全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2012年03月27日

英語の発音に重要な「あいまい母音」


英語の発音を練習するとき、
まず意識するのが「R」の発音、「th」の発音、「f」の発音などでしょう。

しかし意外に重要なのがaimai.pngの「あいまい母音」です。
この発音記号はタイプできなかったので、画像で恐縮ですが、
アルファベットの「e」を左右逆にしたものです。
「シュワー」とも呼ばれるようです。

一般的にこの記号の発音方法は、
自然な口構えで「ア」「イ」「オ」「エ」でもないあいまいな音を出すと言われてます。

たまに日本人で英語が話せる人の発音は、非常にハッキリしていることがあります。
とてもクリアな発音で聞き取りやすいのですが、
やはりネイティブの発音と比べると何か違います。

あくまで個人的な意見ですが、この違いはaimai.pngの発音にある気がします。
とてもクリアに発音するより、
少し発音をあいまいにした方が英語っぽくなると思うのです。

この発音は、例えば以下のような英語に使われています。
発音記号はタイプできなかったので、オンライン英和辞書などで確認してみてください。
※太字がaimai.pngが発音される箇所

 famous
 tradition
 better
 travel
 japan

では、どのように発音するかというと、
これまた個人的な考えですが、
aimai.pngの記号の箇所は、なるべく何も発音しないように努力してみましょう。

もしくは口を動かさないで小さい声で「ゥ」の発音にしてみましょう。
日本語の「ウ」と違い、口をすぼめないで控えめに「ウ」です。
但し、あまり「ウ」を強調すると変な発音になってしまうので注意です。

例えば「famous」だと、
カタカナで恐縮ですが「フェイマス」が「フェイムス」みたいになると思います。
「tradition」も「トラディション」が「トルディシュン」みたいに。

aimai.pngを発音しないようにすると自然と上記のような発音になると思います。
最初のうちは慣れませんが、
使い続けていくうちに意識しないでも発音できるようになります。

あまり注目されない発音ですが、
この発音を覚えると、少しはネイティブに近い英語になるので、ぜひ練習してみてください。

posted by 英語ハナシタイ at 15:01 | Comment(1) | TrackBack(0) | 発音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月17日

scheduleとaskedの発音


「schedule」と「ask」の過去形「asked」の発音を聞いていると、
たまに違和感を覚えるときがあります。

それぞれ以下のように聞こえるときがあるのです。

schedule -> シェジュール
asked -> アストゥ


さっそく調べてみたところ、
scheduleはイギリス英語とアメリカ英語で発音が異なるそうです。

イギリス英語 シェジュール
アメリカ英語 スケジュール


発音記号をみると「ジュ」のとこも微妙に違うのですが、
どう違うかはよくわかりません。

次にaskedですが、
これも地方によって発音が異なるようです。
(アメリカとイギリスの違いではないみたい)

「アスクトゥ」もしくは「アストゥ」

またこれを調べているときに面白い話を見つけました。
「ask」を「アクス(aks)」と発音する方がいるようです。
主にアメリカに住む黒人に多いらしいのですが、
本来正しい英語ではないようです。

YouTubeで関連する動画がありました。
http://www.youtube.com/watch?v=nlWOu9FHm-I

日本語でいうと「ふんいき」が「ふいんき」になってしまったのに似てますね。

posted by 英語ハナシタイ at 13:59 | Comment(1) | TrackBack(0) | 発音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月25日

「L」と「R」の発音について


英語の発音の1つ「L」と「R」についてです。
多くの日本人が聞き取りを苦手としています。

まず発音ですが、

「L」は舌先を上の歯の下につけてから発音するのに対し、
「R」は舌先を丸めて奥の方にひっこめながら発音します。

ただ、この2つは発音できても、聞き取りができないという方も
多いのではないでしょうか?

私も1つの単語だけで発音してもらうと、聞き分けができるのですが、
文章の流れのなかで言われると、ほとんど聞き取れません。

で、最近思うようになったのですが、別に「L」と「R」が聞き分けられなくても
いいのではないか?ということです。

要は前後の文章(文脈・背景:context)で、
その単語を判断すればよいのです。

例えば

 I turned off the light.
 (電気を消しました。)

この文の「light」ですが、
文脈からして「right」でないことはわかります。
「light」と「right」の聞き分けができなくても判断できるのです。

日本語にも発音が類似しているものがあります。
それは「お」と「を」です。

この2つですが、1音だけであれば聞き取れますが、
仮に文章の形で「英語を勉強する」を「英語お勉強する」と言われれば、
日本人でさえ気づくのは難しいのではないでしょうか?

というわけで、別に「L」と「R」が聞き取れなくてもいいと思うようになりました。
逆に文脈で判断できるようになれば、自然と違いも分かるようになるのではないでしょうか?
(結果は後からついてくる説)

posted by 英語ハナシタイ at 23:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 発音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月03日

patternとmultiの発音


最近ですが、
patternの発音が日本語で言う「パターン」と違うことに気づきました。

発音記号が打てないので、ここに書けませんが、
無理やりカタカナで書くと、

 「パトゥン
 
のように聞こえます。

日本人からすると「パターン」で身についてしまってるので、
会話の中で出てくると、なかなかピンときません。


同様にmultiも、

 「マルタイ
 
と発音します。
こちらは「マルティ」でも可能ですが、
「マルタイ」と発音する方が多い気がします。

今勉強してるフルハウスでも、

 multicolored
 (多色の)
 
を「マルタイ・カラード」と発音してました。

但し、単語によっては、「マルティ」と発音するものもあります。
例えばmultiple(多種多様の、倍数の)は「マルティプル」
と発音します。

発音をカタカナで書くのは心苦しいですね。。


posted by 英語ハナシタイ at 09:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 発音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月17日

発音オススメ本「オバケの英語」


友人から貸してもらった本なのですが、
とても面白かったので、ちょっと紹介したいと思います。

タイトルは

 「オバケの英語
 
 


最初なんだこりゃと思ったのですが、ずばり発音が上達する本です。

内容は、アメリカに渡った英語のできない日本人が、
黒人のオバケに発音のレッスンを受けて、成長していくというものです。

今までの教材とはちょっと違って、
物語っぽくなっているので、英語抜きにしても普通に面白いです。
日本人はなぜアメリカに渡ったのか?オバケの過去は?など読んでて
先が気になります。

著者は明川哲也さんとグレイグ・ステファンさんの共著で、
明川さんは「叫ぶ詩人の会」のドリアン助川さんとして有名です。

発音の練習法など、今までにない教え方で教えてくれるので、
発音に悩んでる方は読んでみてはいかがでしょうか?


posted by 英語ハナシタイ at 11:49 | Comment(2) | TrackBack(0) | 発音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月26日

mostとpostの発音

最上級などで使うmostや、「郵便」という意味のpostという単語ですが、
どのように発音してますか?

「モスト」や「ポスト」と発音してる方もかなりいると思いますが、
正しい発音は「モウスト」「ポウスト」です。
発音記号で書くと

 「moust」
 「poust」


です。

特にpostは日本語にもなっているのでポストと発音しがちですが、
母音が「ou」となります。

このように日本語化してる単語は多くあり、
本来の発音と異なってしまっているものが結構あります。

正しい発音で話せるようにするには、
単語を覚えるときに発音記号も一緒に覚えるといいでしょう。

発音記号を覚えることにより、
初めてみる単語でも、なんとなくどのように発音するかがわかってきます。

単語を覚えると共に、実際の発音もよくなるので一石二鳥ですよ。

自分も単語を発音記号を見ながら覚えていたので、
会話表現は乏しいくせに、発音はいいとよく言われます。

ところで発音記号を入力したいのですが、入力がめんどっちい。。


posted by 英語ハナシタイ at 00:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 発音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月09日

wantとwon'tの発音


wantとwon'tの発音ですが、両者とも似ているので判別がとても難しいです。

カタカナで書いてしまうとwantは「ウォント」、won'tは「ウォゥント」のように
won'tの方の母音は「オウ(ou)」となります。

が、しかしゆっくり発音してもらうと区別は付くのですが、
文章の流れの中で早く言われてしまうと全然わかりません。

例えば、

 I want to eat chicken.
 (私はチキンを食べたい)
 
 I won't eat chicken.
 (私はチキンを食べない)

のように発音によっては、全く正反対の意味になってしまいます。
(wantの「t」とtoの「t」が結合して、「t」が一度しか聞こえないため余計わからない!)

そこで、またしても知り合いの外国人に聞いてみました。

するとwantとwon'tは「walk」と「work」の発音の違いに似てるそうです。

発音記号的にはちょっと違うのですが、なんとなくニュアンスはわかります。
で、何回か発音してもらった結果、勝手に以下のように解釈しました。

want
・比較的、口を大きく開ける(開けた音)。
・聞こえようによっては「ウァント」と聞こえる。もしくは「ァ」と「ォ」の中間。


won't
・口をつぼめて発音する(閉じた音)。
・聞こえようによっては「ゥント」と聞こえる。
・多分「ou」の「u」を発音しようとするがために、口の開きが自然に小さくなる。


またインターネットで検索すると、

 「wantは口を横に開き、won'tは口を縦に開く」

なんていう情報もありました。

ちなみに「won't」ではなく「will not」 は使わないのか聞いてみたところ、
ネイティブはあまり使わないそうです。

でも、ネイティブでない我々は誤解を防ぐためにも「will not」を
使ってもいいかもしれませんね。

posted by 英語ハナシタイ at 00:47 | Comment(1) | TrackBack(1) | 発音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月01日

「n」の発音

パンは英語で「bread」と言います。
日本語のパンという言葉は、ポルトガル語からきた外来語です。

さて、小さいロールパンを「bun」と言うのを知ってますか?

ちょっと、この単語を使ってみたく、無理やり

 I had a bun this morning.
 (朝、パンを食べました。)

と外国人に言ってみました。

しかし、なかなか理解してくれず、
「bun」だけ連呼してようやくわかってくれました。

どうやら「bun」を言った後に口を閉じてしまったがために、
「bum(怠け者。。)」と聞こえたそうです。

自分でも気づかず、「n」を言ったあとに無意識に口を閉じてしまってたようです。

「n」を発音する際 (特に「n」で終わる単語のとき) は、
唇を上の歯に一度つけて、少しして離します。(口は閉じない)


なので、ネイティブが発音すると最後に唇を離したときの音「ンヌ」が
聞こえるときがあります。

例えば、「bun」だと「バンヌ」

慣れるとこの「ンヌ」が気持ちよくなって来るので何回も練習しましょう。

余談ですが、
「bread」は不加算名詞なので、数えるときは以下のようにします。

 a loaf of bread
 (食パンのつながった長ーいやつ)
 
 a slice of bread
 (食パンの1切れ)


posted by 英語ハナシタイ at 21:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 発音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月29日

widthの発音

「width」

これも発音に迷っていたものの1つ。

「ウィドゥス」でいいの?

これまた聞いてみたところ、発音は「with」に近いようです。

 つまり「ウィズ」とほぼ一緒。

ただ「width」の「d」を少ーしだけ発音するようです。

「ウィドゥス」の「ドゥ」を聞こえるか聞こえないかくらいで発音する。
これまた難しい。。


posted by 英語ハナシタイ at 10:31 | Comment(0) | 発音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

clothesとmonthsの発音


次の英語の発音わかりますか?
「clothes」「months」。

「th」で終わる英語の複数形の発音ですが、
いつもどのように発音するか疑問に思っていました。

「クローズズ?」「マンスズ?」
どちらもしっくりきません。
英語の発音にしては不自然です。

ネイティブが発音するのを聞いてると、
「クローズ」「マンツ」のように「th」が抜けて聞こえます。

そこで知り合いの外国人に聞いてみたところ、
かすかに「th」を発音するようです。
舌をかむように「th」を発音したあと、そのまま「ズ」とか「ツ」とか
発音するようです。

つまり、強引に書くと「クローthズ」「マンthツ」のようになるらしいのですが、
これが発音するのが難しい。。

聞いてる方も聞き取れないくらいなので、
あまり気にしなくていいかもしれません。。

--2010/5/20 追記

今日NHKラジオの実践ビジネス英語を聞いてると、
monthsの発音に触れていました。

講師の杉田敏先生いわく
通常は「th」を発音せずに「マンツ」でいいそうです。

なのでclothesも「クローズ」でいいかもしれません。


但し「ズ」を発音した後に、
舌の真ん中を離すときに「トゥ」と発音してしまうと、
「closed」に聞こえてしまう場合があるので注意が必要です。

--2011/3/3 追記
関連記事
cloth, clothes, clothingの違い

posted by 英語ハナシタイ at 23:46 | Comment(0) | 発音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


  宜しければクリックをお願い致します。
  モチベーション下がったときの励みになります。
 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 記事一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他