全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2011年10月18日

聞き取れなかった箇所を英語で聞き返す方法


ネイティブスピーカーは英語を話すのがとても速く、
ときには聞き取れないこともあると思います。

全く聞き取れなかったときや、もう一回言ってもらいたいときは、
次のような英語になりますが、

 Sorry?
 Pardon?
 Could you repeat that?


部分的に聞こえなかった場合、
その場所だけ聞き返す表現方法があります。

例えば、相手が次のように言った場合、

 He bought a car.
 (彼は車を買いました。)

「car」の部分が聞こえなかったとします。
この場合、次のような英語で聞き返します。

 He bought what?
 (彼は何を買ったんですって?)

このように、聞き取れなかった箇所を疑問詞にしてしまえばよいのです。
もちろん、普通の聞き方で、

 What did he buy?

としてもOKです。

この分からなかった箇所を疑問詞に置き換える方法は、とても便利です。
以下の英語の例文のように、さまざまな場所を置き換えることができるからです。

[相手の言葉]

 I studied English.
 (私は英語を勉強しました。)

[聞き返す言葉]

 You studied what?
 (何を勉強したって?)

 You did what?
 (何をしたって?)

 You what?
 (同上)

現在進行形の場合も同様に使えます。
英語の例文です。

[相手の言葉]

 I'm studying English.
 (私は英語を勉強しました。)

[聞き返す言葉]

 You're studying what?
 (何を勉強してるって?)

 You're doing what?
 (何をしてるって?)

 You're what?
 (同上)


さて、ここまで「what」を使った方法を紹介しましたが、
他の疑問詞を使うこともできます。
いくつか例を挙げます。

■whenの例
[相手の言葉]

 I'm leaving at 12:00.
 (12時に出ます。)

[聞き返す言葉]

 You're leaving when?
 (何時に出るって?)

■whereの例
[相手の言葉]

 I'm going to the park.
 (公園へ行きます。)

[聞き返す言葉]

 You're going where?
 (何時に出るって?)

■how muchの例
[相手の言葉]

 I paid $100.
 (100ドル払いました。)

[聞き返す言葉]

 You paid how much?
 (いくら払ったって?)

このように分からなかった部分は、
そのまま疑問詞に置き換えることができます。

通常の疑問文の形にしてしまってもいいですが、
途中までは相手が言ったことを繰り返せばいいので、
通常の語順の方が楽だと思います。

日本人は相手に悪いと思って聞き返さないことも多いですが、
英語が聞き取れなかった場合は、遠慮せずに聞き返しましょう。


posted by 英語ハナシタイ at 16:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月26日

「I don't think that 〜」の「not」の位置


皆さんご存知のように「〜と思う」は英語で「think」になります。
大体、that節と一緒に使うケースが多いと思います。
例えば次の英語です。

 I think that he is good at English.
 (彼は英語が得意だと思います。)

では、これを否定してみましょう。
「彼は英語が得意ではないと思います。」を英文にしようとすると
以下の2パターン考えられます。

 I think that he is not good at English.
 I don't think that he is good at English.

前者はthat節の中を否定形にしています。
対して後者は「think」を否定形にしています。

どちらが正しいのでしょうか?

この場合、ほとんどの外国人は後者の「I don't think that 〜」を使います。
こうすることによって、否定の感じが柔らかくなるそうです。
もちろん前者の方法も間違いではありません。

おそらくthat節の中の文章を直接否定しないことによって、
クッションの役目をはたしてるのではないかと思われます。

以下の英語も同じような否定の方法をとるそうです。

 beleive(信じる)
 expect(期待する)
 imagine(想像する)


日本人としては「〜しないと思う」を「〜するとは思わない」
という形に言い換えた感じです。
日本語だと、やや回りくどくて違和感がありますが、
英語としては、これが普通の使い方になるのです。

posted by 英語ハナシタイ at 20:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月13日

計算に関する英語表現(足す、引く、掛ける、割る)


今回は計算に関する英語表現を紹介します。
あまり一度に多く覚えると大変なので、
とりあえず今回は「足す」「引く」「掛ける」「割る」だけに絞ります。

なお、それぞれの計算方法は英語で以下のように言います。

 足し算 addition
 引き算 subtraction
 掛け算 multiplication
 割り算 division


それでは、さっそく英語でどのように表現するのか見てみましょう。

@足す

日本語でも有名な「プラス」を使います。

 Three plus eight is eleven.
 (3+8=11)

「is」は「equal」でもOKです。

 Three plus eight equals eleven.

その他「make」も使えます。

 Three plus eight makes eleven.

A引く

こちらは「マイナス」を使います。

 Ten minus eight is two.
 (10−8=2)

同じく「is」は「equal」でもOKです。

 Ten minus eight equals two.

その他「take away」や「from」も使えます。

 Ten take away eight is two.
 Ten from eight is two.


B掛ける

掛けるは「multiply」という英語を使います。

 Five multiplied by three is fifteen.
 (5×3=15)

その他「times」も使えます。

 Five times three makes fifteen.

「make」は「equals」「is」でも大丈夫です。

C割る

割るは「divide」という英語を使います。

 Five divided by two equals two.
 (5÷2=2)

「divide」以外の方法は見つかりませんでした。
ちなみに、余りは「reminder」だそうです。

posted by 英語ハナシタイ at 21:18 | Comment(1) | TrackBack(0) | 英語表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月21日

時を尋ねる英語表現


今回は時を尋ねる英語表現をまとめてみました。

それほど難しい英語ではないので、知ってる方には簡単すぎるかもしれませんが、
会話時に意外と出てこなかったりします。

まずは時間を尋ねる表現です。
これは簡単すぎますね。

■ 時間を尋ねる

このフレーズはほとんどの方が知ってると思います。

 What time is it?
 (何時ですか?)

次のような英語を使う場合もあります。

 Do you have the time?

直訳すると「時間を持ってますか?」ですが、
これで「何時ですか?」という意味になります。

ちなみに、

 Do you have a time?
 (時間ありますか?)

のように冠詞を「a」にすると意味が変わってくるので注意です。


■ 日にちを尋ねる

これは「day」を使ってしまいそうですが、「date」を使います。

 What's the date today?
 (今日は何日ですか?)


■ 月、年を尋ねる

この月と年の2つは似てるので、まとめて紹介します。
次のような英語になります。

 What month is it?
 (何月ですか?)

 What year is it?
 (何年ですか?)

「now」とか「today」とか付けてしまいそうですが、
つけなくても通じます。


■ 曜日を尋ねる

これは「day」を使います。
先ほども説明しましたが、「day」は日にちではなく曜日に使います。

 What day is it?
 (何曜日ですか?)

次の英語もOKです。

 What day is today?


以上が時を尋ねる英語表現ですが、
これらの質問に対する返事のほとんどは「It's 〜」の構文が使われます。

 It's ten o'clock.
 It's the 12th of November.
 It's July.
 It's 2012.
 It's Sunday.


posted by 英語ハナシタイ at 13:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月10日

「as」を使った英語表現(as of/as for/as toなど)


私が苦手な単語の1つに「as」があります。
「as」を使った英語表現はたくさんありますが、
なぜか覚えられません。

というわけで、今回まとめてみたいと思います。
まずは表にしてみました。

 as of 〜現在
 as for 〜について言えば
(既出の話題の中で、対照的な話題を取り上げるとき)
 as to 〜について言えば
(新しく話題を取り上げるとき)
 as is そのままで
 as if まるで〜のように


上から順に見てみます。


・as of 〜

「〜現在」や「〜時点」という意味で使います。

 as of 2008(2008年現在)
 as of now(現在のところ)



・as for 〜

「〜ついて言えば」や「〜に関しては」などと使われます。
但し、既に話題となっているものに対して、対照的な話題を取り上げる場合に使われます。
英語の例文です。

 My mother studies English everyday. As for my father, he studies French on weekends.
 (私の母は毎日英語を勉強しています。父に関しては週末にフランス語を勉強しています。)

新しい話題をとりあげるときに、この「as for」を使うと、
相手を軽蔑したり、けなしたりするニュアンスが含まれるそうなので、注意が必要です。


・as to 〜

「〜ついて」という意味です。
「as for」と似てますが、こちらは新しい話題を取り上げるときに使います。
(但し、「as for」と同様の使い方もできるようです。)

 There's no problem as to the contract.
 (契約に関しては何の問題もない。)

これは「about」に置き換えることができます。

as is

「そのまま」という意味です。
よく「to-be」の反対語として使われます。
「現状の姿(as is)」か「将来の姿(to-be)」のように、
何かを比較する際に使われたりします。


・as if 〜

これは比較的覚えやすい英語です。
「まるで〜のように」と訳されます。「as though 〜」も同様の意味です。

 He looks as if he was ill.
 (彼はまるで病気のようだ)


以上、「as」を使った英語をまとめてみましたが、
実はまだまだあります。
とりあえず、有名どころだけ抑えておきましょう。

posted by 英語ハナシタイ at 22:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月03日

肉に関する英語


肉は英語で「meat」ですが、
魚の肉も「meat」なのか気になったので調べてみました。

まず「meat」は赤肉と白肉の2つに分けられるそうです。
英語にすると「red meat」と「white meat」です。

・red meat
赤など色の濃い肉
牛肉(cows)、羊の肉(sheep)、馬肉(horse)など


・white meat
白など色の薄い肉
鶏肉(chicken)、ウサギ(rabbit)、魚肉(fish)など


英語での分類は上記のような感じですが、
絶対的な定義はなく、時と場所によって異なります。
基本的に大人の哺乳類はredになるようです。

魚の肉も「meat」の1種ですが、
通常は単に「fish」と言うことが多いようです。

海外旅行の飛行機内で出される食事も「fish or meat」に
なってますので、fishは少し特別かもしれません。
(もしくはmeat=beafが特別?)

また余談ですが、
卵は英語で「egg」ですが、魚の場合「roe」という単語を使います。

 salmon roe(イクラ)
 herring roe(カズノコ)


posted by 英語ハナシタイ at 17:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月09日

「乗る」と「降りる」の英語表現(get in/out, get on/off)


英語で乗り物に乗り降りするとき、「get」を使いますが、
対象の乗り物によって、その後の前置詞が変わってきます。

「乗る」と「降りる」はセットになっていて、
「乗る」に「get in」を使う場合、「降りる」は「get out (of)」を使います。
「乗る」に「get on」を使う場合、「降りる」は「get off」を使います。

では、どう使い分けるのでしょうか?
以下のように乗り物の種類によって使い分けます。

■get in / get out (of)

 car(車)
 taxi(タクシー)
 boat(ボート、小型船)


英語の例文です。

 I get in a taxi.
 (タクシーに乗り込む。)

 I get out of my car.
 (車から降りる。)

ちなみに「get in」は「get into」とすることもできます。

■get on / get off

 train(電車)
 subway(電車)
 bus(バス)
 plane(飛行機)
 ship(船)


英語の例文です。

 I get on a bus.
 (バスに乗る。)

 I get off the train.
 (電車を降りる。)

どの乗り物にどっちを使うかという基準はよくわかりませんが、
概ね上記のように使い分けます。

なんとなく、かがんで乗り込む場合は「in」、
立ったまま乗れるものは「on」のような気がします。

大きい乗り物と小さい乗り物で分けられる気もします。

とりあえず感覚で覚えてしまいましょう。

posted by 英語ハナシタイ at 23:42 | Comment(2) | TrackBack(0) | 英語表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月23日

天気・気温に関する英語表現(3)


今回は天気に関する英語を紹介します。

まず現在の天気を表現する構文は以下になります。

 It's 〜.

もしくは

 Today is 〜.

英語例文です。

 It's raining.
 (雨が降っています。)

 It's fine today.
 (今日は晴天です。)

 Today is windy.
 (今日は風が強い)

 There's thunder and lightning.
 (雷鳴ってます。)

未来の天気を言う場合は「will」を使います。

 It will be snowy.
 (雪が降るでしょう。)

 Tomorrow will be cloudy.
 (明日は曇りでしょう。)

 Today will rain.
 (今日は雨が降ります。)

 There will be hail tomorrow.
 (明日はヒョウが降るでしょう。)

次に天気をミックスして言う英語表現です。

 It will be fine in the morning, then later it will rain in the evening.
 (朝晴れて、夕方雨が降ります。)

 It will be rainy and sunny today.
 (今日は雨と晴れです。)

 It will be occasionally cloudy.
 (時々曇りです。)

 It will be cloudy with occasional rain tomorrow.
 (明日は曇り時々雨でしょう。)

 It will be cloudy, sunny later.
 (曇り後晴れでしょう。)

天気に関する質問をする英語表現です。

 Will it be fine tomorrow?
 (明日は晴れますか?)

 What's the wheather like?
 (天気はどうですか?)

 What will the weather be like tomorrow?
 (明日の天気はどうですか?)

最後に天気の関する英単語です。

大雨 heavy rain
土砂降り a hard rain, downpour, rain cats and dogs
晴れ fine, sunny, fair, clear, beautiful, bright
雨 rain, rainy
曇り clowdy
雪 snow, snowy,
風 windy
猛吹雪 blizzard
あられ、ひょう hail, hailstone
そよ風 breeze
強風 gale
嵐 storm(rainstorm, snowstorm, thunderstorm), stormy
霞・もや haze, hazy
霧・霞・もや  mist, misty (hazeより濃く、fogより薄い)
霧・もや fog, foggy
霧雨 drizzle
雨のぱらつき, 小雨 sprinkle
にわか雨・夕立 shower
スコール(雨や雷雨などを伴う突風) squall
突風 gust(a gust of wind), blast(gustより強い)
竜巻 tornado, twister
台風 typhoon(太平洋西部で発生する暴風)
ハリケーン hurricane(西インド諸島で発生する暴風。アメリカに上陸)
サイクロン cyclone(インド洋の熱帯性低気圧)
湿気の多い、むしむしする humid
蒸し暑い muggy
乾燥した dry

天気に関する英語表現は以上です。
What a beautiful day!

posted by 英語ハナシタイ at 21:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月21日

天気・気温に関する英語表現(2)


前回は気温に関する英語を紹介しましたが、
今回は体感温度に関する英語表現です。

全体的にそれほど難しい表現ではありません。

まず寒い系です。

 It's cold today.
 (今日は寒いです。)

すごく寒い場合は、

 It's freezing today.
 (今日は凍えるように寒いです。)

もしくは、

 I'm frozen.

こちらは、もう手遅れな感じです。

それほど寒くない場合は、

 It's chilly today.
 (今日はひんやりしています。)

涼しい場合は、

 It's cool today.
 (今日は涼しいです。)

「cool」は他の英語と違い、不快感はありません。

寒さの順番で並べると、

 cool < chilly < cold < freezing
 
という感じでしょうか。

次に暑い系の英語表現です。

暖かい場合は、

 It's warm today.
 (今日は暖かいです。)

暑い場合は、

 It's hot today.
 (今日は暑いです。)

※やや暑い場合に「warm」を使うときがあります。

ひどく暑い場合は、

 It's boiling today.
 (今日はめちゃくちゃ暑いです。)

汗をかくような暑さは、

 It's sweating today.

焼け付くような暑さは、

 It's scorching today.

その他、主に液体に使う英語ですが、

 It's lukewarm.
 (なまぬるいです。)

という表現もあります。

暑さの順番で並べると、

 lukewarm < warm < hot < sweating? < boiling < scorching

という感じでしょうか。
sweatingはちょっと自信がありません。

posted by 英語ハナシタイ at 21:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月20日

天気・気温に関する英語表現(1)


天気・気温に関する英語表現をまとめました。
とてもたくさんあるので、2〜3回に分けたいと思います。

今回は気温(temperature)に関する英語です。

温度を示すには、

 The temperature is 38℃ degrees.
 ((摂氏)38度です。)

です。

天気予報が今日や明日の温度を英語で言う場合は、

 Today will be 20℃ degrees.
 (今日は20度になるでしょう。)

 Tomorrow will be -10℃ degrees.
 (明日はマイナス10℃になるでしょう。)

「temperature」を主語にしてもいいと思います。

 The temperature will be 20℃ degrees tomorrow.

なお「℃」は省略してもいいかもしれません。

現在の気温が高い場合は、

 The temperature is high.

低い場合は、

 The temperature is low.

暑くも寒くもない場合は、
「at room temperature」という表現もあります。
※料理やドリンクによく使われます。

次に気温が変化する場合の英語表現です。
これはたくさんあります。

まず気温が上がる場合、

 The temperature will go up.
 The temperature will rise to 15℃.
 The temperature will increase during the day.
 The temperature will soar to 30℃.


下がる場合は、

 The temperature will go down.
 The temperature will drop to 15℃.
 The temperature will decrease during the day.
 The temperature will fall to 5℃.


上がり中、下がり中などの場合は「〜ing」で現在進行形にしてください。

最後に気温を英語で尋ねる表現です。

 What is the temperature?

または

 How about the temperature?

以下のようには言わないそうです。

 ×What degree is the temperature?

次回は「暑い」とか「寒い」とか
体感温度に関する英語表現を紹介したいと思います。

posted by 英語ハナシタイ at 12:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


  宜しければクリックをお願い致します。
  モチベーション下がったときの励みになります。
 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 記事一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他