全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2011年10月09日

グロービッシュを英語勉強法として利用する


最近本屋へ行くたびに、グロービッシュ(Globish)の本が目につくようになりました。

グロービッシュとは、ジャン=ポール・ネリエール氏が提唱した世界の共通語です。
共通語と言っても実際は英語です。

簡単に説明すると、ネイティブが使うような難しい英語ではなく、
英語を母国語としない人たちにも通じる簡単な英語を使おうというわけです。

グロービッシュについてもっと知りたいと思い、1冊購入してみました。

「グロービッシュ実践勉強法」
 手島直樹著



この本によると、グロービッシュの特徴として以下の5つをあげています。

@1500の基本単語とその派生語だけを使う
A基本構文を使う
B1文はなるべく15単語以内
C発音はカンペキでなくてもよい
Dユーモアや比喩は使わない


このようにグロービッシュは極力無駄をなくした省エネ英語と言えるでしょう。

英語人口が増えた今、英語はもはや英語を母国語とする人たちのものだけではありません。
世界中の人たちが英語を使っています。
そのような非ネイティブの人たちも簡単に使える英語がグロービッシュです。

「グロービッシュ実践勉強法」の著書手島氏によると、
グロービッシュで楽になるのは「書く」「話す」といった自分主体の部分で、
「聴く」「読む」といった相手主体の部分は楽になりません。
なぜなら相手もグロービッシュを使うとは限らないからです。

グロービッシュについては、いろいろ賛否両論もあるようですが、
関連本がたくさんでてますので、興味のある人は読んでみてはいかがでしょうか?
個人的には、1500語という語彙の少なさや、インプットスキルの上達が難しいなど、
賛成できない部分もありますが、勉強法の1つとして利用できるかなと思っています。



ちなみに私が購入した「グロービッシュ実践勉強法」はビジネスで英語を使う人用の本です。
英語が上達したい人向けというより、英語でビジネスをする人向けで、
いかに英語を話さずに相手に意思を伝えるかということに重点を置いています。
英語はビジネスのツールの1つにすぎないという考えです。

よって、私のような日常的に英語を話せるようになりたいとか、
英語の勉強そのものに楽しみを見出す人には、少し内容がずれているかもしれません。

ただ紹介されている勉強法は共感できるものがあり、
実際に私が実践してるものと同じのがたくさんありました。

私はグロービッシュ関連本は、この本しか読んでないので、
著者が著者なりにグロービッシュをアレンジしてる可能性もあり、
グロービッシュの真髄と完全に一致してるかはわかりません。
しかし、内容が簡潔でわかりやすいので、おすすめの1冊です。

posted by 英語ハナシタイ at 09:49 | Comment(1) | TrackBack(0) | 英語勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月05日

英会話スクールの選び方


昨日に引き続き、英会話スクールに関する話です。
今回はスクールを選ぶポイントをいくつか紹介します。

1.インターネットでの評判

やはりインターネットでの口コミ・評判など生の声を聞くのがいいでしょう。
{スクールの名前}と"評判""の組み合わせで検索すると結構ヒットします。
受付の対応、テキストの質、講師の質、料金システム、柔軟性などに注目してください。
また英会話スクールの比較サイトも参考にしましょう。

2.受付の対応

一番初めにアプローチする手段が電話問い合わせですが、その時の受付の対応に注目してください。
受付の方は、これからずっとお世話になる可能性もあるので、意外に重要です。
説明不十分だったり、言葉遣いが悪いと、あとでトラブルになる可能性もあります。

3.無料体験レッスン

できるだけ無料体験レッスンを受けてみましょう。
体験レッスンだけで講師の質を見抜くのは難しいですが、
せめてレッスンの進め方が確立されてるか注目してみましょう。
進め方がスムーズで、沈黙せずにうまく誘導してくれるか、無駄話で終わらないか。
体験レッスンが確立されていれば、
スクールの管理体制がしっかりしているかの多少の判断にはなります。

また、ここでも受付の対応に注目です。
笑顔で対応してくれるか、丁寧に説明してくれるか、質問にちゃんと答えられるか。
もっとも気になるのは、レッスン方法、料金体系、振り替えの取り方などですが、
理解するまで説明してもらいましょう。
認識違いがあると、あとでトラブルになります。
いい受付の方ですと少し規則に反しても柔軟に対応してくれることがあります。

4.講師の質

体験レッスンのときに、
講師の平均年齢や出身国、講師歴、そのスクールでの講師歴を聞いてみましょう。
システム面では講師を選択制(日替わり)か固定制かも重要です。

個人的には、以下のような講師・システムがいいと思います。

・英語を母国語とする講師(ネイティブ)
ごくたまにアジア系の講師がいますが、なまりがあったり、文法に疎かったりする方がいます。

・講師歴が長い講師
教え方を知っているので、効率よくレッスンしてくれます。
講師歴が長いと自分なりのレッスン方法を確立してる方が多いです。

・そのスクールでの講師歴が長い講師
単に講師歴が長くても、そのスクールでの経験が浅いと、テキストに慣れていないため、
進め方がうまくない場合があります。
最悪な場合、テキストを初めてみたのか、その場でテキストを見て考え始めます。

・講師固定制
都度の選択制もよいですが、やはり固定した方がよいでしょう。
自分の弱点や癖などを覚えてもらえますし、毎回自己紹介しなくてすみます。

5.テキストの質

テキストの質も確認しましょう。
初回の説明のときに見せてくれると思います。
テキストを見せてくれないところは親切ではありません。
英会話スクールのテキストはとんでもなく高いことがあるので、
自分にあったテキストかよく見てみましょう。
気に入らなければ、他のテキストがあるかも聞いてみましょう。

また意外に大きさ・重さも重要です。
仕事帰りに通ったり、英会話に行ったあとに買い物したりすることを考えると、
テキストが重いと結構しんどいです。

6.その他

・雰囲気
抽象的ですが、建物や部屋に入ったときの雰囲気が自分に合うか確認してみましょう。
相性というやつですね。

・環境
空調がよいか、周りがうるさくないかなど。
特に狭いスペースだと、隣のレッスンの声が聞こえてしまいます。

・支払い方法
月謝制で支払い可能かなど。
最近はつぶれる英会話スクールも増えてます。
リスク分散するには月謝制を選ぶといいでしょう。

・生徒の質
可能であれば他の生徒さんの質もチェックしてみましょう。
年齢層、品がよいかなど。
うまくいけば友達になれるかも。

・講師の数と生徒の数の割合
あまり生徒が多いと好きな時間に振り替えがとりづらくなりますし、
講師の数が限られてるので指名制だと取り合いになってしまうかもしれません。
また受付の方も忙しそうにしており、相談しづらいなどのデメリットがあります。

posted by 英語ハナシタイ at 20:22 | Comment(2) | TrackBack(0) | 英語勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月04日

英会話スクールを利用する


「英語を話せるようになること」を目標にしてる人にとって、
できるだけ話す機会を作ることが重要だというのは、
誰もが思ってることだと思います。

英会話スクールは、費用は高いですが、話す機会を得るもっともメジャーな手段の1つです。
今回は英会話スクールの活用方法を列挙しながら紹介してみたいと思います。


1.講師固定でマンツーマンがおすすめ

講師固定であれば、自分の癖や弱点など分かってもらえるので、的確なアドバイスがもらえます。
毎回講師が変わると、さまざまな英語が聞けるメリットがある反面、
毎回自己紹介で終わってしまう可能性があり、せっかくの高い授業料が無駄になってしまいます。
またグループレッスンですと、恥ずかしがったり、生徒同士のレベルが違ったり、
遠慮して自分のペースに進められないことがありますので、
英語友達を作ることが目的でない限り、マンツーマンがおすすめです。

2.自分のペースに引き込む

講師によっては、進め方が下手だったり、ほぼ雑談で終わってしまうケースがよくあります。
そういう場合は疑問・質問をぶつけて、自分のペースに持っていくのもいいでしょう。
英語表現の使い方などを聞くと、意外と熱心に教えてくれます。
また自分でレッスンの進め方を提案してみるのもいいかもしれません。

3.間違いは訂正してもらうように頼む

講師によっては、間違いを恐れずに話すことが大事だと考えてる方が多いので、
間違ってても、あえて訂正しない方がいます。
やさしい人なのでしょうが、間違った英語は誰かが直してくれなければ
永遠に使いつづけてしまうので、訂正してもらえるようにお願いしましょう。

4.講師の表現を盗む

余裕があれば講師が話すときに、どのような英語表現を使っているかチェックしてください。
表現を真似して自分のものにしてしまいましょう。

5.話せなかった表現はあとでチェックする

レッスン中に話せなかった英語表現は、あとでチェックするようにしましょう。
レッスン中は緊張してることが多いので、あとでは思い出せないかもしれませんが、
1つでも2つでも覚えておけば、次から使える表現になります。


英会話スクールは高額なので、なかなかハードルが高いかもしれませんが、
利用の仕方によっては、それなりの効果はあると思います。
最近は低価格なオンライン英会話もあるので、試してみてもいいかもしれません。

posted by 英語ハナシタイ at 20:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月05日

朝に英語の勉強をする。


最近ヨジラーという言葉を聞くようになりました。
朝4時に起きて活動する人の意味です。
特に早朝にウォーキングや勉強する人が増えてるようです。

私も最近は朝4時とまでは行きませんが、
休日は朝6時くらいに起きて英語の勉強をしています。

以前は夜に勉強していたのですが、
どうもテレビなどの誘惑に負けてしまい、集中できませんでした。

朝だと集中できるし、二次効果として1日を有効に活用している気がします。
6時に起きれば2時間勉強しても8時なんです!

また平日は電車通勤を利用して、英語の勉強をしています。
家が会社に近い方は難しいですが、朝の電車は静かで、誘惑もありませんので集中できます。
社会人になると、なかなか時間を確保するのが難しいため、通勤時間帯は貴重です。

最後に朝英語を勉強するオススメ理由をまとめておきます。

・静かで集中できる。(テレビをつけても落ち着いた番組が多い)
・睡眠によって脳が回復したばかりなので、覚えやすい。
・朝の通勤は電車が静か。
・1日を有効に活用できる。
・夜は誘惑が多い。(テレビや趣味など)
・夜勉強すると眠くなる。
・夜は脳が疲れていて、覚えられない。


個人的には、朝の雨音やスズメの声を聞きながら勉強するのが好きです。
朝早起きすると午後眠くなりますが、昼寝でカバーしましょう。

皆さんも試してみてはいかがでしょうか?

posted by 英語ハナシタイ at 09:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月08日

BBCやCNNの英語サイトで勉強する


英字新聞で英語の勉強する人は多いですが、
最近はニュースをインターネットで見れるので便利です。

英語ニュースのサイトでお薦めなのはイギリスの放送局BBCと、
アメリカのCNNです。

両方とも英語の記事だけでなく、動画もみれるので、
リスニングの勉強にもなります。

BBC
http://www.bbc.co.uk/

CNN
http://edition.cnn.com/

最近は落ち着いてきましたが、少し前は日本の地震のニュースがほとんどでした。
海外から日本がどのように見られているかなど、違った観点で見ることができます。
また被災者の方のインタビューなども英語でたくさんアップされていました。

話題の言葉も学べます。
例えば、

 aftershock 余震
 Japan rocks. 日本が揺れる
 nuclear reactor 原子炉

などです。

BBCとCNN以外では、ウォールストリートジャーナルや
ニューヨークタイムズなどもあります。

ウォールストリートジャーナル
http://asia.wsj.com/home-page

ニューヨークタイムズ
http://www.nytimes.com/

ウォールストリートジャーナルはコメントなども
見れますので、記事の反応を見てるとなかなか勉強になります。

ただで英語を学ぶ方法はたくさんありますので、
勉強法の1つとして使ってみてはどうでしょうか?

posted by 英語ハナシタイ at 21:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月19日

つまらない会議で英語の翻訳をする


ちょっと、怒られてしまうかもしれないのですが、
話すための英語の勉強に会議を利用する方法を紹介します。

あまりお薦めすると怒られてしまうかもしれないので、
ふ〜んて感じで流し読みしてください。

よく話す英語の練習には、
普段の生活を英語で話してみるとよいなどと言われています。
例えば、

朝起きたら、

 I got up at 6 o'clock this morning.
 (今朝6時に起きました。)

 Then I brushed my teeth.
 (歯を磨きました。)

など、1日の行動を英語にします。

しかしながら、悲しいことに自分の行動を振り返ると、あまり大したことをしておらず、
毎日同じ英語、かつ簡単な文章になってしまい、なかなか効果があがりません。
さらに悲しいことに1日の出来事を英語で言うことさえを忘れることがあります。
(通称「結局朝だけEnglish」)

そこで私は仕事の会議中に英語の翻訳練習をしています。
決して仕事をさぼっているわけではありません。

私思うに日本人は無駄な会議が多いと思います。
プランが無くて、脱線が多くて、不必要な人まで出席させる。
そして結局何も決まらない。
という非効率な会議になっていることが多いと思います。

私もほとんど関係ない打ち合わせに同席させられることがあります。
こういうときに人が話している内容を英語で訳してみるのです。

専門的な話題だったり、複雑な話になったりするので、これがなかなか難しい。
でも他人が話したことを英語にしてみるというのはいいかもしれません。
これは会議に限ったことではないかもしれません。

なお翻訳できなかったことは、あとで調べます。
これを繰り返していると英語を話す瞬発力がつきます。
時間も無駄にしなくてすみます。

ミーティング自体は否定しませんが、事前に方向性を決めてから開催してほしいものです。
無駄な会議をしていては決定が遅れてしまい、国際社会のなかで生きていけません。
最近伸びてきている中国や韓国に遅れをとってしまいます。

あれ、なんか話が変な方向にいってる?
とりあえず無駄になりそうな時間は英語の勉強に利用しましょうという話でした。
何度も言いますが、怒られてしまうので強くお薦めはしません。
非推奨です。

posted by 英語ハナシタイ at 09:03 | Comment(2) | TrackBack(1) | 英語勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月31日

日本昔ばなしを英語で読む


私は海外旅行が好きなのですが、海外旅行すればするほど、
知りたくなることがあります。

ずばり日本のことです。

外国へ行けば行くほど、自分の国はどうなんだろうとか、
もっと日本について知りたくなるのです。

あと、自分の国のことくらい知っていないとなぁ、なんて思うようになりました。

と言うわけで、最近こんな本を買いました。



『英語で楽しむ!日本昔ばなし』ナツメ社
千葉幹夫編集

日本の昔ばなしを英語で書いたものです。
(アニメの日本昔ばなしとは関係ありません。)

「桃太郎」「浦島太郎」「一寸法師「花さかじいさん」
「かちかち山」「こぶとりじいさん」など全部で17話が載ってます。

意外に結末が知らなかったものが多くて、ためになります。
英語でも読めるので一石二鳥。
簡単な英語なので、気軽に読めます。

実は、日本を紹介する本をもう1冊持ってまして、
これも日本の文化と英語を同時に勉強できて、なかなか面白いです。

「ホームステイ英会話 おみやげ本」英会話のジオス 出版
(赤の方だけ持ってます)




持ってませんが、今書店で気になってるのは、
最近話題の坂本龍馬を紹介する本と、




平家物語の英訳本です。




これも気になります。
日本の原点。古事記の英訳本。




日本も外国に負けず魅力ある国です。
いつか英語で日本を紹介できたらいいですねー。


posted by 英語ハナシタイ at 23:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月13日

NHKニュースを副音声で聞く


最近テレビがつまらず、
夜の9時台というとチャンネル切り替えに迷う日々を送っています。

とりあえず無難なところでNHKの9時のニュースを見てるのですが、
最近は副音声にして聞いてます。

なぜ副音声にするかというと、副音声は英語で話すのです。
これはニュースもわかって、英語も学べるという一石二鳥。
こういう場面で、こういう単語を使うのかぁ、なんて感じで勉強になります。

何人かでローテーションして話してるので、いろんな人の英語も聞けます。
分かりやすい人、分かりづらい人、速い人、遅い人、女の人、男の人。

但し、1時間ずっと見てると疲れるので、興味のあったニュースだけ。
天気予報なんて、天気の表現が学び放題。

9時以外のNHKニュースは副音声がない場合もあるので
時間帯的にもやっぱり9時がベスト。

最近は聞き流し感がありますが、しばらく続けてみようと思います。

posted by 英語ハナシタイ at 21:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月22日

英英辞典を使って勉強する。


実践で使える英語を習得するには多くの英語表現を知っている必要があります。

英語表現を覚える手段として英英辞典を利用するというものがあります。

英英辞典は英単語の説明が英語で書いてあるもので、
どのような表現を使ってその単語を説明できるのかよくわかります。

例えば私の持っている「コウビルド」という辞書で、
「bee(ハチ)」を引いてみると英語で以下のように書いてあります。

 A bee is an insect with a yellow-and-black striped body that makes a buzzing noise as it flies.
 Bees make honey, and can sting.

 (Collins COBUILD Advanced Learner’s English Dictionaryより)

この文章だけでもかなりの英語表現を知ることができます。

例えば、虫という単語は insect, bug, worm などありますが、
ハチは「insect」が適切だということがわかります。

また

 「黄色と黒の縞模様」は「yellow-and-black striped」
 「ブンブン鳴る」は「make a buzzing noise」
 「刺す」は「sting」
 「黄色と黒の縞模様の体を持つ」というのは「with」を使って表現可能

など、役に立つ英語表現がたくさんあるのです。

わからない単語もまず英英辞典で調べる癖をつけておくといいでしょう。
英英辞典でも意味がわからなかったら英和辞典を使いましょう。

英英辞典で有名(おすすめ)なのは以下のものがあります。
1冊持っておくと何かと便利ですよ。
ぜひ英語の勉強に役立ててください。

・コウビルド(COBUILD)
・ロングマン(LONGMAN)
・オックスフォード(Oxford)
・ケンブリッジ(Cambridge)






posted by 英語ハナシタイ at 13:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

スペースアルクを利用する

話すための英語勉強法の1つとして、
スペースアルクを利用するというものがあります。

語学系の通信講座や出版物で有名なアルクのサイトで、
特に英語の情報量はかなり多く、利用しない手はありません。

英語のポータルサイトは以下ですが、
http://www.alc.co.jp/eng/index.html

その中でも、「英語表現辞典」はオススメです。
http://www.alc.co.jp/eng/kaiwa/hyogen/index.html

とくに「日常表現集」は五十音でかなりの量の表現が掲載されてますし、
「テーマ別表現集」は日本語->英語の変換をしてくれるので、
まず自分で英訳してみて、その後に答え合わせができます。

勉強に役立つだけでなく、普通に読んで面白い記事などもあるので
一度お試しを。

オンライン辞書やレベル診断テストなどもありますよ。


posted by 英語ハナシタイ at 00:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


  宜しければクリックをお願い致します。
  モチベーション下がったときの励みになります。
 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 記事一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他