全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2015年03月08日

celebrateとcongratulateの違い



  

「祝う」という意味の英語は大きく以下の2つがあります。

 celebrate
 congratulate


両者の違いですが、目的語となるものが異なります。
同じ意味の文章を上記2つの単語を使って、例に挙げます。

 We celebrated his birthday.
 (私達は彼の誕生日を祝いました。)

 We congratulated him on his birthday.
 (同上)

このように「celebrate」は目的語に「物」や「事柄」、
「congratulate」は「人」がきます。

従って、

 I was celebrated by 〜.

のような文は誤りです。
「celebrate」を受動態で使う場合は、
祝われる「物」や「事柄」が主語になります。

また以下の英語を見てください。

 She celebrated her 60th birthday.
 (彼女は60歳の誕生日を祝った。)

日本語と違って、英語では祝う人が自分自身でも問題ありません。
このような文はニュースでもよく見かけます。
「〜が100際の誕生日を祝った」という場合、
主語は100歳になった人になります。

なお「congratulate」の場合、

 She congratulate herself on/that 〜

で「〜だと喜んだ」という意味になります。





 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 20:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック