下がったときの励みになります。
 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 記事一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他