全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2013年10月06日

「短所・欠点」を意味する英語



  
「短所・欠点」を意味する英語はたくさんあります。
私自身ちゃんと使いこなせてないので、ちょっと調べてみました。
(※「長所」については次回調査予定です。)

「短所」「欠点」に相当する英語は、これだけあります。

 fault
 weakness(weak point)
 defect
 shortcoming
 demerit
 drawback


これらの違いを調べてみたのですが、
なかなか明確な回答が得られず、未だ理解できてない状況です。
とりあえずネットや辞書などのソースから自分なりにまとめてみました。

■fault

・「短所」「欠点」と言う意味で、一般的によく使われる
・必ずしも非難の意があるわけではない
・それほど重大でない欠点に使われる
・「ミス」という意味でも使われるので、状況・背景に注意
・物に使われると「欠陥」の意味になる?

■weakness(weak point)

・これも「短所」「欠点」の意味があるが、しばしば「弱点」とも訳される。
・英和辞典ジーニアスによると、以下のニュアンスがある。
 「ある衝動を自制できないために怒る小さな人間的な弱点」
 例えば、
  静かにしていなければいけないのに、しゃべってしまう。
  食べてはいけないのに、冷蔵庫にあるものを食べてしまう。
・但し、上記のニュアンスでない場合でも使われているもよう。

■defect

・「短所」「欠点」という意味もあるが、「欠陥」に近いイメージ?

※欠点と欠陥の違い
欠点 不具合・不備ではない -> 携帯のボタンが押しづらい
欠陥 不具合・不備。欠陥品 -> 携帯のボタンが押しても反応しない

・英和辞典ジーニアスによると、
  「身体的、または精神的な障害を意味する」
 -> 言語障害、視覚障害など
・但し、性格に関しては「欠点」という意味で、よく使われるらしい。
・根本的な意味は「完全(fect)ではない(de)」。


■shortcoming

・「fault」の堅い表現

■demerit

・「短所」「欠点」という意味で使われるが、先天的ではなく後天的に与えられたものに限定される。
・日本語の「デメリット」は和製英語と言われている。(これはdisadvantageに近い)
・性格に関する場合には使えない?

■drawback

・「短所」「欠点」の意味を持つが、あまり使われないためか詳細な情報みつからず。



さて、自分なりにまとめた上で、
実際の場面での使い分けを以下のように考えました。

「shortcoming」「demerit」「drawback」は、
実際に使われる頻度が少ない英語のようなので、対象から外しました。

欠点fault、weakness(weak point)
障害defect(handicapという単語もあり)
欠点weakness(weak point)
欠陥defect






 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 12:57 | Comment(0) | TrackBack(1) | 単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

覚える英会話 対話練習教材(EASY)24
Excerpt: first date 覚える英会話 ESL Cyber Listening LAB 対話練習教材(EASY)24 英語に限らず、どんな勉強でもそうだと思うが、 継続することが大事で、長く続ければ、..
Weblog: 最高の出会いを求めて
Tracked: 2013-10-26 23:09