全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2018年04月15日

「わかりません」「何とも言えない」を英語で


今回は表題の日本語を1つの英語表現を使って訳してみます。

両者とも下記で表現できます。

 Who knows?

直訳すると、

 「誰かしってる?」

ですが、

これで

 「誰が知ってる?(知らないだろ)」
 「何とも言えないね」

という意味になります。

英語の例文です。

 Who knows what will happen next.
 (次に何が起こるかわかりませんね。)

 But who knows?
 (でも、どうなるかわかりません。)

もちろん本当に質問したい場合にも使えます。
英語の例文です。

 Who knows what today is?
 (今日は何の日か誰か知ってる?)




posted by 英語ハナシタイ at 09:15 | Comment(1) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月08日

「抱負」を英語で


もう今年も4月になってしまいましたが、
今年の「抱負」は達成できそうでしょうか。

英語で「抱負」は、

 resolution

と言います。

例えば「新年の抱負」は以下のように表現します。

 New Year's resolution

英語の例文です。

 Do you have a New Year's resolution?
 (新年の抱負はありますか?)

「resolution」は「resolve」の名詞形です。
「解像度」の「resolution」と同じです。

「resolve」と言えば「解決する」「分解する」という意味で知られていますが、
「決心する」という意味もあります。

また発音にちょっと注意です。
カタカナで書いてしまうと、
「resolve」は「リゾルブ」ですが、
「resolution」は「レゾリューション」となります。


posted by 英語ハナシタイ at 17:21 | Comment(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月07日

「潜る」を英語で


海やプールで「潜る」というのを英語では何と言うのでしょうか?
意外に言えない方もいるのではないでしょうか?

英語で「潜る」は、

 dive

を使います。

英語の例文です。

 I dived into the sea.
 (私は海に潜った。)

スクーバダイビングなどしたときは、

 go diving

でもいいみたいです。
ちなみに素潜りは「free diving」「skin diving」と言います。

「潜る」は他にも

 submerge

という英語もあります。

こちらは潜水艦などの長時間潜るイメージがあるようで、
基本的には「dive」の方を使うのがよいみたいです。

あとは面白い表現として、

 duck

があります。「鴨」という意味ですが、
「さっと潜る」「潜ってすぐ浮かぶ」という意味もあります。
ボクシングの「ダッキング」もここから来ています。

最後に見慣れない単語ですが、

 dap

という英語を紹介します。
これは「鳥がさっと水中に潜る」という意味です。
さきほどの「duck」と似ていますね。


posted by 英語ハナシタイ at 21:13 | Comment(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月25日

「〜するのはもっともだ」を英語で


英語で「もっともだ」は以前紹介した下記表現があります。

 That makes sense.
 (ごもっともです。)

 That makes a lot of sense.
 (同上)

今回は別の英語表現を紹介します。
「may」を使った表現です。

 It may well be that 〜

これで「〜するのはもっともだ」となります。
このまま覚えてしまいましょう。

英語の例文です。

 It may well be that you got angry.
 (あなたが怒るのはもっともだ。)

「may well {動詞}」の形でも使えます。

 You may well get angry.
 (同上)

「may」を使った英語表現は似たようなものが多く、
個人的に苦手なのですが、深く考えずこのまま覚えた方がよさそうです。


posted by 英語ハナシタイ at 10:54 | Comment(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月18日

「特にありません」を英語で


英語で「特にありません」は、

 Nothing in particular.

と表現します。

「particular」は「特定の」という形容詞(名詞もあり)で、
「in particular」で「特に」「とりわけ」という意味になります。

この英語表現を使うときは少し気を付けなければいけません。

まず無関心の場合などに使われることがあります。
「いや別に・・」みたいなニュアンスです。
(全てがそういうニュアンスではありません)

次に文法的に使えなかったり、慣習的に使わなかったりすることもあるそうです。

例えば、

 Do you have any hobbies?
 (趣味はありますか?)

に対して「Nothing in particular」という回答はしないそうです。
無関心なのか考えるつもりがないのか。
そういった感じに伝わるので、
普通に「No」と答えるのが良いそうです。

さらに「Yes/No」型の質問には使えないみたいです。

その他、「what kind」や「which」で始まる質問にも使えないとのこと。

下記のような英語の質問に対してはOKです。

 Do you have any plans for 2018?
 (2018年は何か予定がありますか?)

どういった場面で使えるのか/使えないのかは、
なかなか難しいので、不安な場合は「特に〜」という回答ではなく、
はっきり答えるのがいいかもしれませんね。


posted by 英語ハナシタイ at 10:30 | Comment(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


  宜しければクリックをお願い致します。
  モチベーション下がったときの励みになります。
 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 記事一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。