全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2014年04月02日

「get there」を使った英語表現



  

「get there」をそのまま訳すと「そこに着く」ですが、
それ以外にも「目的を達する」「成功する」などの意味もあります。
英語の例文です。

 We are getting there.
 (あと少しだ。)

このように進行形で使われることが多いです。
そこ(目的地)に着く途中ということなんでしょう。

また意味的になんとも訳しづらいのですが、
ある人が有名になろうとしていたり、
ある商品がヒットしそうだったりするときも
同じように使われたりします。
以下の英語を見てください。

 He's getting there.
 (彼は今きてるよ。)

 It's getting there.
 (それはこれからくるよ)

あえて変な訳にしましたが、
何かが有名になりそうだったりヒットしそうだったりすると、
「きてるね〜」とか「くるね〜」みたいなことを日本語でも
言うかと思いますが、それと同じです。
つまり成功に向って前進しているということです。

ちなみに進行形以外にも使われることはあります。
英語の例文です。

 I finally got there.
 (ついに目標を達成した。)





 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 21:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック