全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2014年02月08日

top, summit, peakの違い



  

「頂上」を英語にしようとすると、「top」や「summit」が思いつきます。
この2つの単語に「peak」を加えて、使い方や意味の違いをまとめました。

top

まず「top」からですが、
「頂上」「てっぺん」「先端」などの意味があります。

後述する「summit」よりも口語的で、幅広く使える英語です。


summit

こちらも「頂上」という意味ですが、やや堅い表現です。
また”山”の頂上という意味でよく使われます。

「top」はビルや塔など山以外でも使っても違和感はありませんが、
「summit」は山以外に使うと個人的には少し違和感があります。
特に小さなものに対して「summit」はすごく違和感があります。
例えば電柱の一番上の部分は「summit」より「top」が適しているでしょう。

ちなみに「summit」は「首脳陣」という意味もあり、
首脳会議をサミットというように日本語でもおなじみです。
あまり見慣れない単語ですが、首脳会議出席者は「summiteer」とも言います。


peak

「peak」は「峰」という意味です。
よく「summit」と比較されますが、「summit」が1つの山に1つしかないのに対し、
「peak」は複数あることもあります。

 the summit
 three peaks


このように「summit」には「the」がつきますが、
1つの山のことを話しているときに「summits」と複数形になることはありません。

一方「peak」は他の場所より高い場所(特に尖った場所)を指すため、
1つの山にいくつもあることが多いです。
そのため「peaks」のように複数形もOKです。
ちなみに「summit」は「peak」でもあります。

但し、量や割合に関して使われる場合は、「頂点」「絶頂」などの意味があります。


以上が3つの単語の違いです。
とりあえず「頂上」を英語で言う場合は「top」を使っていれば問題ないと思います。

余談ですが、
折れ線グラフの山になっている部分は英語で「spike」といいます。
日本語でもスパイクシューズとか言いますね。
尖っているようなものに使われる単語です。





 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 12:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/387651090

この記事へのトラックバック