全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2013年08月11日

海外ドラマで英語学習 - ヤング・スーパーマン(9)



  

暑い!暑すぎる!
こんな日は家で英語の勉強です。

ヤングスーパーマン第9話から英語表現を紹介します。


■ Guess I'm not much of a city guy.
  (都会は苦手だ)

「not much of a 〜」で「たいした〜でない」という意味です。
否定的に使われます。
意訳で「苦手」になっていますが、都会に向いてないという意味で使われています。


■ I'm not taking sides.
  (違うよ)

「take sides」で「〜の味方をする」となります。
この例では否定文ですので、どちらの見方でもないこと(中立)の意思表示です。

以下のような英語の文章のように、前置詞「with」と組み合わせると、
具体的な支持対象を示せます。

 I'm taking sides with her.
 (私は彼女の味方です。)


■ I sort of lost track of time.
  (没頭しちゃって)

「lose track of 〜」で「〜を忘れる」の意味になります。
「lose track of time」ですので、「時間を忘れる」と言っています。

「sort of」は「多少」とか「〜みたい」という感じで使われます。
英語では会話中によく使われます。
「kind of」が使われる場合もあります。


■ Did you really think that you could double-cross me?
  (本気で俺を出し抜けると?)

「double-cross」という聞きなれない単語がありますが、
これは「裏切る」という意味の動詞です。

似たような英語に「double-check」がありますが、
こちらは「二重点検する」という意味です。


■ I was close.
  (でも危なかった)

クラークがもう少しで人を殺しそうになってしまい、
その心情を父親に告白した場面で言ったセリフです。

直訳ですと「私は近かった」という意味ですが、
要は「もう少しで殺しそうだった。」ということです。

「close」は「閉じる」ではなく「近い」という意味で使われてるので、
発音は「クロース」になります。





 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 20:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/371744553

この記事へのトラックバック