全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2014年01月19日

「まさにその日に会いました。」を英語で



  

「まさに〜」というのを英語にする場合、
「very」を使う時があります。

「very」は「とても」という意味の副詞ですが、
それ以外にも強調のために「まさに」という意味でも使われます。
英語の例文です。

 We met on the very day.
 (我々はまさにその日に会いました。)

 We went to London on the very same day.
 (我々はまさに同じ日にロンドンに行きました。)

前者の例は「day」を修飾しているので形容詞、
後者の例は「same」を修飾しているので副詞として使われています。

「very」は「とても」というイメージが強いので、
「the very day」のように名詞を修飾していると違和感がありますが、
このような使い方があることも覚えておきましょう。

名詞を強調して使われる場合、以下のような英語表現もあります。

 It looks very party.
 (パーティーっぽいですね。)

これを「とてもパーティー」と訳しても全く意味不明なので、
「パーティー」を強調していると思っていればよいと思います。





 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 22:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/385601074

この記事へのトラックバック