全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2014年12月18日

「目が赤い/白髪/顔が青い/色白」を英語で



  

体に関する表現で色を使うことがありますが、
英語で必ずしも日本語と同じ色を使うとは限りません。
そんな例をいくつか紹介します。

まず「目が赤い」ですが、
「bloodshot」という英語があります。

 Your eyes are bloodshot.
 (あなたの目が赤い(充血している)。)

「bloodshot」は「充血した」という意味です。
「red」は使っていません。

でも実は「have a red eye」という表現も使えます。
余談ですが「red-eye」は夜眠れなくて目が赤くなることから
「夜間飛行便」の意味もあるそうです。

次に「白髪」です。
「はくはつ」「しらが」の両方ともですが、

 grey hair

と表現します。
英語では「灰色」を意味する「grey」がよく使われます。
アメリカだとのスペルは「gray」です。

でも実は「white hair」も使えます。

「顔が青い」は、「pale」を使います。
「pale」は「青白い」という意味です。

 He looks pale.
 (彼の顔が青い(顔色が悪い)。)

これは「blue」は使いません。

最後に「色白」です。
「色白」は「fair」を使います。
英語の例文です。

 She has fair skin.
 (彼は色白です。)

「fair」は「公正な」で知られていますが、
「色白の」という意味もあります。
逆に「色黒」は「dark」が使えます。

なお「黒人」に対して「black」と言うと
差別発言になると思ってる方も多いかもしれませんが、
「black people」や「black man」のように
特に問題なく使えるそうです。

先日アメリカで発生した黒人青年射殺事件のニュースでも
「Unarmed Black Man(武器を持たない黒人男性)」と表現されていました。





 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 21:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/410878318

この記事へのトラックバック