全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2014年12月07日

mountaineering, climbing, hiking, trekking, tramping, alpinismの違い



  

最近の登山ブームで老若男女に関わらず
登山する人が多くなっていますが、「登山」を意味する英語はたくさんあります。

「登山」というと「クライミング(climbing)」を連想する
方も多いのではないでしょうか?
しかし、英語で「climbing」というと「ロック・クライミング」などと
勘違いされる可能性があるとのことです。

というわけで「登山」に関する単語の違いを調べてみました。

mountaineering

一般的に「登山」を意味する英語。
「rock climbing」「ice climbing」「hiking」
「ski mountaineering」「scrambling 」などを含む。

但し「hiking」は山に限らず使われるので、
場合によっては上記対象から外れることもあると思います。

「scrambling(スクランブリング)」はロープなどを
使わないロッククライミングみたいなものらしいです。
「scramble」には「はって進む」「はって登る」という意味があります。

なお「mountaineering」に対する「登山者」「登山家」は
「mountaineer」という英語になります。

climbing

冒頭でも触れたように「ロッククライミング」「アイスクライミング」など
を連想させる単語です。

登山全般では「mountain climbing」のように
使われることもありますが、
「climbing」が入ってると岩登りなどと誤解されることも
ありますので、使う場合は注意が必要です。

「rock-」「ice-」のように
他の単語と組み合わせて使われることが多いです。

「climber」も同様に「ロッククライミングをする人」と
捉えられる可能性があります。
日本語でいう一般的な「登山」「登山者」は
後述する「hiking」「hiker」が適しています。

hiking

日本人が使う「登山」に一番近い英語です。
日本語では「ハイキング」というと自然で行う
簡単なウォーキングのように捉えられますが、
英語では「登山」の意味で使われています。

当然「登山者」も「hiker」になります。
基本的には「hiking」は作られた道(trail)を歩きます。

trekking

「hiking」に似た言葉ですが、
「hiking」との違いは作られた道(trail)以外も歩くことです。
また長期間に渡ることもあり、キャンプして夜を過ごすこともあります。
ときにはポーターもつきます。
「hiking」よりアドベンチャラスでやや難易度があがる感じですね。
「hiking」と同様に山以外でも使われることがあります。

tramping

「trekking」のことです。ニュージーランドで使われます。
日本語でも「トランピング」で使われることもあります。

alpinism

「mountaineering」に似ていますが、
特に高度な技術を要する登山のことをいいます。
また8000m級などの高い山を登るケースが多いです。

日本語でも「アルピニスト(alpinist)」という言葉がありますが、
これはもうプロの登山家のことを指します。


以上、趣味レベルの登山は「hiking」が適していますので、
こちらを使うようにしましょう。
もしくは幅広く「mountaineering」でもいいかもしれませんね。





 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 14:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/410238191

この記事へのトラックバック