全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2017年09月14日

「〜するしかない」を英語で



  

いろいろ手を尽くしたけど、
最終手段しかなくなってしまった場合、
以下のような英語表現があります。

 have no choice but to 〜

これで、

 「〜するしかない
 「〜する以外に手はない

という意味になります。

英語の例文です。

 I have no choice but to work overtime.
 (残業するしかない)

「to」の後は動詞の原形がきます。
以下も間違いではないですが、あまり使わないとのこと。

 I have no choice but working overtime.

以下は間違いだそうです。

 I have no choice but work overtime.

また、単に以下のようにすると、

 I have no choice.

「他に選択肢がない」「しかたがない」
のような意味になります。







 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 11:33 | Comment(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。