全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2017年09月02日

「とても疲れた」を英語で


英語で「疲れた」は、

 be tired

です。

例えば「とても疲れた」は、

 I'm very tired.

とします。

ただ、疲労困憊というレベルの場合、

 be exhausted

という英語表現もあります。

「exhausted」は「tired」より疲労度が重い場合に使われます。

疲れて動けないくらいの状態のときは、

 very very tired

と言うより、

 I'm completely exhausted.

などと表現してみましょう。


posted by 英語ハナシタイ at 13:46 | Comment(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月10日

「避難する」を英語で


ここ数年、災害に対する意識が向上していますが、
外国からの観光客は地震や台風など日本の災害に慣れていません。、
もし災害に出会って不安になっている外国人がいたら、
英語でコミュニケーションをとって助けてあげたいところです。

さて、英語で「避難する」は、

 evacuate

と言います。

英語の例文です。

 We evacuated from the building.
 (我々はその建物から避難した。)

自動詞としても使えます。

 We evacuated.
 (我々は避難した。)

また「evacuate」以外に以下の英語表現もあります。

 take cover from 〜
 (〜から避難する)

これは「隠れる」「身を守る」という意味もあります。

Mr.Bigの曲で「take cover」というのがあります。
これは上記の表現を使ったもので、

 I wanna take cover from you
 (あなたから逃れたい)

という歌詞があります。

最後に余談ですが、「避難訓練」は英語で、

 fire drill

と言います。
外国では地震より火災に対する避難訓練のようで、
「fire」という言葉が使われています。

「drill」は算数ドリルとかと同じ使い方です。
「反復して教え込む」ことから来ています。
穴をあける「ドリル」が反復して穴をあけるからでしょうか??


posted by 英語ハナシタイ at 19:06 | Comment(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月26日

「塩をとってください」を英語で


食卓で塩や醤油などを取ってもらいたい場合、
以下の英語表現を使います。

 Could you pass me the salt, please?
 (塩をとってもらえますか?)

「Could you」は「Can you」や「Would you」でもよいです。
これらを付けると表現が丁寧になります。
定番の英語表現ですが、この辺は注意しましょう。

下記のように「Could you」などを省くと、
たとえ「please」が付いていても命令的でやや冷たく聞こえるそうです。

 Pass me the salt, please.

なお今回の表現は調味料だけでなく、
リモコンなどをとってもらうときにも使えます。

 Could you pass me the remote control, please?
 (リモコンをとってもらえますか?)


posted by 英語ハナシタイ at 10:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

「何かお困りですか?」を英語で


2020年の東京オリンピックでは、多くの外国人が来日すると予想されます。
外国と日本のシステムは大きく異なることがあり、
戸惑う方やトラブルに巻き込まれる方もいるでしょう。

そんなときに助けてあげられるようになっておきたいものです。
人が何か困っているときは、以下の英語表現を使って声をかけてあげましょう。

 Do you need some help?
 (何かお困りですか?)

外国へ行った方ならわかると思いますが、
この一言を言ってもらえるだけで、とても嬉しいものです。

なお「some help」は、

 Do you need any help?

のように「any help」とすることもできますが、
あきらかに困ってそうな場合は「some help」が適しています。

「any help」は困ってそうに見えないときなどに使います。
特に問題なさそうだけど「何か困ってることある?」という感じです。

また「help」は不加算名詞ですので、
「a help」とはできません。
よって「some」などを付けましょう。

 Do you need help?

とすることもできますが、少し唐突のようです。

似たような英語表現に、

 May I help you?

というのもありますが、
こちらはややフォーマルで丁寧な表現になります。
よって、店員さんが使うことが多いです。


posted by 英語ハナシタイ at 08:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月10日

「やっておきます」を英語で


日本語の「やっておきます」に近い英語として、
以下の表現があります。

 I'll get it done.

この表現に近いものとして、以下もあります。

 I'll have it done.

両方とも何かが為されることを意味していますが、
上記2つの表現にはやや違いがあります。

まず「I'll get it done」の方ですが、
こちらは自分でやる場合と他人にやらせる場合の両方に使えます。
作業の主体をあまり気にしないときはこちらを使うとよいでしょう。
(なんとなく自分でやる場合に使われることが多い気がしますが。)

対して「I'll have it done」の方は、
他人にやらせる場合に使われます。

もし自分でやることを明確にしたい場合は、

 I'll do it.

などを使えばよいでしょう。


posted by 英語ハナシタイ at 14:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


  宜しければクリックをお願い致します。
  モチベーション下がったときの励みになります。
 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 記事一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他