全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2015年09月26日

nearとcloseの違い



  

「近い」という意味の英語「near」「close」ですが、
両者の違いは何でしょうか?

■距離感の違い?

まず両者とも「距離」に関しては同じように使えます。
英語の例文です。

 The park is near.
 The park is close.
 (公園は近いです。)

一部の人の意見には比較的遠い距離に使う場合は、
「near」の方が適しているとのことでした。
例えば東京を基点として大阪と名古屋のどちらが近いか?
というような場合は「close」ではなく「near」を使います。

ジーニアス英和辞典の「close」の項目にも、

 「距離の意では near より近接の度合いが大きい」

とあります。

■人間関係に使う場合は「close」

次に「close」の場合は人間関係に使われる場合もあります。
英語の例文です。

 They are very close to each other.
 (彼らはお互いとても親密です。)

場面によっては「彼らはお互いとても近くにいる」と訳される場合もあります。

一方「near」は距離に関してしか使われません。

 They are very near to each other.
 (彼らはお互いとても近くにいます。)
 

■単語との語呂

「near」「close」とも一緒に使われやすい単語があります。

例えば「near」の場合、

 in the near future
 (近い未来)

「close」の場合、

 a close game
 (接戦)

などです。

それぞれ下記のようには使いません。

 ×in the close future
 ×a near game


■文法の違い

最後に文法の違いです。
ご存知の方も多いと思いますが、「〜に近い」といった場合、
「near 〜」「close to 〜」となります。
「close」は「to」と一緒に使われるわけです。

英語の例文です。

 He is near the park.
 He is close to the park.
 (彼は公園の近くにいます。)

以上「near」と「close」の違いでした。





 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 20:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/426759055

この記事へのトラックバック