全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2016年04月24日

dozen/dozens/score/scores/grossの意味



  

数量を表現するときに使う特別な英語があります。

 dozen 12
 score 20
 gross 144


などです。

「dozen」は日本語でも「ダース」と言うのでわかるかと思いますが、
数字の「12」を意味します。

昔は12を単位として使っていたことの名残のようです。
一年が12ヶ月なのもそれが関係しているのかもしれません。
12は因数(約数)も多くていろいろ便利なようです。

なお「dozen」は、

 two dozens → 12 × 2 = 24
 three dozens → 12 × 3 = 36


となります。
また

 dozens of 〜

は特定の数字を表さず「多数の〜」という意味になります。

「score」は「得点」という意味の英語ですが、
数字で「20」という意味があります。

これは羊を数えるときに20単位で数えていたことに由来するそうです。

もともと「score」の語源は「刻み目」で、
羊を数えるときに棒に刻みを入れていたそうで、この単語が使われています。
「得点」もある意味「刻み」ですね。

具体的な数字を表す場合「score」は複数形では使いません。

 two score → 20 × 2 = 40
 three score → 20 × 3 = 60


しかし、「dozens of 〜」と同じような使い方もあり、
その場合は複数形になります。

 scores of 〜
 (多数の〜)

一般的に「score」は「20」の意味ではあまり使いませんが、
先日CNNのWEBサイトで使ってるのは見ました。

最後に「gross」です。
由来はわかりませんが「12ダース × 12ダース」で「144」を表します。
「gross」はいくつかバリエーションがあります。

 gross → 144(12 × 12)
 great gross → 1728(12 × 12 × 12)
 small gross → 120(12 × 10)


「gross」は「総計の」「全体の」という意味の方が有名ですね。
「国内総生産」を意味する「GDP」でも使われています。

 GDP(Gross Domestic Product)





 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 18:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/437099311

この記事へのトラックバック