全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2013年10月05日

「〜恐怖症」を英語で



  

閉所恐怖症、高所恐怖症など様々な恐怖症がありますが、
英語には、語尾に「phobia」をつけた単語があります。

例えば
「高所恐怖症」は、

 acrophobia

「閉所恐怖症」は、

 claustrophobia

といいます。

「〜恐怖症」は心理学用語や医学用語であったりするので、
英語としては少し難しいレベルの単語になりますが、
いくつか覚えておくと会話で使えます。

私の場合、閉所恐怖症なので「claustrophobia」を言えるようにしています。

その他、以下のようなものがあります。

agoraphobia(広場恐怖症)
※広い場所が怖いわけではありません。

belonephobia(先端恐怖症)

triskaidekaphobia(数字の13恐怖症)
※ギリシャ語でtrisは「3」、kaiは「and」、dekaは「10」の意味

ちなみに「対人恐怖症」は、
日本独自の症状らしく、英語でも、

taijin kyofusho

と表現します。

先ほども説明したように「-phobia」がつく単語は、
やや難しいので、代替表現を使った方が通じる場合もあります。

例えば「高所恐怖症」は以下のように表現できます。

 He was afraid of heights.
 (彼は高所恐怖症だった。)

 High places make me feel frightened.
 (私は高所恐怖症です。)





 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 21:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック