全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2015年04月14日

shortageとlackの違い



  

「不足」という意味の英語で思いつくのが、
以下の2つの単語です。

 shortage
 lack


両方とも「of」と共に使われることが多い単語です。

 shortage of 〜
 lack of 〜


これで「〜の不足」という意味です。

では両者の英語の違いは何でしょうか?

ネットで調べたところ、大きく2つの違いがあります。

@完全にないか、期待より足りないか

「lack」は「欠如」という意味もあり、
「全くない」ことを指すことがあります。

一方「shortage」は期待しているよりも少ない状態を言います。
全く無いわけではありません。

以下のような形容詞をつけて比較すると理解しやすいかもしれません。

 complete lack of 〜
 (〜が完全にない)

 severe shortage of 〜
 (〜がひどく不足している)

「shortage」は全くないわけではないので、
「complete」と一緒に使われることはありません。

と説明しましたが、
実は「lack」にも”少しある”場合があります。
ただ意見としては上記で説明してるケースが多くありました。


A具体的なものか、抽象的なものか

これも多くの意見がありました。

「shortage」は具体的なもの、「lack」は抽象的なものに使われる。
例えば、

 shortage of water
 (水不足)

 lack of kindness
 (やさしさの欠如)

「shortage」は目に見える物に使われます(例外があるかもしれません)。
「lack」は具体的、抽象的なもの(勇気や尊敬の念など)の両方に使うことができます。
ただ「lack」は抽象的なものに使われることが多いみたいですね。


以上、「shortage」と「lack」の違いでしたが、
Aのパターンで使い分けてる例が多いようです。

また表現できる範囲は具体的なものにも使える分、

 lack > shortage

みたいです。

余談ですが「short」は形容詞として
「不足している」という意味があり、
以下のような使い方ができます。

 I'm 100 yen short.
 (100円足りない)

主語が人なのが違和感がありますね。。

「不足」という意味では、この他に
「want」や「absence」などの英語があります。





 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 22:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/417305196

この記事へのトラックバック