全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2013年11月24日

「いたずらをする」を英語で



  

大人になってもイタズラをする人っていますよね。
テレビ番組でもドッキリと称してイタズラしてるのをよく目にします。

さて、この「いたずら」ですが、英語では以下のような単語を使います。

 trick
 prank
 mischief


どれも「いたずら」という意味がありますが、
テレビのドッキリなどは「prank」を使う場合が多いです。
また「mischief」は「ミスチーフ」ではなく「ミスチフ」という発音
ですので気をつけてください。

「trick」はハロウィンのときによく使われるフレーズがあります。

 trick or treat
 (お菓子をくれなきゃ、いたずらするよ)


次に「いたずらをする」という英語表現です。
英語の例文です。

 He played a trick on me.
 (彼は私にいたずらをした。)
 
 He often plays pranks on me.
 (彼はよく私にいたずらをします。)

 He likes to get into mischief.
 (彼はいたずらが好きです。)

上記のように、

 play a trick

で「いたずらをする」という意味になります。
なお日常的な表現の場合は複数形にするようです。

 play tricks

「trick」の代りに「joke」も使えます。
「prank」も使い方は同じです。

「mischief」の場合は、

 get/go into mischief

という構文になります。

その他「act up」という英語表現もあります。

ちなみに「いたずら好きな」という意味の単語に、
「naughty」があります。子供に対して使うのが一般的です。

例えば「a naughty boy」だと「いたずら好きな少年」、
「わんぱく坊主」などの意味になります。





 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 20:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック