全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2015年04月11日

時間的にも位置的にも使える「ahead」



  

「前方に」「前に」という意味の英語「ahead」ですが、
これは時間的にも位置的にも使えます。

まずは時間的に使った場合の英文です。

 We held a meeting ahead of the festival.
 (お祭りの前に我々は会議を開いた。)

「ahead of 〜」で、「〜の前に」という意味で使います。

 ahead of the meeting
 (会議の前に)
 
 ahead of the 2020 Tokyo Olympic Games
 (2020年の東京オリンピックの前に)

時間的に使う場合、次の英語表現もあります。

 ahead of schedule
 (前倒ししている)

 ahead of time
 (事前に)

次に位置的に使う場合の英文です。

 He is running ahead of me.
 (彼は私の前方を走っている。)

これも先ほどと同様に「ahead of 〜」という
構文で使うことができます。

時間的・位置的以外に優劣にも使えます。

 Our team is ahead.
 (我々のチームが勝っています。)

ちなみに「ahead」の反対は「behind」です。

「before」は時間、「in front of」は位置として
使われるのに対し「ahead」はいろいろ使えて便利ですね。





 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 19:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/417140928

この記事へのトラックバック