全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2014年05月31日

「心当たりがありますか?」を英語で



  

何かピンと来たり、心当たりがあったとき、
英語では以下の表現を使うことがあります。

 ring a bell

直訳すると「ベルを鳴らす」ですが、
これが「ピンとくる」になった理由がなんとなく分かる気がします。

使い方は、主語は人間ではなく「ピンとこさせるもの」になります。
英語の例文でみてみましょう。

 Does that ring a bell?
 (心当たりがありますか?)

否定文でもよく使われるようです。

 It doesn't ring a bell.
 (ちょっとピンと来ませんねぇ。。)

「ring a bell」は「リンガベル」のように
テンポ良く発音しましょう。

コウビルド英英辞典の「bell」のところに、
以下の説明がありました。

 If you say that something rings a bell,
 you mean that it reminds you of something,
 but you cannot remember exactly what it is.


最後の文に「正確には思い出せない」とあるので、
なんとなく思い出したときに使われるのでしょうか。

また[INFORMAL]の記述があったので、
会話でよく使われる英語表現かもしれません。




 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 13:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/398349162

この記事へのトラックバック