全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2014年07月06日

lead, guide, show around, direct, navigateの違い



  

「案内する」という意味の英語はいろいろありますが、
今回はそれらの違いについて調べてみました。

lead

「lead」は「先に立って案内する・導く」場合に使われます。
後述の「guide」と違って付きっきりで同行するというよりも、
目的地(例えば病院や公園や友達の家など)まで連れてってもらうイメージです。

英語の例文です。

 John led me into his house.
 (ジョンは彼の家まで案内してくれた。)

「lead」の過去形は「led」で「レッド」と発音します。


guide

日本語でもガイドと言うように、
付きっきりで同行して案内する場合(観光客ごガイドするなど)によく使われます。
※ただの道案内にも使われます。

英語の例文です。

 He guided us to the city.
 (彼は私達に町を案内してくれた。)


show around

これも「guide」に似ていますが、
「guide」よりややくだけた漢字がします。
現地の人がよく使います。

以前にも紹介しています。
「町を案内します。」を英語で


direct

これは同行はせずに、道を教えるだけの場合に使われます。
「案内する」という日本語訳は、ときには適さないかもしれません。
英語の例文です。

 He directed me to the bank.
 (彼は銀行までの道を教えてくれました。)


navigate

日本語でも「ナビゲートする」というように、
案内する意味で使えるかのように思えますが、
辞書を見る限り、英語では少し使い方が異なるようです。

本来「navigate」は船や飛行機を「操縦する」「航海する」
という意味です。
日本語で「案内人」の意味で使われる「ナビゲーター」
も英語では「航海士」「飛行士」という意味になります。

ただ「案内する」という意味でも使える場合があり、
車の同乗者が地図を見ながら案内するときは使えるようです。





 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 10:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック