全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2011年11月07日

海外ドラマで英語学習 - フレンズ(13)


かなり前から気づいてましたけど、
実際に話してる英語と字幕の英語は必ずしも同じではないですね。
たまに混乱するときがあります。

では13回からのピックアップです。

■ Back up there, sparkey.
  (聞き捨てならんぞ。)

「back up」は「後退する」「戻る」という意味ですが、
直訳すると「そこまで戻れ。」になります。

つまり「話を戻そう」ということです。
意訳で「聞き捨てならんぞ」になってます。

別の場面でも似たようなセリフがありました。
モニカの発言です。

 Go back to that "sibling" thing.
 (その話、詳しく)

直訳すると「”妹”のこと(話)まで戻して。」です。

■ I don't know you from Adam.
  (初対面だが、境遇は分かる。)

この日本語訳はとりあえず無視してください。
「not know a person from Adam」で「全く面識がない・知らない」と言う意味です。
ほぼ、そのまま使ってます。

この英語表現の起源はわかりませんが、
「アダムの時代から知らない」->「完全に知らない」ということでしょうか。

■ It's vinyl...
  (長イスはビニールなの)

「vinyl」は見慣れない英語だと思ったら「ビニール」のことでした。
発音は「ヴァイナル」ですので、ご注意を。

■ For God's sake, Joey!
  (余計なことを。)

これは定型の英語フレーズとして、このまま覚えてしまいましょう。
「お願いだから」「冗談じゃないよ」という意味です。
直接「God」を使わず、「goodness」や「Pete」を使うこともあるようです。

■ They have a liking problem with you...
  (でも仲間たちが、あなたに関する問題を、、、)

「liking」は最初「linking」と見間違えたのですが、
どうやら「like」の派生語のようです。
「liking」は「好み」「嗜好」という意味です。

ここでは直接嫌いと言わずに、婉曲的に嫌っていることを伝えています。

posted by 英語ハナシタイ at 23:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月30日

海外ドラマで英語学習 - フレンズ(12)


フレンズシーズン1もやっと半分まできました。
ここまで約4ヶ月かかりました。
フルハウスのときよりペースが遅いです。。

■ Do you know that right now your baby is only this big?
  (赤ん坊はまだこの大きさだ。)

ロスの元妻が赤ちゃんを身ごもったので、
ジョーイがロスにこう言いました。

「このくらいの大きさ」というのを「this big」で表しています。
「this」は「こんなに」という使い方だと思います。
「big」は形容詞ですので、直訳すると「こんなに大きい」になる感じでしょうか?

■ Everything's A-OK.
  (すべて順調だ。)

「A-OK」は見慣れない英語ですが、
「正しい」「完全な」などの意味があります。

A-OKの由来ですが、いくつか説があるようで、

 All systems OKの略
 AはA1(最高の意味)の略 + OK
 NASAのエンジニアが使い出した

というように確実なソースは見つかりませんでした。

■ Your 4:00 herbal massage has been pushed back to 4:30.
  (ハーブマッサージは4時半から)

マッサージの時間が4時から4時半に変更になったときのセリフです。
「be pushed back to 〜」が面白い英語表現だと思いました。
辞書には載ってませんでしたが、言いいたいことはわかります。

■ Paolo made a pass at me.
  (パウロに迫られた。)

フィービーがパウロに迫られたときのことを話している場面です。
「make a pass at 〜」で「女性に言い寄る」「モーションをかける」という意味です。

直前のセリフで次のような英語もありました。

 He made a move on me.
 (迫られたの)

これは辞書にありませんでしたので、
文字通り「自分のところに移動してきた」という意味なのかもしれません。

■ I'm out of sorts.
  (不機嫌なだけ)

「out of sorts」で「気分が悪い」「機嫌が悪い」などの意味です。
「sort」は「種類」「性質」「品質」などの意味がありますが、
それから外れたということから来ているのでしょうか?

posted by 英語ハナシタイ at 09:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月19日

海外ドラマで英語学習 - フレンズ(11)


今日もフレンズで英語学習。早速第11回です。

■ I'm famished.
  (腹ペコよ。)

見慣れない「famished」という英語が出てきました。
これは「be famished」で「飢えた」「腹ペコの」という意味らしいです。
なぜか「famish」だと辞書に出てきません。

海外ドラマや映画を見ていると、
「こんな単語しらねーよ」みたいなのが一杯でてきます。。


■ You broke the code.
  (掟破りだ。)

「code」は「規範」「法典」などの意味があります。
それを破った(break)ということです。
前回のフレンズでも、

 You'll break the pact.
 (協定破りだ。)

という英語フレーズがありましたが、
「code」の方が堅い言葉だと思います。


■ No, I don't because it's being restrung.
  (ガットの張替え中だ。)

「restrung」は一瞬何の単語がわかりませんが、
「ガットの弦を張る」という意味の「string」に、
接頭辞「re」を付けて受身にしたものです。
「再度(re)ガットを張る(string)」で「張り替える」です。


■ He told her off.
  (ついにお袋さんに意見してる)

チャンドラーが母親に説教してる場面で、
ドア越しに聞いてるジョーイが言ったセリフです。

「tell 〜 off」で「〜に小言を言う」「〜に説教する」という意味です。
「tell off 〜」でも同じです。


■ Couldn't have gone worse.
  (最悪以下かな。)

この英文が良く分からなかったのですが、
直訳すると

 「これ以上悪くなることはありえなかった筈だった。」

のような感じなのでしょうか。
たぶんですが、次の英語表現、

 Never better.
 (最高だ。)

が「これ以上良い状態はありえない」=「最高だ」となりますが、
同様の使い方の悪いバージョンではないかと思われます。

あくまで私の推測ですが。


posted by 英語ハナシタイ at 21:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月12日

海外ドラマで英語学習 - フレンズ(10)


回数が増すにつれ面白さが増しているフレンズです。
でも相変わらず英語が速い。。

では第10回からのピックアップです。

■ We make a pact.
  (約束です。)

日本語訳には出てきませんでしたが、
「pact」という英語を使って「約束する」を表現しています。
「pact」自体は「約束」「契約」「協定」などの意味があります。

 make a pact

で「契約する」「約束する」です。

この「pact」はドラマ中何回か使われていました。

 You'll break the pact.
 (協定破りだ。)

「約束する」という英語は「promise」だけではないんですね。


■ And while Daryl Hannah is beautiful in a conventional way.
  (ダリル・ハンナはいわゆる美人だけど−)

この文のポイントは

 「in a conventional way
 
です。

「conventional」は「型にはまった」「平凡な」という意味の形容詞です。
ここでは「way」と組み合わせて「いわゆる」という訳になってます。

ちなみにダリル・ハンナはアメリカの女優です。


■ He is very methodical.
  (堅いのよ)

「methodical」は、「整然とした」という意味の英語ですが、
人物に使われると「きちょうめんな」という意味になります。

名詞形の「method」は「方法」という意味で知られていますが、
こちらも「きちょうめんさ」という意味があります。


■ There's no room for milk.
  (ミルクが入らないよ)

レイチェルがコーヒーを持ってきてくれたのですが、
カップぎりぎりに入っていて、
ミルクを入れるスペースがないという不平のセリフです。

「room」は「部屋」だけでなく「空間」という意味があります。
そもそも、原義が「空間」だそうです。
「make room for 〜」だと「〜のために場所を空ける」となります。


■ He keeps shutting me out.
  (僕を無視する。)

直訳ですと「彼は私を締め出したままにする」です。
「無視する」というと「ignore」が思いつきますが、
あえて使わずに「shut ... out」を使っています。

「keep」と組み合わせることによって、
その状態が続いていることを表現しています。

posted by 英語ハナシタイ at 21:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月19日

海外ドラマで英語学習 - フレンズ(8)


三連休何もしてません。
旅に出たいですが節約中。
暇すぎなので英語の勉強してます。

では第8回です。

■ It's a matter of hours.
  (もって数時間よ)

モニカとロスのおばあちゃんが危篤になってるシチュエーションで
出てきたセリフです。
「a matter of hours」で「時間の問題」という意味です。

■ This almost never happens.
  (奇跡ですわ。)

その危篤のおばあちゃんが一瞬生き返って、看護師さんが言った言葉です。
直訳すると「これはほとんど絶対起こりません。」ですが、
「奇跡」という訳になってます。

直接の単語「miracle」を使わないで表現してるのが英語っぽいですね。
「almost」と「never」が一緒に使われてるのも面白いです。
「絶対〜ない」のに「ほとんど」ですから。

■ I think Brian's a little out of your league.
  (あなたには高望みよ)

これはフレンズ第6回でも出てきた英語表現です。
「out of one's league」で「自分の実力の及ぶところではない」という意味です。
「高望み」と訳されています。
他の場面でも何回か出てきました。

■ It was a really beautiful service.
  (いいお葬式だったわ。)

おばあちゃんのお葬式が終わったところです。
「お葬式」は英語で「funeral」ですが、
ここでは「service」という単語を使っています。

「service」には宗教上の「儀式」という意味があり、
例えば、

 marriage service 結婚式
 burial service 葬式


などとなります。
このセリフでは、葬式と言うことが明らかなので、
単に「service」となっています。

■ I'm just checking to see if the muscle's in spasm.
  (筋肉のけいれんを調べるだけよ。)

ロスがダウンしてしまい、フィービーが介抱している場面です。
注目は「spasm」です。
見慣れない英語ですが、「けいれん」「ひきつけ」という意味があります。
また「発作」という意味もあり、「a spasm of coughing」で「せき込み」になります。

posted by 英語ハナシタイ at 09:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月05日

海外ドラマで英語学習 - フレンズ(7)


少しさぼり気味だったフレンズです。
フルハウスと違って大人のドラマって感じですが、
それはそれで面白いですね。

では第7回です。

■ The entire city's blacked out.
  (街中が真っ暗よ。)

英語で「停電」は「blackout」と言います。
ここでは、それを動詞として使っています。
ちなみに、お酒を飲んだときに記憶をなくすのも「blackout」と言います。

また「街中」は「the entire city」という表現を使っています。
「entire」は、よく知っている英語ですが、
使うときにはあまりでてこない単語ではないでしょうか?
こういう単語はいっぱいあると思います。
ドラマなどで使っているのを真似して、ぜひ使ってみましょう。


■ I'm stuck in a ATM vestibule.
  (ATMコーナーに閉じ込められた。)

「閉じ込められた」は「stack」の受動態で表現しています。
「vestibule」は見慣れない英語ですが、「入口の間」とか「玄関」という意味です。
ATMが配置されているスペースなど、これで表現できるのですね。


■ What are we shushing?
  (何?)

日本語で静かにするときに、人差し指を口の上にあてて「シッー!」とやりますが、
英語にも同じような表現があります。
それが「shush」です。「シャッシュ」のような発音です。
この文の直訳は「何をシーシーやってんの?」っていう感じです。


■ Looks like I was second to last.
  (今のは最後から2番目ね)

「最後から2番目」は「second to last」としていますが、
これは時刻を英語で言うときの表現に似ています。
例えば「8時50分」は、

 ten to nine

のように「9時までにあと10分」という言い方をしています。
「second to last」も同様に「最後まであと2人」ということなのでしょう。


■ You're choking.
  (ノドに詰まった)

チャンドラーがガムをノドに詰まらせたときに、放った言葉です。

「choking」は「窒息する」「 息が詰まる」という意味の英語「choke」の現在進行形です。
他動詞としては「窒息させて殺す」などの意味があります。

posted by 英語ハナシタイ at 20:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月20日

海外ドラマで英語学習 - フレンズ(6)


もうフレンズ6回目ですが、いまだキャストの名前がすぐにでてきません。
外人の名前は覚えづらいです。

ではピックアップです。

■ Could she be more out of my league?
  (落とせないとでも?)

ジョーイが女性を誘おうとしてるときのセリフです。
「out of one's league」で「自分の実力の及ぶところではない」という意味です。
この英語のセリフは、「could」から始まっていますが、
これは「〜できる」というのではなく、可能性を示したものと思われます。

直訳すると、

 「彼女は私の実力の及ぶところでないことがありうるのか?」

という感じでしょうか。


■ I can be a kook!
  (型破りな面もあるわ。)

「kook」は聞きなれない英語ですが、「変わり者」という意味です。
この文章は「I'm a kook.」とすると常に変わり者になってしまいますので、
「can」を使って、「変わり者になるときもある」というのを表現しています。


■ My eyes! My eyes!
  (目が!目が!)

チャンドラーがジョーイのひどい化粧姿を見て、叫んでる場面です。
そのまま「My eyes!」というのが面白いですね。
ちゃんと複数形にしてるところが英語っぽいです。


■ I finally get my shot, and I blow it.
  (やっと来たチャンスをつぶした。)

「shot」が「チャンス」と訳されていますが、
辞書で探してもそのような意味は見つかりませんでした。
近いのは「企て」「試み」というのがありました。

「blow」は「吹き飛ばす」という意味で有名ですが、
「チャンスを台無しにする」という意味もあります。

この英文は現在形になっていますが、
口語のため、あるいはごく最近の過去の出来事だからだと思います。


■ It doesn't matter.
  (いいわ)

直訳で「重要でありません」->「問題ありません」です。
よく使われる英語表現ですので覚えておくと便利です。
「matter」自体は動詞で「重要である」という意味です。
動詞の場合は否定形で用いられることが多いです。

posted by 英語ハナシタイ at 10:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月07日

海外ドラマで英語学習 - フレンズ(5)


英語と関係ないですが、原因不明の咳が止まりません。

 I can't stop coughing.

咳を止めるいい方法ないでしょうか。。
息苦しい毎日が続いてますが、英語の勉強がんばります。

ではフレンズ第5回からのピックアップです。

■ I'll break up with Tony.
  (私もトニーと別れるの。)

「break up with 〜」または「break with 〜」で
「〜と別れる」という意味になります。
また次にように「〜を終わらせる」という使い方もできます。

 We break them up.
 (彼らを別れさせよう。)

■ Being dumped by you obviously agrees with her.
  (ジョーイに捨てられて大変身ね。)

モニカがジョーイに対して言ったセリフです。
ジョーイに捨てられた元彼女がすごくきれいになってました。

「dump」は名詞で「ゴミ捨て場」とか「落ちること」の意味で、
動詞だと「〜を見捨てる」という意味になります。

「agree with」は「同意する」で有名ですが、
ここでは「一致する」「合う」という意味で使っています。

この英語を直訳すると次のような日本語になります。

 「あなたに捨てられたことは、彼女にとって合っていた」

ここから

 「ジョーイに捨てられて大変身ね。」

という訳に変わってます。

瞬時には理解しずらい英語ですね。

■ Anyway, 7-ish?
  (7時でどう?)

単語の語尾に「ish」がつくと「〜っぽい」「〜ぐらい」「〜的」という
ニュアンスがつきます。日本語でも「ボーイッシュ」とか言いますね。
このセリフでは数字の「7」に「ish」がついてるので、「7時くらい」ということです。

■ If we put our heads together, 〜.
  (2人で協力すれば、〜)

これは面白い表現です。
「2人の頭を合わせれば」のような英語で、「2人で協力すれば」という訳になってます。

■ It's like a gift.
  (才能だわね。)

「gift」は「お土産」「贈り物」という意味で有名ですが、
「才能」という意味もあります。
「gift」の原義は「与える」ですので、
「神によって与えられたもの」から転じたものと思われます。

posted by 英語ハナシタイ at 14:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月25日

海外ドラマで英語学習 - フレンズ(4)


少し間隔があいてしまいましたが、フレンズ第4回です。

■ If I were omnipotent for a day, 〜.
  (もし1日だけ全能になれたら、〜)

あまり見かけない英語ですが、「omnipotent」は「全能の」という意味です。
2つの言葉に分解すると覚えやすいです。
「omni」は「全ての」という意味の接頭辞で、
「potent」は「ポテンシャル」とも言うように「力強い」「有力な」という意味です。


■ Maybe it will take my mind off it.
  (いい気晴らしかもね。)

「take one's mind off 〜」で「〜から気を紛らわす」という意味です。
ここでは「気晴らしになるかもね」という風に使っています。


■ It's the VISA-card people.
  (カード会社から。)

これは、レイチェル宛にクレジットカード会社から電話が来て、
モニカが取りついでいる場面です。
これはなんともない英語表現ですが、「people」を使ってるのが面白いと思いました。
「カード会社の人から」って、そのまま「people」を使うんですね。


■ I don't want to make any trouble.
  (ごねるのは嫌だけど。)

直訳すると「make any trouble」は「トラブルを作る」ですが、
これで「迷惑をかける」という意味の英語になります。
大抵この文章のあとには「but」が続いて、
「迷惑かけたくはないのだけれど、〜」と続きます。


■ No roughhousing in my ER!
  (私の病棟で騒ぐな!)

「roughhousing」は「大騒ぎする」という意味の英語「roughhouse」の動名詞です。
「ER」は「emergency room」の略で、「救急室」とう意味です。
同名のテレビドラマも有名なので、知ってる方は多いかと思います。

posted by 英語ハナシタイ at 23:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月09日

海外ドラマで英語学習 - フレンズ(3)


暑さに参ってます。
こんなときは家で英語の勉強と言いたいところですが、家も暑い。。

ではフレンズ第3回からピックアップです。

■ Now try taking a puff.
  (じゃ、吸って。)

「take a puff」はタバコなどを「一服する」という意味です。
「puff」は「一服」「一吸い」です。
日本人なら「smoke」を使ってしまいそうです。


■ How is that possible?
  (勝因は?)

モニカが野球の試合結果を聞いている場面です。
これは少し意訳です。
直訳すると「どうしてそんなことが可能なの?」というかんじでしょうか?
これが「どうやって勝ったの?」->「勝因は?」となったのでしょう。


■ Joey's constant knuckle-cracking isn't annoying?
  (ジョーイは指をポキポキ鳴らす。)

「指をポキポキ鳴らす」は「crack one's knuckles」ですが、
ここでは「knuckle-cracking」のように名詞化しています。
「knuckle」は「指の関節」という意味で、
野球でも「ナックル(ボール)」として使われています。

「annoy」は「いらいらさせる」という意味で、
この英語文は否定形の疑問文になってますので、
「いらいらさせてるんじゃないの?」という意味合いで使われています。

■ No one's ever put it like that before.
  (そう言われたの初めてだ。)

「put」は「言う」という意味で使われることがあります。
次は、よく使われる英語表現です。

 How should I put it?
 (なんて言ったらいいんだろう?)

ちなみに「one's」は「one has」の略です。


■ What's up with the universe?
  (この世は変よ。)

「What's up」は「どうしたの?」「最近どうなの?」のように
挨拶のときによく使われる英語表現です。

これに「universe」をつけてますので、
「この世はどうなってるの?」という訳になってます。

「universe」は「宇宙」という意味で有名ですが、
「全世界」という意味もあります。

posted by 英語ハナシタイ at 18:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


  宜しければクリックをお願い致します。
  モチベーション下がったときの励みになります。
 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 記事一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他