全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2013年09月14日

携帯メールを意味する「text」



  

携帯でメールを送る場合、
英語では「email」ではなく「text」を使います。

「text」はテキストメッセージのことで、
正確には「text message」という表現になります。
省略することも多く、その場合に「text」となります。

では英語の例文です。

 Send me a text.
 ((携帯で)メールを送ってください。)

 I'll send you a text message.
 ((携帯で)メールします。)

ネットで使用例を調べてみましたが、
「text」「text message」の両方とも、
冠詞「a」をつけてる人とつけてない人がいましたので、
どちらでもいいのかもしれません。

また「text」は動詞としても使えます。
「(テキスト)メールを送る」という意味になります。
英語の例文です。

 I'll text you.
 ((携帯で)メールします。)

ところで日本で携帯でメールを送信する方法は2通りあります。
1つはEメールで、もう1つはショートメールを使う方法です。

今回紹介した「text」は主にショートメールの場合に使われます。
(※Eメールでも使えるという意見もあり)
ではEメールの場合はどうかというと、
海外の携帯は携帯専用のEメールアドレスを持ってないことが多いらしく、
使うケースがあまりないみたいです。
もしEメールアドレスを使うとしたら「email」でいいんだと思います。

ちなみにショートメールなどのサービスはSMSと言うそうです。
「short message service」の略です。
相手の電話番号さえ知っていればメールを送れます。
auではCメールと言われているものです。

また「電話番号」は英語で「digits」と言われることもあります。
「digit」自体は「数字」「桁」という意味ですが、
複数形にすると「電話番号」という意味をもつようになります。
一緒に覚えておきましょう。





 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 19:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/374809923

この記事へのトラックバック