全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2015年09月13日

「電話をかける/かけ直す」を英語で



  

「電話をする」ですぐに思いつく英語は「call」です。

ただ「call」以外に「ring」を使う場合もありますし、
「call」を使った場合でも「make a call」とする場合もあります。

まずは「call」を使った英語表現です。

 I'll call you.
 (あなたに電話します。)

 I'll give you a call.
 (あなたに電話します。)

 I'd like to make a call.
 (電話をかけたいのですが。)

「電話をかける」と言った場合、
動詞として「call」を使うこともできますが、
「give」や「make」と組み合わせて使うことが多いです。

但し、

 I'll call you back.
 (かけなおします。)

という英語表現については、
「call」を使う場合が多いです。

なお「make a call」とした場合は、
相手を明確にする必要がありません。

次に「ring」を使った英語表現ですが、
使い方は「call」とほぼ同じです。

 I'll ring you.
 I'll give you a ring.
 I'll ring you back.


「make a ring」だけは、
検索すると「指輪を作る」という意味で出てくるので、
使わないかもしれません。

最後に「call」と「ring」の違いですが、
英和辞書などで調べると「call」はアメリカ、
「ring」はイギリスで使われると書いてあったりしますが、
実際はイギリスでも「call」が使われています。

それどころか、「ring」はやや古い言葉という意見がありました。
また、ややくだけた表現みたいです。
あとオーストラリアでは「ring」を使うようです。

逆にアメリカでは「ring」は動詞としては使わないが、
「give you a ring」という表現なら聞くことがあるとのこと。





 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 21:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/426021350

この記事へのトラックバック