全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2017年09月09日

「イライラする」を英語で


「イライラする」は英語で、

 irritate
 annoy


などを使います。

2つとも受け身の形で使います。

 be irritated
 be annoyed


「get」と組み合わせて使う場合もあります。

 get irritated
 get annoyed


「irritate」と「annoy」の違いですが、
英語の掲示板のよると以下の意見がありました。

・annoyは意図的な行為によるイライラ
・irritateの方が強いイライラ
・irritateの方が継続的なイライラ
・annoyは人によるイライラ、irritateはモノによるイライラ(比較的に)


みんな明確な違いはよくわからないみたいです。

「irritate」「annoy」以外には、
「frustrate」なんていう英語もあります。
日本語の「フラストレーション」にもなった単語です。

使い方も似ていて、

 be frustrated
 get frustrated


のように使います。


posted by 英語ハナシタイ at 16:17 | Comment(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月05日

「出張中」を英語で


職種にもよりますが、仕事で頻繁に出張する人もいるかと思います。
「出張する」というのは英語で、

 go on a business trip
 make a business trip


などと表現します。

次に「出張中」ですが、

 on a business trip

を使います。

英語の例文です。

 He's on a business trip.
 (彼は出張中です。)

電話の応対などでも使えますね。

ちなみに出張ではなく「転勤」の場合は、
「transfer」を使います。

 He was transferred to Osaka.
 (彼は大阪に転勤になりました。)

受け身で使います。

「転勤する」には「relocate」という英語もあるようです。


posted by 英語ハナシタイ at 11:17 | Comment(1) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月03日

「すし詰め状態で」を英語で


日本の電車は混むことで有名ですが、
朝の通勤ラッシュ時はものすごいことになっています。

日本語では「すし詰め状態」とよく言いますが、
英語では、以下のような表現があります。

 be packed like sardines

以下のように使います。

 I was packed like sardines.
 (すし詰め状態でした。)

「sardine」は魚の「イワシ」のことです。
イワシの缶詰のようにギュウギュウに詰まってるから、
このような表現になったみたいです。

また「pack」は「詰める」が原義であり、
「be packed」の形で「詰まった」という意味になります。
「jam-packed」という「ぎゅうぎゅう詰めの」という英語もあります。

なお、

 be packed in like sardines

のように「in」を付与したり、
「packed」を「squashed」という英語にする場合もあるようです。

 be squashed like sardines

「squash」は動詞で「押しつぶす」「ぺちゃんこにする」という意味があります。
スポーツのスカッシュと同じ単語です。


posted by 英語ハナシタイ at 18:42 | Comment(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月02日

「とても疲れた」を英語で


英語で「疲れた」は、

 be tired

です。

例えば「とても疲れた」は、

 I'm very tired.

とします。

ただ、疲労困憊というレベルの場合、

 be exhausted

という英語表現もあります。

「exhausted」は「tired」より疲労度が重い場合に使われます。

疲れて動けないくらいの状態のときは、

 very very tired

と言うより、

 I'm completely exhausted.

などと表現してみましょう。


posted by 英語ハナシタイ at 13:46 | Comment(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月10日

「避難する」を英語で


ここ数年、災害に対する意識が向上していますが、
外国からの観光客は地震や台風など日本の災害に慣れていません。、
もし災害に出会って不安になっている外国人がいたら、
英語でコミュニケーションをとって助けてあげたいところです。

さて、英語で「避難する」は、

 evacuate

と言います。

英語の例文です。

 We evacuated from the building.
 (我々はその建物から避難した。)

自動詞としても使えます。

 We evacuated.
 (我々は避難した。)

また「evacuate」以外に以下の英語表現もあります。

 take cover from 〜
 (〜から避難する)

これは「隠れる」「身を守る」という意味もあります。

Mr.Bigの曲で「take cover」というのがあります。
これは上記の表現を使ったもので、

 I wanna take cover from you
 (あなたから逃れたい)

という歌詞があります。

最後に余談ですが、「避難訓練」は英語で、

 fire drill

と言います。
外国では地震より火災に対する避難訓練のようで、
「fire」という言葉が使われています。

「drill」は算数ドリルとかと同じ使い方です。
「反復して教え込む」ことから来ています。
穴をあける「ドリル」が反復して穴をあけるからでしょうか??


posted by 英語ハナシタイ at 19:06 | Comment(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


  宜しければクリックをお願い致します。
  モチベーション下がったときの励みになります。
 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 記事一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他