全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2010年05月26日

mostとpostの発音

最上級などで使うmostや、「郵便」という意味のpostという単語ですが、
どのように発音してますか?

「モスト」や「ポスト」と発音してる方もかなりいると思いますが、
正しい発音は「モウスト」「ポウスト」です。
発音記号で書くと

 「moust」
 「poust」


です。

特にpostは日本語にもなっているのでポストと発音しがちですが、
母音が「ou」となります。

このように日本語化してる単語は多くあり、
本来の発音と異なってしまっているものが結構あります。

正しい発音で話せるようにするには、
単語を覚えるときに発音記号も一緒に覚えるといいでしょう。

発音記号を覚えることにより、
初めてみる単語でも、なんとなくどのように発音するかがわかってきます。

単語を覚えると共に、実際の発音もよくなるので一石二鳥ですよ。

自分も単語を発音記号を見ながら覚えていたので、
会話表現は乏しいくせに、発音はいいとよく言われます。

ところで発音記号を入力したいのですが、入力がめんどっちい。。




posted by 英語ハナシタイ at 00:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 発音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月09日

wantとwon'tの発音


wantとwon'tの発音ですが、両者とも似ているので判別がとても難しいです。

カタカナで書いてしまうとwantは「ウォント」、won'tは「ウォゥント」のように
won'tの方の母音は「オウ(ou)」となります。

が、しかしゆっくり発音してもらうと区別は付くのですが、
文章の流れの中で早く言われてしまうと全然わかりません。

例えば、

 I want to eat chicken.
 (私はチキンを食べたい)
 
 I won't eat chicken.
 (私はチキンを食べない)

のように発音によっては、全く正反対の意味になってしまいます。
(wantの「t」とtoの「t」が結合して、「t」が一度しか聞こえないため余計わからない!)

そこで、またしても知り合いの外国人に聞いてみました。

するとwantとwon'tは「walk」と「work」の発音の違いに似てるそうです。

発音記号的にはちょっと違うのですが、なんとなくニュアンスはわかります。
で、何回か発音してもらった結果、勝手に以下のように解釈しました。

want
・比較的、口を大きく開ける(開けた音)。
・聞こえようによっては「ウァント」と聞こえる。もしくは「ァ」と「ォ」の中間。


won't
・口をつぼめて発音する(閉じた音)。
・聞こえようによっては「ゥント」と聞こえる。
・多分「ou」の「u」を発音しようとするがために、口の開きが自然に小さくなる。


またインターネットで検索すると、

 「wantは口を横に開き、won'tは口を縦に開く」

なんていう情報もありました。

ちなみに「won't」ではなく「will not」 は使わないのか聞いてみたところ、
ネイティブはあまり使わないそうです。

でも、ネイティブでない我々は誤解を防ぐためにも「will not」を
使ってもいいかもしれませんね。

posted by 英語ハナシタイ at 00:47 | Comment(1) | TrackBack(1) | 発音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月01日

「n」の発音

パンは英語で「bread」と言います。
日本語のパンという言葉は、ポルトガル語からきた外来語です。

さて、小さいロールパンを「bun」と言うのを知ってますか?

ちょっと、この単語を使ってみたく、無理やり

 I had a bun this morning.
 (朝、パンを食べました。)

と外国人に言ってみました。

しかし、なかなか理解してくれず、
「bun」だけ連呼してようやくわかってくれました。

どうやら「bun」を言った後に口を閉じてしまったがために、
「bum(怠け者。。)」と聞こえたそうです。

自分でも気づかず、「n」を言ったあとに無意識に口を閉じてしまってたようです。

「n」を発音する際 (特に「n」で終わる単語のとき) は、
唇を上の歯に一度つけて、少しして離します。(口は閉じない)


なので、ネイティブが発音すると最後に唇を離したときの音「ンヌ」が
聞こえるときがあります。

例えば、「bun」だと「バンヌ」

慣れるとこの「ンヌ」が気持ちよくなって来るので何回も練習しましょう。

余談ですが、
「bread」は不加算名詞なので、数えるときは以下のようにします。

 a loaf of bread
 (食パンのつながった長ーいやつ)
 
 a slice of bread
 (食パンの1切れ)


posted by 英語ハナシタイ at 21:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 発音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月29日

widthの発音

「width」

これも発音に迷っていたものの1つ。

「ウィドゥス」でいいの?

これまた聞いてみたところ、発音は「with」に近いようです。

 つまり「ウィズ」とほぼ一緒。

ただ「width」の「d」を少ーしだけ発音するようです。

「ウィドゥス」の「ドゥ」を聞こえるか聞こえないかくらいで発音する。
これまた難しい。。


posted by 英語ハナシタイ at 10:31 | Comment(0) | 発音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

clothesとmonthsの発音


次の英語の発音わかりますか?
「clothes」「months」。

「th」で終わる英語の複数形の発音ですが、
いつもどのように発音するか疑問に思っていました。

「クローズズ?」「マンスズ?」
どちらもしっくりきません。
英語の発音にしては不自然です。

ネイティブが発音するのを聞いてると、
「クローズ」「マンツ」のように「th」が抜けて聞こえます。

そこで知り合いの外国人に聞いてみたところ、
かすかに「th」を発音するようです。
舌をかむように「th」を発音したあと、そのまま「ズ」とか「ツ」とか
発音するようです。

つまり、強引に書くと「クローthズ」「マンthツ」のようになるらしいのですが、
これが発音するのが難しい。。

聞いてる方も聞き取れないくらいなので、
あまり気にしなくていいかもしれません。。

--2010/5/20 追記

今日NHKラジオの実践ビジネス英語を聞いてると、
monthsの発音に触れていました。

講師の杉田敏先生いわく
通常は「th」を発音せずに「マンツ」でいいそうです。

なのでclothesも「クローズ」でいいかもしれません。


但し「ズ」を発音した後に、
舌の真ん中を離すときに「トゥ」と発音してしまうと、
「closed」に聞こえてしまう場合があるので注意が必要です。

--2011/3/3 追記
関連記事
cloth, clothes, clothingの違い

posted by 英語ハナシタイ at 23:46 | Comment(0) | 発音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


  宜しければクリックをお願い致します。
  モチベーション下がったときの励みになります。
 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 記事一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。