全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2012年03月27日

英語の発音に重要な「あいまい母音」


英語の発音を練習するとき、
まず意識するのが「R」の発音、「th」の発音、「f」の発音などでしょう。

しかし意外に重要なのがaimai.pngの「あいまい母音」です。
この発音記号はタイプできなかったので、画像で恐縮ですが、
アルファベットの「e」を左右逆にしたものです。
「シュワー」とも呼ばれるようです。

一般的にこの記号の発音方法は、
自然な口構えで「ア」「イ」「オ」「エ」でもないあいまいな音を出すと言われてます。

たまに日本人で英語が話せる人の発音は、非常にハッキリしていることがあります。
とてもクリアな発音で聞き取りやすいのですが、
やはりネイティブの発音と比べると何か違います。

あくまで個人的な意見ですが、この違いはaimai.pngの発音にある気がします。
とてもクリアに発音するより、
少し発音をあいまいにした方が英語っぽくなると思うのです。

この発音は、例えば以下のような英語に使われています。
発音記号はタイプできなかったので、オンライン英和辞書などで確認してみてください。
※太字がaimai.pngが発音される箇所

 famous
 tradition
 better
 travel
 japan

では、どのように発音するかというと、
これまた個人的な考えですが、
aimai.pngの記号の箇所は、なるべく何も発音しないように努力してみましょう。

もしくは口を動かさないで小さい声で「ゥ」の発音にしてみましょう。
日本語の「ウ」と違い、口をすぼめないで控えめに「ウ」です。
但し、あまり「ウ」を強調すると変な発音になってしまうので注意です。

例えば「famous」だと、
カタカナで恐縮ですが「フェイマス」が「フェイムス」みたいになると思います。
「tradition」も「トラディション」が「トルディシュン」みたいに。

aimai.pngを発音しないようにすると自然と上記のような発音になると思います。
最初のうちは慣れませんが、
使い続けていくうちに意識しないでも発音できるようになります。

あまり注目されない発音ですが、
この発音を覚えると、少しはネイティブに近い英語になるので、ぜひ練習してみてください。

posted by 英語ハナシタイ at 15:01 | Comment(1) | TrackBack(0) | 発音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月17日

scheduleとaskedの発音


「schedule」と「ask」の過去形「asked」の発音を聞いていると、
たまに違和感を覚えるときがあります。

それぞれ以下のように聞こえるときがあるのです。

schedule -> シェジュール
asked -> アストゥ


さっそく調べてみたところ、
scheduleはイギリス英語とアメリカ英語で発音が異なるそうです。

イギリス英語 シェジュール
アメリカ英語 スケジュール


発音記号をみると「ジュ」のとこも微妙に違うのですが、
どう違うかはよくわかりません。

次にaskedですが、
これも地方によって発音が異なるようです。
(アメリカとイギリスの違いではないみたい)

「アスクトゥ」もしくは「アストゥ」

またこれを調べているときに面白い話を見つけました。
「ask」を「アクス(aks)」と発音する方がいるようです。
主にアメリカに住む黒人に多いらしいのですが、
本来正しい英語ではないようです。

YouTubeで関連する動画がありました。
http://www.youtube.com/watch?v=nlWOu9FHm-I

日本語でいうと「ふんいき」が「ふいんき」になってしまったのに似てますね。

posted by 英語ハナシタイ at 13:59 | Comment(1) | TrackBack(0) | 発音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月25日

「L」と「R」の発音について


英語の発音の1つ「L」と「R」についてです。
多くの日本人が聞き取りを苦手としています。

まず発音ですが、

「L」は舌先を上の歯の下につけてから発音するのに対し、
「R」は舌先を丸めて奥の方にひっこめながら発音します。

ただ、この2つは発音できても、聞き取りができないという方も
多いのではないでしょうか?

私も1つの単語だけで発音してもらうと、聞き分けができるのですが、
文章の流れのなかで言われると、ほとんど聞き取れません。

で、最近思うようになったのですが、別に「L」と「R」が聞き分けられなくても
いいのではないか?ということです。

要は前後の文章(文脈・背景:context)で、
その単語を判断すればよいのです。

例えば

 I turned off the light.
 (電気を消しました。)

この文の「light」ですが、
文脈からして「right」でないことはわかります。
「light」と「right」の聞き分けができなくても判断できるのです。

日本語にも発音が類似しているものがあります。
それは「お」と「を」です。

この2つですが、1音だけであれば聞き取れますが、
仮に文章の形で「英語を勉強する」を「英語お勉強する」と言われれば、
日本人でさえ気づくのは難しいのではないでしょうか?

というわけで、別に「L」と「R」が聞き取れなくてもいいと思うようになりました。
逆に文脈で判断できるようになれば、自然と違いも分かるようになるのではないでしょうか?
(結果は後からついてくる説)

posted by 英語ハナシタイ at 23:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 発音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月03日

patternとmultiの発音


最近ですが、
patternの発音が日本語で言う「パターン」と違うことに気づきました。

発音記号が打てないので、ここに書けませんが、
無理やりカタカナで書くと、

 「パトゥン
 
のように聞こえます。

日本人からすると「パターン」で身についてしまってるので、
会話の中で出てくると、なかなかピンときません。


同様にmultiも、

 「マルタイ
 
と発音します。
こちらは「マルティ」でも可能ですが、
「マルタイ」と発音する方が多い気がします。

今勉強してるフルハウスでも、

 multicolored
 (多色の)
 
を「マルタイ・カラード」と発音してました。

但し、単語によっては、「マルティ」と発音するものもあります。
例えばmultiple(多種多様の、倍数の)は「マルティプル」
と発音します。

発音をカタカナで書くのは心苦しいですね。。


posted by 英語ハナシタイ at 09:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 発音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月17日

発音オススメ本「オバケの英語」


友人から貸してもらった本なのですが、
とても面白かったので、ちょっと紹介したいと思います。

タイトルは

 「オバケの英語
 
 


最初なんだこりゃと思ったのですが、ずばり発音が上達する本です。

内容は、アメリカに渡った英語のできない日本人が、
黒人のオバケに発音のレッスンを受けて、成長していくというものです。

今までの教材とはちょっと違って、
物語っぽくなっているので、英語抜きにしても普通に面白いです。
日本人はなぜアメリカに渡ったのか?オバケの過去は?など読んでて
先が気になります。

著者は明川哲也さんとグレイグ・ステファンさんの共著で、
明川さんは「叫ぶ詩人の会」のドリアン助川さんとして有名です。

発音の練習法など、今までにない教え方で教えてくれるので、
発音に悩んでる方は読んでみてはいかがでしょうか?


posted by 英語ハナシタイ at 11:49 | Comment(2) | TrackBack(0) | 発音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


  宜しければクリックをお願い致します。
  モチベーション下がったときの励みになります。
 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 記事一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他