全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2014年11月29日

show,display,exhibitの違い



  

「展示する」「陳列する」を意味する英語に、

 show
 display
 exhibit


などがあります。

これらはどのように使い分けるのでしょうか?

show

「show」は「見せる」という意味で最も一般的な英語です。
「展示する」「陳列する」という意味もありますが、
この意味では「display」「exhibit」の方がよく見かける気がします。

display

「展示する」「陳列する」でよく使われる英語です。
「exhibit」に比べてカジュアルに使われます。

ちなみに「見せる」という意味では、
「show」より思慮深さがあるそうです。
「show」は単に見せる感じで、「display」はよく考えて見せる感じです。

exhibit

主に美術館や博物館で使われます。
美術館でなくとも、比較的大規模なイベントでは「exhibit」が使われたりします。
またやや堅い言葉でもあります。
お店で商品を陳列するなどの場合は、「show」や「display」の方が適しているでしょう。


さて最後にもう1つ「showcase」という英語も紹介します。
これも動詞で「展示する」などの意味がありますが、
上記3つの単語との使い分けが不明でしたので、
あえてタイトルには入れていません。
ただジーニアス英和辞典ではアメリカで使われるような記述がありました。

「showcase」はNHKの「ニュースで英会話」のニュース内で
以下のフレーズが使われていました。

 Producers showcased a range of foods and drinks.
 (生産者はさまざまな食品や飲料を陳列しました。)

「a range of 〜」は「さまざまな 〜」という意味です。

ちなみに英語で「ガラスケース(ショーケース)」は、
「showcase」や「display case」などと言います。
「showcase」は名詞と動詞の両方の使い方があるわけですね。





 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 09:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/409765569

この記事へのトラックバック