全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2014年03月05日

「〜のために来ました。」を英語で



  

「来る」と言えば「come」ですが、
「come」を使わない英語表現もあります。

「here」を使う方法です。
英語の例文です。

 I'm here to watch the Olympic Games.
 (私はオリンピックを見るために来ました。)

上記のように、

 be here to 〜

で、「〜するために来た」という意味になります。
直訳では「〜するためにここにいる」となるので、
過去形にする必要はありません。

また前置詞として「on」や「for」を使うこともあります。
英語の例文です。

 I'm here on business.
 (私は仕事で来ました。)

 I'm here for sightseeing.
 (私は観光で来ました。)

「be here to/on/for 〜」は英語の街頭インタビュー
などでよく耳にします。
もし海外でインタビューを受けることがあれば使って見てください。





 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 21:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック