全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2016年07月02日

「時代遅れ」を英語で


今回は「時代遅れ」を英語でどのように表現するかまとめてみました。

以下のような単語があります。
・old-fashioned
・obsolete
・out-of-date
・unfashionable
・outdated
・out of fashion
・archaic


正直似たような英語が多く、
ネットで調べてもみんな混乱しているようでした。
意見も様々で、使い分けを正確に把握するのは難しそうです。

いくつかあった意見では、

・old-fashionedは、ときにポジティブな意味で使われる。
 (他のunfashinableやoutdatedなどは主にネガティブに使用)

・old-fashionedは、かなり昔に流行ったものに使われる。(時代を感じさせる)
 (一方unfashionableは今流行でない場合など。)

・unfashionableは、昔流行ったとは限らない。
 (服装に関してはダサいという訳もあり)

・obsoleteは「廃れた」という意味で、今ではほとんど見かけない。
 新しいものに置き換わっていたりする。
 (他の単語は時代遅れだけど、見かけたりはする。)

・archaicは、old-fashionedに近い。
 (あまり見かけない単語なので、使用頻度は低いと思います。)

・最新式のものが出てきたら、それ以前のものはoutdatedになる。
 (時代の古さは関係なし)

などなどです。

なかなか使い分けるのは大変そうですね。
また服装に対して使うと意味合いが違ってくるのかもしれません。


posted by 英語ハナシタイ at 09:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月24日

「水に溶ける」を英語で


塩や砂糖、味噌などが水に「溶ける」というのを、
英語で表現する場合、

 dissolve

という単語を使います。

「dissolve」は他動詞で「溶かす」、
自動詞で「溶ける」という意味があります。

英語の例文です。

 Salt dissolves in water.
 (塩は水に溶けます。)

 Miso dissolves in hot water.
 (味噌はお湯に溶けます。)


「dissolve」に似た英語として「melt」というのもありますが、
これは熱や圧力など外部の力によって個体が液体に融ける(融解する)場合に使います。
雪やアイスなどが熱で溶ける(融ける?)ときなどが該当します。

dissolve
・水に溶ける。
・外部の力は必要なし

melt
・外部の力(熱や圧力)によって個体が液体に変わる


最後に「dissolve」の「溶ける」以外の使い方ですが、
議会が「解散する」ときなども使えます。

 dissolve the Lower House
 (衆議院を解散する)


ちなみにモニターやカメラの「解像度」は
「dissolution」と思いきや、そうではなく「resolution」です。


posted by 英語ハナシタイ at 18:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月05日

「乗り越える・乗り切る」を英語で


困難などを乗り越えたとき、以下のような英語表現を使います。

 get over 〜
 get through 〜


どちらも「〜を乗り越える」「〜を乗り切る」などの意味があります。

英語の例文です。

 He got over his illness.
 (彼は病気を乗り越えた。)

 We need to get through the financial crisis.
 (我々は金融危機を乗り越えなければならない。)
 
ちなみにイーグルスの「get over it」という曲があります。
これも「困難を乗り越えろ!」という意味で使われています。



英語のネット掲示板で調べたところ、
「get over」と「get through」には使い方に違いがあるらしいです。


get over

病気や精神的な困難を乗り越える。

どちらかというと「立ち直る」に近いそうです。
立ち直った後は、もう過去のことは影響してません。


get through

こちらは上記(get over)以外という感じでしょうか。

例えば、仕事が忙しかったり、猛暑など厳しい季節、経済的な困難などを乗り換える場合です。
それ相応の努力が必要です。
乗り越えた後にもトラウマが残ったりすることもあります。


2つとも切り分けがあいまいなところもありますが、
複数の人がこのような違いに言及されていました。

なお「get through」に似た英語表現に「go through」がありますが、
困難を「経験する」という意味です。


posted by 英語ハナシタイ at 16:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月22日

「どんな具合ですか?」を英語で


今回は体調がよくなさそうな人に対して、
どんな具合かを尋ねる英語表現です。

以下のような英語になります。

 How do you feel?
 (どんな具合ですか?)

 How are you feeling?
 (同上)

尋ね方として上記2パターンがありますが、
どちらでも構いません。

ただ「How do you feel?」の方は、
もう少し広い意味でも使えます。
体調だけでなく、意見や感想を聞くときにも使えます。

一方「How are you feeling?」は、
主に体調不良の人に対して使います。

例えば、前日体調不良で会社を休んだ人が、今日出社してきたら、

 How are you feeling today?
 (今日の体調はどうですか?)

のように声をかけます。


posted by 英語ハナシタイ at 11:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月17日

「名前が聞き取れませんでした」を英語で


外国人の名前はなかなか聞き取りにくいものです。

聞き取れたとしても数分後に忘れちゃったなんてことないでしょうか?
私はしょっちゅうです。

さて今回は名前が聞き取れなかったことを英語で表現してみましょう。

では英語の例文です。

 I didn't catch his name.
 (彼の名前が聞き取れませんでした。)

言ったことが聞き取れなかったときは「catch」を使います。

例えば、

 I didn't catch what she said.
 (彼女が言ったことが聞き取れなかった。)

 Did you catch that?
 (聞き取れましたか?)

のように使えます。

なお「聞き取れない」ということから、

 I couldn't catch 〜.

と「couldn't」を使ってしまいがちですが、
「didn't」を使うのが普通みたいです。


posted by 英語ハナシタイ at 22:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月15日

「一緒に来る?」を英語で


どこかへ行くときに友達に一緒に来るか尋ねたい場合、
以下のような英語表現を使います。

 Do you want to come with me?
 (一緒に来る?)

 Do you want to come with us?
 (同上)

「want」を使っているので、

 「一緒に来たいか?

と訳すと少し横柄に感じますが、そんなことはなく
お誘いや意志確認の英語表現としてよく使われます。

「come along」を使っても同じ意味になります。

 Do you want to come along?

「come along」自体は「一緒に来る」という意味があります。

何かイベントに参加するか尋ねるときは、同じような感じで、

 Do you want to join us?
 (一緒に参加しますか?)

という風に使えます。

外国ではよく上記表現で誘われたりします。

あまり興味がなかったり気分が乗らなくて断ると、
「なぜこないんだ?」的な感じで聞かれたりします。
理由もないのに断るのが不思議みたいです。

断るのもなかなか難しいものです。


posted by 英語ハナシタイ at 20:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月05日

「席を詰めてください。」を英語で


「席を詰めて」と言いたくても英語では
なかなか適切な表現がでてこないかもしれません。

最近見た映画で2回ほど使われていた表現があったので紹介します。
以下の表現です。

 move over
 (席詰めて)

これで「席を詰める」「席を譲る」という意味になります。

単に「move over」というと「席詰めて」とやや命令形になるので、
もし知らない人にお願いするときは以下のように丁寧に表現しましょう。

 Could you move over?
 (席を詰めていただけますか?)

 Please move over a bit.
 (少し席を詰めていただけますか?)

他にも表現はあるみたいですが、
ちょっと調べたところ、
一般的によく使われる英語表現みたいです。


posted by 英語ハナシタイ at 19:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月17日

「昼寝/うたた寝をする」を英語で


「昼寝」は英語で、

 nap

という単語を使います。

「nap」は「うたた寝する」「仮眠をとる」などの意味がありますが、
「昼寝をする」という意味でもよく使われます。

では、英語の例文です。

 I'll take a nap.
 (昼寝をします。)

だいたい「take」と組み合わせて、

 take a nap

のように使います。

「nap」は数えられないように思えますが、
可算名詞ですので「a」が必要です。
「ひとねむり」という感じなのかもしれません。

頭がカックンカックンしていつの間にか寝ちゃってた場合など、
夜の就寝以外に使えますので、覚えておくとよいと思います。


posted by 英語ハナシタイ at 10:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月10日

「電子レンジでチンする」を英語で


日本では電子レンジで食べ物を温めるとき、
「チンする」と言いますが、
英語ではどのように表現するのでしょうか?

英語では以下の単語があります。

 microwave

この単語は「マイクロ波」「電子レンジ(microwave oven)」などの意味がありますが、
動詞で使うと「電子レンジで調理する」という意味になります。

英語の例文です。

 All I have to do is microwave it.
 (電子レンジで温めればいいんだな。)

また名詞で使って「put 〜 in the microwave」のようにも使えます。

 Put this in the microwave.
 (これを電子レンジでチンしてください。)

その他、以下のような英語表現も使います。

 Warm it up (in the microwave).
 (それを電子レンジで温めてください。)

 Nuke it (in the microwave).
 (同上)

状況にもよりますが、
いずれも「in the microwave」は省略しても通じるみたいです。

「nuke」は「核兵器」「原子力」という意味ですが、
動詞で「電子レンジで調理する」という意味もあります。

電子レンジは分子を振動させて物を温めるので、
「原子力」を意味する「nuke」へ派生したのかもしれません。


posted by 英語ハナシタイ at 10:08 | Comment(2) | TrackBack(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月06日

「別の電話に出ています」を英語で


誰か宛に電話がかかってきたけど、別の電話に出ててつなげない場合、
英語では以下のように表現します。

 He is on another line.
 (彼は他の電話に出ています。)

「on another line」で「他の電話にでている」という意味になります。
また「line」は「電話線」の意味があります。
「phone」や「call」の代りによく使われます。

「line」は「phone」や「call」になることもあります。

 on another phone
 on another call


類似の英語表現としては以下のようなものもあります。

 His line is busy.
 (彼は他の電話に出ています。)

「回線が忙しい」という言い方ですね。

ちなみに「(電話を切らずに)少々お待ちください」には
以下の英語表現があります。

 Hold the line, please.
 ((電話を切らずに)少々お待ちください)


posted by 英語ハナシタイ at 15:45 | Comment(1) | TrackBack(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


  宜しければクリックをお願い致します。
  モチベーション下がったときの励みになります。
 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 記事一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他