全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2014年05月05日

shortly、briefly、in shortの違い



  

「手短に」を英語にしようとしたとき、
タイトルにある表現のどれを使えばよいでしょうか?

以下は全て「手短に」という意味がありますが、
「shortly」は使う際に注意が必要です。

 shortly
 briefly
 in short


■shortly

まず「shortly」ですが、
英語の掲示板を見ている限り、
「手短に」という意味ではほとんど使わないようです。

では、どのような意味で使うかというと、

 「すぐに

という意味で使います。
要は「soon」と一緒です。
英語の例文です。

 She will come shortly.
 (彼女はすぐに来ます。)

辞書には「手短に」として使うこともできるとありますが、
実際には後述する「briefly」が使われる傾向にあるようです。


■briefly

こちらは「手短に」という意味でよく使われます。
英語の例文です。

 She spoke to me briefly.
 (彼女は手短に私に話した。)

「shortly」と「briefly」の違いを簡単に説明すると
「in a short time」と「for a short time」の違いを言えるでしょう。

面白いのは形容詞だと意味が同じになる点です。
「short」と「brief」はどちらも「手短な」「簡潔な」となります。
副詞になると意味が異なってきますので注意です。


■in short

最後に「in short」ですが、
これも「briefly」と同じ「手短に」という意味です。

 In short, I had a great time.
 (手短に言えば、素晴らしいときを過ごしました。)

この「in short」に関して、
ジーニアスの英英辞典に気になることが書いてありました。

  主に箇条書きに述べてきたことを要約するときに用いる
  単に「手っ取り早く言えば」の意ではない

  (ジーニアス英英辞典 in short の説明より)

つまり何の詳細説明もなしに突然「in short」を使うのは不自然だということです。
「shortly」や「briefly」もこれに該当するか分かりませんが、
使うときには注意した方がよさそうです。


この他「in a nutshell」という英語表現もあります。
「nutshell」単独では「木の実の殻」という意味です。
これも「手短に」という意味です。





 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 21:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック