全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2015年05月17日

Here you are/go、There you are/go、Here it isの違い



  

人に何かを手渡しするときのフレーズ、
つまり「さぁ、どうぞ」に相当する英語表現ですが、
似たような表現がいくつかあります。

 Here you are.
 Here you go.
 There you are.
 There you go.
 Here it is.


これらの使い分けに関して、いろいろな意見があるようです。
「Here you are」をベースにしてまとめてみました。


■「Here you are」 vs 「Here you go」

「Here you are」と「Here you go」の違いですが、
意味的な違いはありません。

日常では「Here you go」がよく使われるそうです。
レストランの定員が注文の品を持ってくるときも
「Here you go」が多いそうです。

また親しい間柄では「Here you go」、
フォーマルな場合は「Here you are」という意見も。

その他「Here you are」はイギリス的で、
「Here you go」はアメリカ的というのもありました。
英語ネイティブの何人かがそう言っていたので、
信頼性は高いかもしれません。


■「Here you are」 vs 「There you are」

次に「Here you are」と「There you are」の違いです。
実はこれも意味的な違いはありません。

単純な「here」と「there」の違いのように、
距離の違い(「ここ」と「そこ」)で使いそうな感じもしますが、
実際には距離が近くても「There you are」を使うことができます。

ただ距離的に違いがあるときに使い分けるという意見も
少なからずあったので、そういう使い方もできるのかもしれません。

この辺はネイティブの人も混乱してるようでした。

少数意見としては、
「There you are」の方が少し心がこもってないというのもありました。
距離を置いてる感じがするのでしょうか。


■「Here you are」 vs 「Here it is」

「フレッシュ ジーニアス英和辞典」によると、
「Here you are」は人に重点をおき、
「Here it is」は物に重点をおいているとあります。

但し、今回の調査で手渡しの場合に
「Here it is」を使うという人はほとんどいませんでした。

どちらかというと、手渡す前に「ここにありますよ」という意味で使ってるみたいです。
なので、

 Here it is. Here you are.
 (ここにありますよ。さぁどうぞ。)

のように同時に使うこともあるようです。


なお「There you are」と「There you go」の違いは、
「Here you are」と「Here you go」の違いと同じので説明は省きます。

ちなみに「Here we are」という英語表現もあります。
これまたジーニアス英和辞典によると、

 Here we are = Here you are

という記載がありますが、
実際に手渡しで使ってる英文はみかけませんでした。

「Here we are」は「さぁ、つきました」という
意味で使うことが多いみたいです。

というわけで、実際のところ

 Here/There you are/go.

はどれでも同じ。

 Here it is.

は少し使い方が異なるという感じです。





 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 14:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック