全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2016年05月05日

「席を詰めてください。」を英語で


「席を詰めて」と言いたくても英語では
なかなか適切な表現がでてこないかもしれません。

最近見た映画で2回ほど使われていた表現があったので紹介します。
以下の表現です。

 move over
 (席詰めて)

これで「席を詰める」「席を譲る」という意味になります。

単に「move over」というと「席詰めて」とやや命令形になるので、
もし知らない人にお願いするときは以下のように丁寧に表現しましょう。

 Could you move over?
 (席を詰めていただけますか?)

 Please move over a bit.
 (少し席を詰めていただけますか?)

他にも表現はあるみたいですが、
ちょっと調べたところ、
一般的によく使われる英語表現みたいです。


posted by 英語ハナシタイ at 19:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月17日

「昼寝/うたた寝をする」を英語で


「昼寝」は英語で、

 nap

という単語を使います。

「nap」は「うたた寝する」「仮眠をとる」などの意味がありますが、
「昼寝をする」という意味でもよく使われます。

では、英語の例文です。

 I'll take a nap.
 (昼寝をします。)

だいたい「take」と組み合わせて、

 take a nap

のように使います。

「nap」は数えられないように思えますが、
可算名詞ですので「a」が必要です。
「ひとねむり」という感じなのかもしれません。

頭がカックンカックンしていつの間にか寝ちゃってた場合など、
夜の就寝以外に使えますので、覚えておくとよいと思います。


posted by 英語ハナシタイ at 10:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月10日

「電子レンジでチンする」を英語で


日本では電子レンジで食べ物を温めるとき、
「チンする」と言いますが、
英語ではどのように表現するのでしょうか?

英語では以下の単語があります。

 microwave

この単語は「マイクロ波」「電子レンジ(microwave oven)」などの意味がありますが、
動詞で使うと「電子レンジで調理する」という意味になります。

英語の例文です。

 All I have to do is microwave it.
 (電子レンジで温めればいいんだな。)

また名詞で使って「put 〜 in the microwave」のようにも使えます。

 Put this in the microwave.
 (これを電子レンジでチンしてください。)

その他、以下のような英語表現も使います。

 Warm it up (in the microwave).
 (それを電子レンジで温めてください。)

 Nuke it (in the microwave).
 (同上)

状況にもよりますが、
いずれも「in the microwave」は省略しても通じるみたいです。

「nuke」は「核兵器」「原子力」という意味ですが、
動詞で「電子レンジで調理する」という意味もあります。

電子レンジは分子を振動させて物を温めるので、
「原子力」を意味する「nuke」へ派生したのかもしれません。


posted by 英語ハナシタイ at 10:08 | Comment(2) | TrackBack(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月06日

「別の電話に出ています」を英語で


誰か宛に電話がかかってきたけど、別の電話に出ててつなげない場合、
英語では以下のように表現します。

 He is on another line.
 (彼は他の電話に出ています。)

「on another line」で「他の電話にでている」という意味になります。
また「line」は「電話線」の意味があります。
「phone」や「call」の代りによく使われます。

「line」は「phone」や「call」になることもあります。

 on another phone
 on another call


類似の英語表現としては以下のようなものもあります。

 His line is busy.
 (彼は他の電話に出ています。)

「回線が忙しい」という言い方ですね。

ちなみに「(電話を切らずに)少々お待ちください」には
以下の英語表現があります。

 Hold the line, please.
 ((電話を切らずに)少々お待ちください)


posted by 英語ハナシタイ at 15:45 | Comment(1) | TrackBack(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月28日

「平均して」を英語で


「平均」は英語で、

 average

というのはほとんどの方がご存知だと思います。

これを「平均して〜」と言いたい場合、

 on average

を使います。

英語の例文です。

 I sleep for 6 hours a day on average.
 (私は一日平均6時間寝ます。)

「on average」は「on the average」でもいいようです。

ちなみに「average」の類義語に「mean」があります。

「mean」と言えば「意味する」「意地悪な」という
意味で知られていますが、「平均」「中間」という意味もあります。
(「意味する」「意地悪な」「平均」はスペルは同じだが全て異なる単語)

「mean」は「average」とほぼ同じ意味ですが、
数学の世界で使われることが多い単語です。
日常では「average」が使われます。

なお「median」という英語もありますが、
これは「中央値」という意味です。

例えば、2,4,9,10,23という数字があったら、
「9」が「median」になります。


posted by 英語ハナシタイ at 10:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月21日

「インフルエンザにかかりました」を英語で


最近インフルエンザが猛威をふるいっていますが、
今回はインフルエンザに関する英語表現です。

「インフルエンザ」は英語で、

 influenza
 the flu


と言います。

「influenza」の場合は「the」はつきません。
病気の名前に関しては、その病気によって冠詞(a、the)がついたり、
無冠詞になったりします。

冠詞が使えるルールブック」によると、重い病気、子供の病気、アレルギー症状の病気は無冠詞になるらしいです。



なお「flu」は「influenza」の省略形ですが、
こちらの場合は「the」がつきます。
(イギリスでは「the」をつけなくてもよいという情報あり)

「influenza」と「flu」の使い分けですが、
通常は「flu」を使うことが多いです。

あとはインフルエンザにはA型、B型、C型がありますが、
この場合は、

 influenza A
 influenza B
 influenza C


サブタイプの場合は、

 Asian flu(アジアかぜ)
 H1N1 flu(H1N1型)
 H3N2 flu(H3N2型)


のように使い分けたりするみたいです。

次にインフルエンザにかかった場合の英語表現です。
下記のような表現があります。

 catch the flu
 have the flu
 come down with the flu
 get the flu


英語の例文です。

 I caught the flu.
 (私はインフルエンザにかかりました。)

 I have the flu.
 (私はインフルエンザにかかっています。)

 I come down with the flu.
 (私はインフルエンザにかかりました。)

 I got the flu.
 (私はインフルエンザにかかりました。)

「have the flu」は既にかかっているとき、
「catch the flu」はかかりはじめたときに
使います。

「come down with the flu」と「get the flu」は、
「catch the flu」に近い感じでしょうか。

「come down with 〜」は伝染病の病気にかかったときに使います。

ちなみに「感染した」と言いたい場合、

 be infected with the flu.

ではなく、

 be infected with the flu virus.

だよ、って言ってる人が1人いました。

とにかくインフルエンザにはかかりたくないものですね。
今回の英語も使う機会がなければいいのですが。。


posted by 英語ハナシタイ at 17:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月13日

「楽しんでください/楽しみましたか?」を英語で


「楽しむ」は以下3つの英語表現を使うことが多いです。

 have a good time
 have fun
 enjoy 〜


英語の例文です。

 Have a good time!
 (楽しんでください。)

 Have fun!
 (同上)

 Enjoy yourself!
 (同上)

 Did you have a good time?
 (楽しみましたか?)

 Did you have fun?
 (同上)

 Did you enjoy yourself?
 (同上)

表題の意味で使う場合は、
上記3種類の表現にさほど差はないそうです。

しいて言うなら、「enjoy」はややフォーマルだそうです。
でもほとんど差はないそう。

あと「Enjoy your meal!」のように相性がよい組み合わせというのはあるそうです。

気をつけなければいけないのは、
「enjoy」は目的語が必要だということです。

 Enjoy it!
 Enjoy yourself!
 Enjoy your time!
 Enjoy the party!


のように「enjoy」の後に目的語が必要です。

いちいち目的語を考えるのが面倒なときは、
「have a good time」や「have fun」を使うのがいいかもしれません。


posted by 英語ハナシタイ at 17:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月11日

「後でわかったことですが」を英語で


「〜がわかる」は英語で、

 turn out

を使ったりします。

例えば、

 It turned out that he quit his job.
 (彼が会社を辞めたことがわかった。)

のように使います。

さて表題の「後でわかったことですが」ですが、
上記に似たような英語表現になります。

 As it turned out, he quit his job.
 (後でわかったことですが、彼は会社を辞めました。)

「As it turned out, 〜」で、
「後でわかったことですが、〜」という意味になります。
「It turned out that 〜」より驚きが強調されています。

この表現はこのまま覚えてしまいましょう。

ちなみに「turn」は、
「回転する」「(明かりなどを)つける」
「ひっくり返る」「曲がる」
などの意味があります。

「回転」に関連する意味が多いのは、
「turn」の原義が「円を描く(器具)」だからです。

「周遊旅行」「巡業」を意味する「tour」も
同じ原義らしいです。

面白い英語に

 page-turner

というのがあります。
これは「面白い本」という意味で、
ページをどんどんめくりたくなることからきています。


posted by 英語ハナシタイ at 10:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月07日

「妥協する」「譲歩する」を英語で


「妥協する」は英語で、

 compromise

と言います。
名詞で「妥協」という意味もあります。

英語の例文です。

 I compromised with him on that matter.
 (その件で私は彼と妥協した。)

「妥協」は「譲歩」と異なるようです。
「妥協」は双方がある一定のラインで合意すること。
どちらが勝ちとか負けとかはありません。

語源「com(共に)」「promise(約束する)」が示すように、
本来二組以上で妥協することなので、
以下のような場合に使うのがふさわしいのかちょっと疑問です。

 私は妥協して安い方の腕時計を買った。

「妥協する」の代りに、
「我慢する」という意味の「tolerate」が適している場合もあります。

「譲歩する」の英語は、

 make a concession to 〜
 (〜に譲歩する)

 concede
 (譲歩する)

などがあります。
「譲歩」は双方が妥協するのではなく、
片方が1歩下がる形になります。

「妥協」「譲歩」などの使い分けは、
あいまいになってるところもあるので、
あまり気にする必要もないかもしれません。

「compromise」を「譲歩」と訳している文献も見られます。

なお「妥協しない」という英語に、

 uncompromising

というのもあります。


posted by 英語ハナシタイ at 13:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月06日

「散歩する」「散歩させる」を英語で


英語で「散歩する」は、

 take a walk

をよく使います。

例えば、

 Let's take a walk.
 (散歩しましょう。)

というように使います。

犬などを散歩させる場合には、

 take 〜 for a walk

を使います。

英語の例文です。

 He is taking the dog for a walk.
 (彼は犬を散歩させている。)

「散歩する」「散歩させる」に関する英語は、
これ以外にもたくさんあります。

・散歩する
 go for a walk
 have a walk
 go walking


・散歩させる
 walk 〜

「walk」は他動詞として使うと、
「〜を散歩させる」「〜を連れていく」という意味になります。

余談ですが、犬を散歩させるときにつなぐ紐(リード)は、

 leash

首輪は

 collar

と言います。


posted by 英語ハナシタイ at 13:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


  宜しければクリックをお願い致します。
  モチベーション下がったときの励みになります。
 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 記事一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他