全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2018年03月18日

「教える」という意味の「teach」と「tell」の違い



  

日本語で「教える」というのは、
大きく以下2つの意味があります。

@情報を伝える
A学問・技術を伝える


英語でこの2つは異なる単語を使って表現します。

@は「tell」、Aは「teach」です。

例えば、道を教えるときやエピソードを教える場合は

 Tell me the way to the station.
 (駅までの道を教えて)

 Tell me your story.
 (あなたの話を教えて)

のようになります。

一方、英語のような学問を教えるときは、

 Could you teach me English?
 (英語を教えてもらえますか?)

となります。
学問だけでなくピアノや野球など技術を教える場合も
「teach」です。

ちなみに「tell teach difference」で検索しても、
あまり海外の記事が出てきません。(日本人の記事ばかりでてきます)

だいたい似たような単語は記事がたくさんでるのですが、
tellとteachに関しては、あまり出てこなかったので、
海外では明確に使い分けされていて、迷ってるのは日本人だけかもしれません。







 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 08:18 | Comment(0) | 単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。