全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2013年12月23日

「〜が来たよ」の「Here comes 〜」



  

「〜が来た」を英語にする場合、
皆さんならどのように表現するでしょうか?

過去形や現在進行形を使おうとする方もいるかもしれませんが、
現在形を使った便利な英語表現があります。

 Here comes 〜.

上記の「〜」部分に対象物(主語)を配置することで、
「〜が来た」という意味になります。
英語の例文です。

 Here comes the train.
 (電車が来たよ)

 Here comes Taro.
 (太郎が来ました。)

文法的に少し違和感があるかもしれませんが、
これは倒置法になってるためです。
「here」や「there」を使うと主語が後ろにきて文が倒置されることがあります。
お馴染みの以下の構文も実は倒置法なのです。

 There is a book.
 (本があります。)

何気に使ってた文もよくみると普通の文法ではないですよね。

また主語が代名詞の場合は、

 Here 〜 comes.

の順番になります。

英語の例文です。

 Here he comes.
 (彼が来たよ)

これもお馴染みのフレーズがあります。

 Here you are.
 (さぁ、どうぞ)

 Here it is.
 (同上)

「Here comes 〜」は最初に主語を考えなくてもいいので、
会話のときに使いやすいのではないでしょうか?
ぜひ使ってみてください。

ちなみにビートルズのジョージ・ハリスンが作った曲で、
ヒア・カムズ・ザ・サン(Here Comes The Sun)というのがありますが、
これは「太陽が昇る」という意味で、同様の倒置文になります。





 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 10:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/383368108

この記事へのトラックバック