全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2015年01月18日

metro, subway, underground, tubeの違い



  

「地下鉄」を意味する英語はたくさんあります。
「metro」「subway」「underground」「tube」などがそうですが、
よく言われる違いは以下のようなものです。

 metro パリの地下鉄(派生して世界で最もよく使われる)
 subway アメリカの地下鉄
 underground イギリスの地下鉄
 tube イギリス・ロンドンの地下鉄の愛称


これをもう少し掘り下げて調べてみました。


metro

まず地下鉄の歴史ですが、
1863年にイギリスのメトロポリタン鉄道が発祥です。
そのあとパリでも「Chemin de Fer Metropolitain(メトロポリタン鉄道の意味)」が開業されます。
このパリの地下鉄の略称「メトロ」が世界に広まりました。
よって世界の多くの鉄道は「metro」を使っていたりします。

また「metro」には、2つの意味があります。
一つは「地下鉄」で、もう1つは「都市高速鉄道※」です。

※正確には日本での名称。便宜的にこの名を使います。

昔は路面電車がありましたが、
大きな都市では大量の通勤客を高速に移動させるために、
自動車などの交通網に影響を受けない鉄道が作られはじめました。

これらを「都市高速鉄道」、英語では「Rapid transit」などと言われています。
「地下鉄」はこの「都市高速鉄道」の1つとして作られたものです。

「都市高速鉄道」は「大都市」の交通網から「metro」と呼ばれていますが、
それに含まれる「地下鉄」も前述のパリの地下鉄から「metro」と呼ばれるようになりました。

よって「都市高速鉄道」の意味で「metro」と言った場合は、
地上の鉄道、ときにはモノレールやバスなども含まれます。


subway

主にアメリカで「地下鉄」の意味で使われる英語です。

「subway」は「sub(地下)」の「way(道」」という意味です。

但し、アメリカにも地下鉄はいくつかあり、
鉄道会社によっては「メトロ」と名乗ってるところもあるようです。
例えばニューヨーク市地下鉄は英語で「New York City Subway」ですが、
ワシントンの地下鉄は「Washington Metro」と名乗っています。

またイギリスでは「subway」は「地下道」の意味になります。
但しこれも例外があり、グラスゴーの地下鉄は「Glasgow Subway」のように
「subway」を使っています。

余談ですがサンドウィッチのチェーン店「SUBWAY」は、
「submarine sandwich」の「sub」と
お客の好みに合わせ作る(your way)から来てるので、
「地下鉄」とは関係がありません。


underground

主にイギリスで「地下鉄」の意味で使われている英語です。

特にロンドンの地下鉄は「underground」という文字を
ロゴに入れています。

但し前述のようにグラスゴーの地下鉄のように、
名称として「subway」を使っている場合もあります。

なお「underground」は「地下の」という意味もありますので、
「underground metro」のように他の単語と組み合わせて
イギリスに限らず使っているケースもあります。


tube

ロンドンの地下鉄の愛称です。

地下鉄のトンネルの形が丸みを帯びたチューブ上になっているので、
このように呼ばれるようになりました。


以上、「地下鉄」を意味する英語の違いを説明しましたが、
結局はその鉄道会社がどの単語を使うかに寄るみたいです。

ワシントンメトロやグラスゴー地下鉄の例もあるように、
アメリカで「metro」、イギリスで「subway」を使っていたりします。

では日本の鉄道会社はどうでしょうか?
東京メトロは「metro」、都営地下鉄は「subway」、
大阪市営地下鉄は「subway」を会社の英名に使っています。
アメリカの影響のせいか「subway」が多いみたいですね。

お隣の中国や韓国では「metro」が多いみたいです。

ただ、これらはあくまでも会社のブランド名みたいなものですから、
一般的な「地下鉄」を英語にする場合は、
冒頭に説明したような分類でよいのではないでしょうか。

私の経験上、世界では「metro」が最もよく使われている気がします。
地域で呼び名の違いはあれど、「metro」の認知度は高いので
アメリカやイギリスでも「metro」で通じると思います。





 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 11:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/412543369

この記事へのトラックバック