全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2014年10月12日

typhoon, hurricane, cycloneの違い



  

今年最強の台風が近づきつつありますが、
台風は英語で「typhoon」というスペルになります。

ただ皆さんご存知の方も多いかと思いますが、
発生した地域によって呼び名が変わります。
英語では以下のようになります。
日本語でも同じ呼び名ですので、わかりやすいかと思います。

 typhoon 太平洋西部で発生する強い熱帯低気圧(台風)
 hurricane 西インド諸島で発生する強い熱帯低気圧(ハリケーン)
 cyclone インド洋の強い熱帯低気圧(サイクロン)


これらをまとめて1言で表現するとて「強烈な熱帯低気圧」のことですが、
英語では「mature tropical cyclone」などと言います。

「 tropical cyclone」が「熱帯低気圧」のことです。
「cyclone」という言葉が使われてるのが面白いですね。
「cyclone」は「サイクロン」以外に「低気圧」という意味もあるのです。

台風、ハリケーン、サイクロンの使い分けの明確な基準もありますが、
それについてはwikipediaなどをご覧ください。

ちなみに「台風の目」は、そのまま

 the eye of a typhoon

といいます。

なお野茂英雄の「トルネード投法」の「tornado」は
「竜巻」という意味です。

今回の台風は最強すぎてアメリカでは
「スーパー台風」と呼ばれいてるようです。
くれぐれも気をつけてください。





 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 10:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/406973501

この記事へのトラックバック