全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2013年09月28日

「子供を育てる」を英語で



  

最近は子供のうちから英語を学ばせる家庭が増えてるそうです。
話す方は大人になってもなんとかなりますが、
リスニングだけは習得に時間がかかるので、小さなうちに聞いて慣れておくとよいかもしれません。

さて「子供を育てる」というのを英語で表現する場合、
以下の単語を使います。

 bring up
 raise
 rear


どれも「育てる」という意味ですが、
「bring up」が一番よく使われるそうです。
「rear」はあまり使われず、地域によっては人間には使わないこともあります。
「raise」はアメリカ、「rear」はイギリスで使われるという説も。。
とくにか我々は「bring up」を使ってればいいと思います。

では、英語の例文です。

 We brought up my children in the country.
 (我々は田舎で子供を育てました。)

 He was raised in Tokyo.
 (彼は東京で育ちました。)

 She was reared in Osaka.
 (彼女は大阪で育ちました。)

ちなみに「bring up」の位置を入れ替えて名詞にすると、
「upbringing」という単語になり、「しつけ」という意味になります。





 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 20:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/376041317

この記事へのトラックバック