全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2014年03月22日

「暑さをしのぐ」を英語で



  

ちょっと季節はずれですが、
「夏の暑さをしのぐ」を英語の「beat」を使って
表現する方法がありましたので、まとめておきます。

まずは英語の例文です。

 What's the best way to beat the summer heat?
 (夏の暑さをしのぐ一番の方法は何ですか?)

「beat」の原義は「続けざまに打つ」ですが、
ここから派生して様々な意味があります。
代表的なのが「叩く」「打ち負かす」ですが、
今回の例文のように「しのぐ」「克服する」という意味もあります。

また「困惑させる」という意味もあり、
以下のような英語もよく使われます。

 It beats me.
 (わからないよ/参った)

主語の「it」は省略されることもあります。
ちなみに「beat」が「連続してたたく」のに対して、
「hit」や「strike」は「1回だけたたく」らしいです。

音楽の「拍子」のことを「ビート」と言いますが、
これは英語の「beat」から来てるもので、
連続して叩いた結果、リズムが生まれるということなんでしょうね。

あと心臓の鼓動も「beat」を使います。
「heartbeat」となります。

原義が同じでも、派生した意味は全く関連性のないもの
のように見えるのが面白いですね。





 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック