全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2016年08月13日

「不戦勝/棄権」を英語で



  

スポーツの試合では体調不良や懲罰などの事情で不戦勝になることがあります。
不戦勝となるということは、相手が棄権しているということでもあります。

英語では不戦勝と棄権はあまり区別して使ってないように見えます。

まずは英語の例文です。

 I won the match by default.
 (その試合は不戦勝でした。)

「default」は日本でも「何もしていない状態」のことを
「デフォルト」のように言いますが、
それ以外にも「不参加」「棄権」「欠席」という意味があります。

「不戦勝」は、

 win by default

のように「棄権により勝利した」という表現になります。

なお「棄権」「不戦勝」を意味する英語は「default」の他にもたくさんあります。

 walkover
 retirement
 withdrawal
 forfeit
 abstention


正直これらの明確な違いはよくわかりませんでした。

「walkover」は略して「W.O.」とも書きます。
この単語は「棄権」ではなく「不戦勝」として使うことができます。
「default」と共にネットでよく見かけました。

「retirement」は単語から推測すると「途中棄権」ではないかと思います。

「withdrawal」は「撤退」という意味ですが、
試合が始まる前に棄権する場合に使われるのではないかと思います。

「forfeit」は「没収」という意味です。
「没収試合」などに使われます。

「abstention」はスポーツではなく、
投票の「棄権」など選挙で使われるようです。

なおスポーツの世界でも錦織圭がよく棄権するテニスでは、
明確に「default」「walkover」「withdrawal」「retirement」
を区別しているようです。

使われ方は競技によって、まちまちかもしれませんが、
NHKの「ニュースで英会話」では「default」が紹介されていました。





 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 21:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441013311

この記事へのトラックバック