全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2014年01月18日

「それぞれの」という意味の「respective」



  

「respect」という英語は「尊敬する」「尊敬」という意味がありますが、
これが「respective」になると全く異なる意味になります。

「respective」の意味は「それぞれの」です。
英語の例文です。

 Taro and Hanako went back to their respective homes.
 (太郎と花子はそれぞれの家に帰りました。)

「リスペクト」は日本語としても使われるようになったので、
「respective」を「尊敬の」と思ってしまいますが、
前述のとおり全く意味が違うので注意が必要です。

なぜこのような意味が生まれたのか不明ですが、
「respect」の原義は、「ふり返って(res)見る(spect)」です。

そして、人としての価値を認めることから「尊敬」という意味が生まれ、
同様の原義から「関心」「注意」などの意味も生まれました。
どちらも根底には「見る」というイメージがあるのですね。

それに関連して以下のような英語表現があります。
「点」や「箇所」の意味で使っています。

 in respect of 〜
 (〜に関して)

 in this respect
 (この点に関して)

「respective」が「それぞれの」という意味になったのも、
「1つ1つ見る」というイメージからきたのだと思います。

ちなみに、

 「respectful」は「尊敬の念に満ちた」「礼儀正しい」
 「respectable」は「立派な」「品の良い」「かなりの」


という意味になります。

また「spect」が使われる英語として、

 inspect 検査する
 aspect 局面、面
 prospect 見込み、公算


などがあります。
どれも「見る」イメージがあります。





 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 11:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック