全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2015年10月12日

tagline, slogan, copy, catchphrase, mottoの違い



  

商品や企業の宣伝文句として使われる英語をいくつか紹介します。
辞書で調べるとみんな「標語」「モットー」「謳い文句」などと
なっており、なかなか違いがわかりづらかったので、
ネットで調べてみました。

なお下記で紹介する英語は交換可能な場合も多く、
定義がややあいまいなものもあります。

tagline

企業や商品を簡潔に宣伝する言葉です。
ロゴの下に書かれていることが多く、比較的長い期間使われます。
また短いフレーズが多いです。
ナイキのロゴの下にある「JUST DO IT.」などがそうです。

slogan

「tagline」に似ていますが、
「slogan」は主に1つの商品、1つのキャンペーン(運動)に使われたりします。
また商品や企業以外にも組織・団体が使うこともあります。
「tagline」と違い一時的に使われることが多いです。

copy

日本では商品の宣伝に使われるフレーズを「キャッチコピー」と言いますが、
これは和製英語であり、英語では単に「copy」となります。
一部「slogan」とかぶるところがありますが、
こちらは商品に対して使われます。

catchphrase(catch phrase)

これも日本語で「キャッチフレーズ」と言いますね。
「copy」が商品に使われるのに対し、
「catchphrase」は商品以外(人間や団体)に使われます。
例えば博多大吉の場合、「焼却炉の魔術師」がキャッチフレーズになります。

motto

これも日本語で「モットー」と言います。
日本語訳では個人の場合「座右の銘」、団体の場合「標語」と訳されることがあります。
必ずしも宣伝に使われるわけではなく、内部的に使われることもあります。





 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 10:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/427686856

この記事へのトラックバック