全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2011年02月19日

つまらない会議で英語の翻訳をする


ちょっと、怒られてしまうかもしれないのですが、
話すための英語の勉強に会議を利用する方法を紹介します。

あまりお薦めすると怒られてしまうかもしれないので、
ふ〜んて感じで流し読みしてください。

よく話す英語の練習には、
普段の生活を英語で話してみるとよいなどと言われています。
例えば、

朝起きたら、

 I got up at 6 o'clock this morning.
 (今朝6時に起きました。)

 Then I brushed my teeth.
 (歯を磨きました。)

など、1日の行動を英語にします。

しかしながら、悲しいことに自分の行動を振り返ると、あまり大したことをしておらず、
毎日同じ英語、かつ簡単な文章になってしまい、なかなか効果があがりません。
さらに悲しいことに1日の出来事を英語で言うことさえを忘れることがあります。
(通称「結局朝だけEnglish」)

そこで私は仕事の会議中に英語の翻訳練習をしています。
決して仕事をさぼっているわけではありません。

私思うに日本人は無駄な会議が多いと思います。
プランが無くて、脱線が多くて、不必要な人まで出席させる。
そして結局何も決まらない。
という非効率な会議になっていることが多いと思います。

私もほとんど関係ない打ち合わせに同席させられることがあります。
こういうときに人が話している内容を英語で訳してみるのです。

専門的な話題だったり、複雑な話になったりするので、これがなかなか難しい。
でも他人が話したことを英語にしてみるというのはいいかもしれません。
これは会議に限ったことではないかもしれません。

なお翻訳できなかったことは、あとで調べます。
これを繰り返していると英語を話す瞬発力がつきます。
時間も無駄にしなくてすみます。

ミーティング自体は否定しませんが、事前に方向性を決めてから開催してほしいものです。
無駄な会議をしていては決定が遅れてしまい、国際社会のなかで生きていけません。
最近伸びてきている中国や韓国に遅れをとってしまいます。

あれ、なんか話が変な方向にいってる?
とりあえず無駄になりそうな時間は英語の勉強に利用しましょうという話でした。
何度も言いますが、怒られてしまうので強くお薦めはしません。
非推奨です。



posted by 英語ハナシタイ at 09:03 | Comment(2) | TrackBack(1) | 英語勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月31日

日本昔ばなしを英語で読む


私は海外旅行が好きなのですが、海外旅行すればするほど、
知りたくなることがあります。

ずばり日本のことです。

外国へ行けば行くほど、自分の国はどうなんだろうとか、
もっと日本について知りたくなるのです。

あと、自分の国のことくらい知っていないとなぁ、なんて思うようになりました。

と言うわけで、最近こんな本を買いました。



『英語で楽しむ!日本昔ばなし』ナツメ社
千葉幹夫編集

日本の昔ばなしを英語で書いたものです。
(アニメの日本昔ばなしとは関係ありません。)

「桃太郎」「浦島太郎」「一寸法師「花さかじいさん」
「かちかち山」「こぶとりじいさん」など全部で17話が載ってます。

意外に結末が知らなかったものが多くて、ためになります。
英語でも読めるので一石二鳥。
簡単な英語なので、気軽に読めます。

実は、日本を紹介する本をもう1冊持ってまして、
これも日本の文化と英語を同時に勉強できて、なかなか面白いです。

「ホームステイ英会話 おみやげ本」英会話のジオス 出版
(赤の方だけ持ってます)




持ってませんが、今書店で気になってるのは、
最近話題の坂本龍馬を紹介する本と、




平家物語の英訳本です。




これも気になります。
日本の原点。古事記の英訳本。




日本も外国に負けず魅力ある国です。
いつか英語で日本を紹介できたらいいですねー。


posted by 英語ハナシタイ at 23:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月13日

NHKニュースを副音声で聞く


最近テレビがつまらず、
夜の9時台というとチャンネル切り替えに迷う日々を送っています。

とりあえず無難なところでNHKの9時のニュースを見てるのですが、
最近は副音声にして聞いてます。

なぜ副音声にするかというと、副音声は英語で話すのです。
これはニュースもわかって、英語も学べるという一石二鳥。
こういう場面で、こういう単語を使うのかぁ、なんて感じで勉強になります。

何人かでローテーションして話してるので、いろんな人の英語も聞けます。
分かりやすい人、分かりづらい人、速い人、遅い人、女の人、男の人。

但し、1時間ずっと見てると疲れるので、興味のあったニュースだけ。
天気予報なんて、天気の表現が学び放題。

9時以外のNHKニュースは副音声がない場合もあるので
時間帯的にもやっぱり9時がベスト。

最近は聞き流し感がありますが、しばらく続けてみようと思います。

posted by 英語ハナシタイ at 21:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月22日

英英辞典を使って勉強する。


実践で使える英語を習得するには多くの英語表現を知っている必要があります。

英語表現を覚える手段として英英辞典を利用するというものがあります。

英英辞典は英単語の説明が英語で書いてあるもので、
どのような表現を使ってその単語を説明できるのかよくわかります。

例えば私の持っている「コウビルド」という辞書で、
「bee(ハチ)」を引いてみると英語で以下のように書いてあります。

 A bee is an insect with a yellow-and-black striped body that makes a buzzing noise as it flies.
 Bees make honey, and can sting.

 (Collins COBUILD Advanced Learner’s English Dictionaryより)

この文章だけでもかなりの英語表現を知ることができます。

例えば、虫という単語は insect, bug, worm などありますが、
ハチは「insect」が適切だということがわかります。

また

 「黄色と黒の縞模様」は「yellow-and-black striped」
 「ブンブン鳴る」は「make a buzzing noise」
 「刺す」は「sting」
 「黄色と黒の縞模様の体を持つ」というのは「with」を使って表現可能

など、役に立つ英語表現がたくさんあるのです。

わからない単語もまず英英辞典で調べる癖をつけておくといいでしょう。
英英辞典でも意味がわからなかったら英和辞典を使いましょう。

英英辞典で有名(おすすめ)なのは以下のものがあります。
1冊持っておくと何かと便利ですよ。
ぜひ英語の勉強に役立ててください。

・コウビルド(COBUILD)
・ロングマン(LONGMAN)
・オックスフォード(Oxford)
・ケンブリッジ(Cambridge)






posted by 英語ハナシタイ at 13:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

スペースアルクを利用する

話すための英語勉強法の1つとして、
スペースアルクを利用するというものがあります。

語学系の通信講座や出版物で有名なアルクのサイトで、
特に英語の情報量はかなり多く、利用しない手はありません。

英語のポータルサイトは以下ですが、
http://www.alc.co.jp/eng/index.html

その中でも、「英語表現辞典」はオススメです。
http://www.alc.co.jp/eng/kaiwa/hyogen/index.html

とくに「日常表現集」は五十音でかなりの量の表現が掲載されてますし、
「テーマ別表現集」は日本語->英語の変換をしてくれるので、
まず自分で英訳してみて、その後に答え合わせができます。

勉強に役立つだけでなく、普通に読んで面白い記事などもあるので
一度お試しを。

オンライン辞書やレベル診断テストなどもありますよ。


posted by 英語ハナシタイ at 00:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


  宜しければクリックをお願い致します。
  モチベーション下がったときの励みになります。
 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 記事一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。