全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2015年09月08日

company, firm, corporationの違い



  

「会社」を意味する英語はたくさんありますが、
よく見かける3つの単語の違いを調べてみました。

company

「company」は「会社」を意味する一般的な英語です。
定義はあいまいで、小さい会社、大きい会社、法人、個人事業主(法人でない会社)など、
幅広く使えます。

ネット上で調べたところ、
ごくわずかですが「company」は登記が必要だという意見がありましたが、
多くの方は一般的に使える単語(general term)ということで一致していました。

余談ですが「company」の語源は「一緒に(com)パンを食べる人(pany)」です。
日本的に言うと「同じ釜の飯を食う人」という感じでしょうか。
英語の「会社」には、そんな意味合いがあったのですね。


firm

「firm」も元々は「company」と同じように使われていたようですが、
今では古い言葉となってしまい、主に以下の意味で使われるようです。

・2人以上の合資会社
・サービスを提供する専門的な仕事
・法人登記は不要


上記にあてはまる会計事務所、法律事務所、設計事務所などを
連想する方が多いようです。

昔の映画に「ザ・ファーム」というのがありましたが、
これは法律事務所を題材にした映画です。

また

・1人の場合でも「firm」を使う
・「firm」と「company」は交換可能(特にイギリス人)
・「firm」は「company」に含まれる(サブセット)


などの意見もありました。

比較的小さな会社をイメージするようです。
(そんなこともないという意見もあり)

語源は「署名」です。
今でもイタリアやスペインでは「署名(firma)」という単語があります。

corporation

「corporation」は「company」や「firm」のようにあいまいな定義ではなく、
法的に登録された(つまり法人)会社を指します。

この単語を紹介する言葉として
「incorporated(法人格のある)」や「registered(登記された)」などが
よく登場します。

比較的大規模な会社をイメージするようです。


「会社」の解釈は国によって異なります。
そのせいか今回紹介した英語の使い方も国や地域によって、
異なるところがあるようです。

とりあえず迷ったときは一般的な「company」を使っておけば、
問題ないと思います。





 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 21:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック