全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2013年11月03日

「交通事故に会いました。」を英語で



  

あまり使いたくない英語表現ですが、
事故に会ったことを説明する表現を紹介します。
海外ではレンタカーを借りたりしてトラブルに会うこともあるので、
覚えておくと役に立つかもしれません。

まず「事故」は英語で、

 accident

です。
交通事故の場合は、

 traffic accident

とすることもあります。

「交通事故があった」は英語で、

 There was a traffic accident.
 (交通事故がありました。)

と表現します。

「事故に会う」はいろいろ表現があります。
英語の例文です。

 I was in a traffic accident.
 (交通事故に会いました。)

 I had a accident.
 (同上)

 I was hit by a car.
 (車にはねられました。)

 I got hit by a car.
 (同上)

車に乗っていて車や物に衝突した場合は、

 I was in a collision.
 (追突されました。)

 I run into a car.
 (車にぶつかりました。)
 
 I run into the pole.
 (電柱にぶつかりました。)
 
 I crashed my car into the pole.
 (電柱にぶつかりました。)

 His car bumped against my car.
 (彼の車が私の車に衝突しました。)

などの表現があります。

ちなみに「crash」は「bump」より大きい事故に使われます。
例えば、

 I saw two cars bump in the road.
 (私は道路で2台の車が衝突するのを見ました。)

 I saw two cars crash in the road.
 (同上)

とすると後者の方が大きい事故になります。

ちなみに交通渋滞などでイライラしたり、
割り込みや追い越しで腹を立て過激な行動をとることを、

 road rage

といいます。
日本語でもロード・レージと言うそうです。

「road rage」で事故などが起きた場合、

 It was a road rage attack.
 (それはロード・レージが原因でした。)

のように使ったりします。





 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 11:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/379267174

この記事へのトラックバック