全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2014年01月05日

Japan'sとJapaneseの違い



  

「日本の」を英語に訳すとき、
「Japanese」を使う方が多いのではないでしょうか?
しかし「Japan's」という表現もよく目にします。

両者の違いをいろいろ調べましたが、
ピンとくる回答がなかったので自分なりにまとめてみました。

意味的な違い

まず意味の違いですが、これはなかなか微妙なようです。

「Japan's」は所有格であることから、日本が保持するもの(所有するもの)に使われ、
「Japanese」は単に(汎用的に?)「日本の」という意味でに使われるとのこと。

しかし、実際の使い分けとなると上記ルールに従ってないケースも多々あり、
線引きもいまいちわかりません。

外国の掲示板(American and America's)では以下のような意見がありました。
(外国の掲示板なので実際はamerica'sとamericanの違いです。)

・Japaneseは日本で作られたものに対して使われる。(日本製品)
・Japan'sは国や政府が保有するものに対して使われる。(自衛隊や大統領や国旗など)
・Japna'sは日本に紐づく唯一のものに使われる。


3つ目の例はわかりづらいので以下2つの英語を比較してみてください。

 Japanese beer
 (日本で作られたビール)

 Japan's beer
 (日本で最も人気のあるビール)

「Japanese」の方はそのまま日本製のビールになります。
掲示板では「アメリカで作られた日本車はamericanになるのか?」という質問がありましたが、
これは議論のタネになるそうです(笑)。

「Japan's」の方は「the most popular beer in Japan」のニュアンスがあるそうです。
ビールの宣伝で「これこそが日本のビール!」という謳い文句をイメージするとわかりやすいかと思います。

また「Japanese」は「日本人の」という意味もありますので、
英語で「日本の」と言いたい場合は「Japan's」や「〜 of Japan」にすると確実に伝わるようです。


文法的な違い

文法という言い方が正しいかわかりませんが、
形容詞の位置により「Japan's」を使うか「Japanese」を使うかが変わります。
以下の英語を見てください。

 young Japanese girl
 (若い日本の女性)

 Japan's high reputation
 (日本に対する高い評価)

このように

 形容詞 + Japanese + 名詞
 Japan's + 形容詞 + 名詞


になることが多いようです。
なお形容詞が複数続く場合の位置に関しては過去記事「形容詞を複数使うときの順番」をご覧ください。

また英字新聞などのメディアでは「Japan's」を使うことが多いそうですが、
必ずしもそうではなく、例えば「日本の新しい首相」は、

タイトルでは「New Japanese PM」
本文中では「Japan's new Prime Minister」

のように使われていました。
これも形容詞の位置の法則とは一致していますね。


その他の違い

英和辞典ジーニアスには以下の説明がありました。

 「日本史」はJapanese history, Japan's history, the history of Japan と表され、この順に、より客観的・堅い表現となる。

このような説明はジーニアスだけだったのですが、
一応頭の片隅に入れておくのもいいかもしれません。


以上、「Japan's」と「Japanese」の使い分けの自分なりのまとめです。
なんとなく会話では「Japanese」を使う方が多い気がしますが、
前述のとおり英語の新聞などでは「Japan's」が多いみたいです。





 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 11:54 | Comment(1) | TrackBack(0) | 単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、maruと申します。

JapaneseとJapan'sの違い、面白かったです。

「日本史」はJapanese history, Japan's history, the history of Japan と表され、
この順に、より客観的・堅い表現となる。

へぇー!!でした。

それでは、ぽちっとな♪
Posted by maru at 2014年01月10日 06:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック