全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2013年12月30日

forbid、prohibit、banの違い



  

「禁止する」という意味の英語ですが、
よく見かける単語として以下の3つがあります。

 forbid
 prohibit
 ban


それぞれどのような違いがあるのでしょうか?

forbid

「forbid」は「禁止する」を意味する一般的な英語です。
特に個人が私的に何かを禁止する際に使われます。
英語の例文です。

 I forbade my son to play a video game.
 (私は息子にテレビゲームをすることを禁止した。)

 She forbade smoking in the bedroom.
 (彼女は寝室でたばこを吸うことを禁止した。)

「forbade」は「forbid」の過去形です。


prohibit

「prohibit」はややフォーマルな単語です。
特に団体や法律などが何かを禁止する際に使われます。
英語の例文です。

 Smoking is prohibited in this park.
 (この公園での喫煙は禁じられています。)

 The law prohibits trespassing.
 (法律で住居侵入は禁じられている。)

受動態で使われることも多いようです。


ban

これも「prohibit」同様、団体や法律が何かを禁止する際に使われます。
「prohibit」との違いは調べたのですが明確な説明を見つけることができませんでした。

「ban」は道徳的に良くないことに使われるというような意見はありましたが、
それ以外でも使われているケースは多々あるようです。
(例えばタバコの禁止に関しては「prohibit」と「ban」の両者とも
 使ってるのを見かけました。)

英語の例文です。

 New York City has banned smoking in the public places.
 (ニューヨーク市は公共の場での喫煙を禁じています。)

「ban」は名詞としてもよく使われ、

 put a ban on 〜ing
 put 〜ing under a ban

のように使われることも多いです。

ちなみに「ban」は「以前は禁じられていなかったものが禁止になった」場合に
使われるという意見もありました。


以上、3つの英語を説明しましたが、
各単語の使い分けはあいまいなところも多く(特にprohibitとban)、
必ずしも上記ルールで使われるというわけでもないようです。

例えばコウビルド英英辞典には、
「prohibit」の説明として「forbid」が出てきますし、

 If a law or someone in authority prohibits something,
 they forbid it or make it illegal.


Wikipediaには、
「ban」の説明として「prohibit」が出てきます。

 A ban is, generally, any decree that prohibits something.

また「ban」は3文字という短さから、
新聞などでは「prohibit」「forbid」の代わりとして使われたりします。

とりあえず「forbid」は個人による禁止(私的な禁止)、
「prohibit」「ban」は団体・法による禁止(公的な禁止)として
使われやすいと覚えておけばよいと思います。





 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 15:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/383943143

この記事へのトラックバック