全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2015年08月30日

be made of, be made fromの違い



  

「〜から作られている」を英語で表現する場合、

 be made of 〜
 be made from 〜


の2つがあります。

前者は「be made out of 〜」の「out」が省略された形です。

両者の違いですが、この使い分けはよく知られるところです。

 「be made of 〜」は見た目で素材が判別できる場合、
 「be made from 〜」は見た目で素材が判別できない場合


これは物を作る段階で素材の形や成分が変化するかしないかの違いとも言えます。

変化の度合いははっきりしない場合もあるので、
使い分けもあいまいなところがありますが、
上記の違いで使い分けられています。

では英語の例文を見てみましょう。

 This table is made of wood.
 (このテーブルは木から作られています。)
 
 Soy sauce is made from soybeans.
 (醤油は大豆から作られます。)

1つ目の例文は、テーブルが明らかに木で作られていることが
判別できる場面で使われます。
たとえ木で作られていても大きく加工されて、
見た目上、木で作られているとは分からない場合は「from」を使います。

2つ目の例文は、醤油を見ただけでは原料が全くわからないため、
「from」を使っています。

ちなみに「be made by 〜」ですが、
日本語にすると「〜によって作られている」となりますが、
この「〜によって」というのは素材ではなく、作り手が配置されます。
英語の例文です。

 This table is made by John.
 (このテーブルはジョンによって作られました。)

以下のように素材を配置すると、
意味不明になってしまうので、注意しましょう。

 This table is made by wood.





 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 10:26 | Comment(1) | TrackBack(0) | 単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。Terryと申します。
少しづつ英語の知識が学べる良質な学習サイトですね♪

私はmade of と made from の使い分けが苦手なんですよ。私の思考法だと、原料を基準とするよりも、out of と fromの違いを概念として明確にすればいいと思うのですが。。

まあ、通じるので良しとします(笑)
ライティングでも前置詞と冠詞はネイティブでもまちまちで、探求しがいがあります♪
Posted by Terry at 2015年09月02日 06:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック