全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2012年08月12日

「try to 〜」と「try 〜ing」の違い


「try」という英語ですが、
よく混乱してしまうのが「try to 〜」と「try 〜ing」の違いです。

文法的には「try to 〜」の「〜」の部分には動詞の原形が置かれます(SV to do)。
「try 〜ing」の方は「try + 動名詞」になります(SV doing)。

さて両者の意味ですが、以下のような違いがあります。

 try to 〜
 (〜しようと試みる)

 try 〜ing
 (試しに〜してみる)

これだけだと分かりにくいと思うので、英語の例文で説明します。

 I tried to cook dinner.
 (私は夕食を作ろうとした。)

 I tried cooking dinner.
 (私は試しに夕食を作ってみた。)

最初の例文は「作ろうとした」けど、実際は作ったか作らなかったか(結果)は分かりません。
努力して何かをしようとしたことに重点を置いています。

「try to」の用法でよくあるのが、否定文との組み合わせです。
以下の英文を見てください。

 I tried to cook dinner, but I could not.
 (私は夕食を作ろうとしたが、作れなかった。)

これは夕食を作ろうと努力したが、実際には作れなかったわけです。
もう1つ英語の例文です。

 I tried to call him, but I could not.
 (彼に電話しようとしたが、できなかった。)

この場合、何らかの理由で(電話が故障したとか)、電話ができなかったわけです。
「try to」は、何かしようとして、実際にはできなかった場合によく使われます。

一方、「try 〜ing」の方は、実際に試みた場合に使われます。
先ほどの英文を書き換えてみます。

 I tried cooking dinner.
 (私は夕食を作ってみた。)

 I tried calling him.
 (私は彼に電話してみた。)

この場合、両者とも実際にやってみたわけです。

「〜しようとした」という意味で「trid to 〜」を使うと
失敗してできなかったイメージにとらわれる場合があるので注意しましょう。
実際にやってみた場合は「tried 〜ing」です。

この手の説明はインターネットで検索すれば、たくさん出てきますので、
よく理解できない場合は、調べてみてください。


さて、もう少し深く調べてみたところ、
「try 〜ing」は「try to」の代用ができるという情報を見つけました。
両者の違いも含め、以下のページ(英語)でわかりやすく説明しています。

Try to do and try doing?

このサイトによると、

 I tried to reach the top shelf to get some tea, but I wasn't tall enough.
 (お茶を取ろうと棚に手を伸ばしたが、私はそれほど背が高くなかった。)

これは棚に手を伸ばそうとしたが出来なかったため、「try to」を使っていますが、
「tried reaching」を使うことも許容されるそうです。

私の辞書(ジーニアス)にも似たようなことが書かれていました。

 Beth tried making the mirror stand in another place. She was not successful.
 (ベスは鏡を別のところに立ててみたが、うまくいかなかった。)

”状況によっては try doing が try to do と同じ意味になることがある。”

このように「try 〜ing」が「try to」として使えることもあるようです。
但し、逆に「try to」を「try 〜ing」の代りに使うことはできないそうです。
先ほどのページの例を引用すると、

 She needed to borrow money, so she tried asking Gerry.
 (彼女はお金が借りる必要があったので、ジェリーにお願いしてみた。)

これは「tried to ask」に代えることはできません。

「try to」と「try 〜ing」の使い分けにはいろいろな意見があり、
混乱してしまいますが、使う側としては以下のように区別したらよいかと思います。

 実際にしようとして失敗した場合(要は失敗した場合)、try to(tried to)
 実際にやってみた場合(特に成功した場合)、try 〜ing(tried 〜ing)



長文になってしまいましたが、もう少しお付き合いください。
今まで説明したことは過去形で使用していた場合の話ですが、
現在形、未来形、命令形ではどうなるのか?という疑問が残ります。

例えば未来形ですと、以下の英語の違いは何でしょうか?

 I'll try to cook dinner.
 I'll try cooking dinner.


両方とも夕食を作ろうとしていることはわかりますが、
違いはあるのでしょうか?

次の命令形も一緒です。

 Try to cook dinner.
 Try cooking dinner.


過去形の場合、違いは「試そうとした(過程重視)」か「実際に試みたか(結果重視)」の違いでしたが、
未来形や命令形の場合、まだ実施していないことなので、どのように使い分ければいいかわかりません。

これについては意見が割れていて、
未来形や命令形などは常に「try to」を使うだとか、
どちらも使えるなどの意見がありました。

個人的には未来的な「to」を使う「try to」が正しいのかなと思いましたが、
先ほどの「try 〜ing」は「try to」の代用が可能という話がありましたので、
結局どちらを使ってもいいのかなと思います。

もし、この辺の使い分けをご存知の方がいらっしゃれば教えて頂けると幸いです。

以上、かなりの長文になってしまって、すいませんでした。

posted by 英語ハナシタイ at 23:49 | Comment(1) | TrackBack(0) | 英語表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月18日

「luck」を使って成否を聞く


「luck」を使って成否を聞く

「luck」という英語は「幸運」という意味で、
日本語でも形容詞(lucky)で「ラッキー」などと言います。

この「luck」を使って、
事がうまくいったかどうかを聞く英語表現があります。

以下の英語です。

 Any luck?
 (うまくいった?)

 You have any luck?
 (同上)

この他、英和辞書に、

 No luck?
 (同上)

なんて表現もありました。

おそらく「何かいいことあった?」から
派生して「うまくいった?」という訳になったのだと思います。

何か調べ物をしてる人にたいして、
「Any luck?」で「みつかった?」みたいな使い方もあるようです。

この英語表現を知らないと、何を聞かれてるかわからないので、
覚えておきましょう。

似たような英語表現を(「どうだった?」を英語で)でも
取り上げていますので、興味があれば見てみてください。

posted by 英語ハナシタイ at 23:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月21日

「the hell」「on earth」を使った強調


皆さん金環日食を見られたでしょうか?
金環日食は英語で「annular solar eclipse」というらしいです。
「annular」は「環状の」という意味です。
ちなみに皆既日食は「total solar eclipse」、
部分日食は「partial solar eclipse」だそうです。

さて、本題です。
今回は「hell」と「earth」を使った英文の強調です。

まず「hell」の方ですが、よく疑問詞と一緒に使われます。
英語の例文です。

 Where the hell have you been?
 (いったいどこにいたの!?)

この「hell」を使った文は、海外ドラマを見てると頻繁に聞かれます。
フレンズの最終回でも以下のような英文がありました。

 Then why the hell are you dumping my brother?
 (じゃ、なぜ兄を捨てるの?)

次に「earth」を使った強調です。
これも疑問詞と一緒によく使われます。

 What on earth are you doing?
 (いったい何をしているの!?)

「on」と一緒に「on earth」の形で使われます。

英語の強調に「地獄」と「地球」を使うなんて面白いですね。
なお今回は疑問詞と組み合わせた形を紹介しましたが、
「a hell of a 〜」とか「hell on earth」など、
使い方はいろいろあるようです。

posted by 英語ハナシタイ at 09:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月09日

提案の「Shall I」「Shall we」


昨日、「Why don't you」「Why don't we」などの記事を投稿しましたが、
今回は「Shall I」「Shall we」です。
これらも提案をする際に使われる英語表現です。

では英語の例文です。

 Shall I help you?
 (手伝いましょうか?)

 Shall we go to the restaurant?
 (レストランへ行きませんか?)

「Shall I」は「〜しましょうか?」、
「Shall we」は「〜しませんか?」という意味です。
「Shall we」は「why don't we」「Let's」と同じです。

ただ「Shall」を使う英語表現は、少し堅い(丁寧な)表現らしく、
カジュアルな会話ではあまり使われないようです。

変わりに以下の英語が使われるようです。

「Shall I 〜」 -> 「Do you want me to do 〜」
「Shall we 〜」 -> 「Let's 〜」


ここで前回の「why」を使う提案を含めて表にしてみました。

 
英語表現意味備考
Why don't you〜してはどうですか?
Why don't we〜しませんか?=Let's、Shall we
Shall I〜しましょうか? 
Shall we〜しませんか?=Let's、Why don't we


個人的には、表現が似てるので、使うとき一瞬考えてしまいます。
使用頻度から考えて「Why don't you」だけ覚えておけばいいですかね。

posted by 英語ハナシタイ at 10:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月08日

提案の「Why don't you/we 〜?」、同意の「Why not?」


何か提案・勧誘するときに使われる英語表現に
「Why don't you 〜?」や「Why don't we 〜?」があります。

これはそれぞれ「〜したらどうですか?」、「〜しませんか?」
という意味です。

英語の例文を見てみましょう。

 Why don't you take a rest?
 (休んだらどうですか?)

これは単に

 Why not take a rest?
 (同上)

とすることもできるようです。
次の英文です。

 Why don't we talk about the problem?
 (その問題について話し合いませんか?)

これは「Let's 〜」「Shall we 〜」に置き換えることができます。

「Why」と「not」の組み合わせは、
怒りや苛立ちを表す場合もあります。
英語の例文です。

 Why don't you do your homework?
 (なんで宿題やらないの?)

 Why don't they help her?
 (なぜ彼らは彼女を助けないの?)

次に、単なる「Why not?」という英語表現ですが、
これは使い方が2種類あります。

否定文に対して使われる場合、
「なんで?」「なぜしないの?」という意味になります。

Aさん
 I can't go with you.
 (あなたとは行けません。)

Bさん
 Why not?
 (なんで?/なんで行けないの?)

もう1つ使い方は、同意するときに使います。
英語の例文です。

Aさん
 Shall we dance?
 (踊りませんか?)

Bさん
 Why not?
 (もちろん)

同意の「Why not?」は、
そのまま英文をみると「なぜしないの?」ですが、
これは「なぜしないでおけようか?」という意味になります。

posted by 英語ハナシタイ at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


  宜しければクリックをお願い致します。
  モチベーション下がったときの励みになります。
 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 記事一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他